リアルマネーカジノ日本で可能?オンラインカジノの正体

ライフ

カジノが日本にもできるかも?っと話題がでて、いく日か…

 

ということでオンラインカジノに興味をもつ方も増えるのではと思っていますが、実際にどんな感じなのでしょうか?

https://xn--u9jxfraf9dygrh1cc8466k16c.com/リアルマネー/カジノ などオンラインカジノは公的に認められてる海外で運営されているところが多いです。

 

スポンサーリンク

ちなみにリアルマネーカジノとは

賞金を現金に換金できるゲームの事です。

リアルマネー、つまり実際のお金を賭けて遊ぶオンラインカジノ。

獲得金を換金できるので、より本物のカジノのようなスリルや興奮を味わえます。

ただし、その分、詐欺の心配やリスクも高まります。

多くの場合、リアルマネーカジノのプロバイダーはブラックジャック、バカラ、ルーレット、ポーカーやスロットなど、おなじみのゲームやジャンルをすべて取り扱っています。

したがって、お気に入りや得意のゲームで現金を賭けて遊べない、という心配はありません。

 

海外におけるオンラインカジノの立ち位置

日本では大丈夫なの?

以前、まとめたものを参考にしてください。

オンラインカジノって?大丈夫なの?
最近日本で大人気のカジノ、最近だと特別なボーナスをもらうことが可能。 例えば、 オンラインカジノボーナス/  どうせなら、最新カジノボーナスを手に入れてから始めてみては?

まだまだ整備段階ということもあり日本ではオンラインカジノはグレーなゾーンが多いです

海外ではどうでしょうか?

オンラインカジノ対策について学ぶべきは台湾

台湾ですが、オンラインカジノを取り締まることに関してはアジアの先進国となっています。

2019年9月10日、台湾法務省は、台湾刑法266条の修正案を発表。

この法改正が承認された場合、オンラインカジノに参加した台湾市民は、最大NT$ 50,000(約18万円)の罰金が科せられることになります。

今回の法改正の背景には、台湾の現行法ではオンラインカジノを取り締まることができなかったことがあげられます。

実際に、オンラインカジノに関する複数の訴訟において、控訴審で判決が覆され無罪となっていました。

台湾の刑法は、オンラインカジノが登場する前の1994年に制定されたもので、規制の対象とするギャンブルを「公共の場所または一般に公開されている場所で」と明記されていました。

そのため、この現行法ではパブリックでもオープンでもないオンラインカジノを取り締まることができませんでした。

これを問題視した台湾政府は、オンラインカジノの普及が社会にマイナスの影響を与え、ギャンブル依存症の増加につながるとして、取り締まりの範囲をオンラインにまで拡大する見込みです。

 

非合法のオンラインカジノを撲滅するのはランドカジノ(スイス)

ランドカジノ(カジノ施設)のみが合法化されていたスイスは、イギリス、スウェーデン、イスラエルなどのオンラインカジノの参入が相次ぎ、同国のランドカジノはオンラインカジノに顧客と収益を奪われる事態に陥っていました。

また、スイス政府も、自国のGDPや税収に一切還元されない海外のオンラインカジノをよしとはしませんでした。

そこでスイス政府は、2019年1月に施行された新賭博法に基づいて、国内4つのランドカジノ事業者にオンラインカジノの営業を認める方向に舵を切りました。

加えて、政府が無許可のオンラインカジノへのアクセスを遮断することを可能とし、スイスのインターネット接続事業者(ISP)に対して、外国のオンラインカジノがサービス提供できないよう措置を講じることを義務付けました。

海外オンラインカジノへのアクセス遮断については、インターネットの検閲につながるとして反対する声もありましたが、政府は国民投票で7割を超える支持を獲得し、この訴えを退けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました