【目的別】予算30万で作る最高に快適な自作PCパーツ&構成を解説

予算30万円の自作PC構成&パーツ

どうも、自作PC沼にハマった男「たっく」です。

予算30万円で組める自作PCってどんな構成なの?構成例があれば参考までに知りたい!

そんな疑問を解消すべく、今回は自作PC歴8ヶ月の僕が「予算30万で作る最高に快適な自作PCパーツ&構成」を解説していきます。

どんなパーツを選べばいいかわからない人は、予算がどんどん高くなってしまうかもしれないので注意が必要ですね。少しでも最適な自作PCを作りたいということであれば、当記事は参考になると思います。

この記事で分かること
  • 構成を考えるポイント
  • 30万円で作れる自作パソコン構成
  • 同価格帯でのおすすめ既製パソコン

予算30万円ほどで作れる構成&パーツが分かるので、ハイクラスの自作PCを作る参考になると思います。気になる人は、ぜひ読み進めてみてください。

目次

30万円予算で自作PCの構成を考えるポイント

以下の3点を、意識してパーツ構成してみてください。

  • ミドルクラスの性能を知る
  • ハイエンド、フラグシップクラスの性能を知る
  • 自分の妥協点やこだわりポイント見つけ構成する

ミドルクラスの性能を知る

30万円の予算があるのであれば、ミドルクラスの性能のPCは十分に作れます。30万円だとハイエンドやフラッグシップクラスとミドルクラスの中間くらい、若干ハイエンドよりが作成可能だと思います。なので、ミドルクラスおよびハイクラスのベースを意識して自分の理想に合うものを選びましょう。まず、ざっくりとした性能の目安です。

カテゴリー目安例
CPU10コア
GPU3070Ti
マザーボードB660
メモリ16GB
SSDM.2SSD1TB
CPUクーラーAS500 Plus
電源1000W
ケース好きもの

次に、実際に組んでみた構成例です。

カテゴリー型番値段(記事作成時点)
CPUCore i7-12700F 12コア(P-core 8(2.1GHz)+E-core 4(1.6GHz)/20スレッド/Sigle P Turbo(4.8GHz)、E Turbo (3.6GHz)/Turbo Boost Max (4.9GHz)/Smart Cache 25MB/TDP65W ※F型番は内蔵グラフィックスは搭載されておりません。46,790円(税込)
CPUクーラーR-AS500-BKNLMP-G (AS500 PLUS)7,520円(税込)
マザーボードROG STRIX B660-F GAMING WIFI24,800円(税込)
ケースZALMAN T8ENSO Black (BFC-ENS-150-KKWGK-RP)MAN T810,480円(税込)
電源TOUGHPOWER GF1 1000W -GOLD- PS-TPD-1000FNFAGJ-119,800円(税込)
メモリーMTC8C1084S1UC48BA1 バルク8,999円(税込)
SSDKMPX3480-1TB10,800円(税込)
GPUNED307T019P2-1046X-G GAINWARD GeForce RTX3070Ti PHOENIX 8GB GDDR6X 256bit 3-DP HDMI98,000円(税込)
合計227,189円

見てもらえると、20万円弱あればとりあえず十分な性能のPCが作成可能だと判断できると思います。20万円程度で問題ないという方は下記の記事も参照してみてください。では、次にハイエンドクラスの性能を見ていきましょう。

あわせて読みたい

ハイエンド、フラッグシップクラスの性能を知る

ハイエンドやフラッグシップクラスを紹介します。金額は度外視して、現在購入できる超良い性能で選んでいます。まず、ざっくりとした性能の目安です。

カテゴリー目安例
CPU16コア
GPU3090Ti
マザーボードZ690
メモリ64GB
SSDM.2SSD2TB
CPUクーラー簡易水冷360mm
電源1200W
ケース好きなもの

次に、実際に組んでみた構成例です。

カテゴリー型番値段(記事作成時点)
CPUCore i9-12900KS 16コア(P-core 8(3.4GHz)+E-core 8(2.5GHz)/24スレッド/Sigle P Turbo(5.2GHz)、E Turbo (4.0GHz)/Turbo Boost Max (5.3GHz)/Smart Cache 30MB/UHD Graphics 770/TDP150W97,790円(税込)
CPUクーラーLS720 R-LS720-BKAMNT-G-121,000円(税込)
マザーボードROG MAXIMUS Z690 HERO76,340円(税込)
ケースCore V51 TG (CA-1C6-00M1WN-03)13,980円(税込)
電源ROG-THOR-1200P53,140円(税込)
メモリーF5-5600J2834F32GX2-TZ5RS by リンクスインターナショナル95,960円(税込)
SSDWDS200T1X0E42,980円(税込)
ビデオカードZTRTX3090TIAMPEXHOLO-24G/ZT-A30910B-10P ZOTAC GAMING GeForce RTX 3090 TI AMP EXTREME HOLO284,800円(税込)
合計685,990円

ハイエンド、フラグシップクラスだと上を考え出したら70万円近くになります。構成によってはもっと高くなるでしょう。ミドルクラスからのアップグレードを検討しているなら、どのパーツをよりハイエンドに近づけていくかという感じで構成を考えてみましょう。

自分の妥協点やこだわりポイント見つけ構成する

次に自分が一番何を重視するのかを決め、自分の妥協点やこだわりポイントを確定させましょう。例えば、以下のような感じです。

  • ゲーム配信・動画配信
    あまり妥協できない。性能はできる限り高く
  • 動画処理
    GPUで妥協しない、メモリ容量は妥協しない
  • ゲーム解像度優先
    GPUはいいものを選ぶ
  • ゲームfps優先
    自分がやるゲームのスペック次第で調整可能
  • 画像処理
    メモリは絶対DDR5

ざっくりですがこんな感じでしょうか。順番は上から、簡単にですが値段が高い(=性能が高い)順です。

【目的別】予算30万円で作るオススメ自作PC構成

自作PCパーツの配線作業

予算30万円で、以下の5つに分けてオススメの構成を解説します。

  • ゲーム配信・動画配信
  • 動画処理
  • ゲーム解像度優先
  • ゲームfps優先
  • 画像処理

ゲーム配信・動画配信

配信系はCPUも性能が求められるうえ、映像処理つまりGPUの性能も同時に求められます。配信系の自作PCではかなり良いほうの構成になっています。

カテゴリー型番個数
CPUCore i9-12900F 16コア(P-core 8(2.4GHz)+E-core 8(1.8GHz)/24スレッド/Sigle P Turbo(5.0GHz)、E Turbo (3.8GHz)/Turbo Boost Max (5.1GHz)/Smart Cache 30MB/TDP65W ※F型番は内蔵グラフィックスは搭載されておりません。63,770円(税込)
CPUクーラーLS720 R-LS720-BKAMNT-G-121,000円(税込)
マザーボードROG STRIX B660-F GAMING WIFI24,305円(税込)
ケースSHA-REV22014,278円(税込)
電源HG2-100019,150円(税込)
メモリーF5-6000J3238F16GX2-TZ5RS by OCMEMORY (メモリ設定マニュアル付き)57,310円(税込)
SSDWDS100T1X0E20,980円(税込)
ビデオカードGV-N308TEAGLE-12GD148,500円(税込)
合計368,995円

ハイエンドからの変更点は以下の点です。

  • CPUがOC非対応モデル
  • マザーボードも同様にCPUのOCは非対応モデル
  • 電源は1000W
  • メモリは32GB
  • SSD容量は1T
  • ビデオカードは3080Ti

値段を抑えていくポイントとしては、以下の性能と自分が必要な性能を検討してください。

値段を抑えるポイント
  1. GPUの性能
  2. CPUの性能

動画処理

動画処理はCPUの性能が重要で、次にCPU性能が重要になります。

カテゴリー型番個数
CPUCore i7-12700 12コア(P-core 8(2.1GHz)+E-core 4(1.6GHz)/20スレッド/Sigle P Turbo(4.8GHz)、E Turbo (3.6GHz)/Turbo Boost Max (4.9GHz)/Smart Cache 25MB/UHD Graphics 770/TDP65W48,680円(税込)
CPUクーラーLS720 R-LS720-BKAMNT-G-121,000円(税込)
マザーボードROG STRIX B660-F GAMING WIFI24,305円(税込)
ケースSHA-REV22014,278円(税込)
電源HG2-100019,150円(税込)
メモリーF5-6000J3238F16GX2-TZ5RS by OCMEMORY (メモリ設定マニュアル付き)57,310円(税込)
SSDWDS100T1X0E20,980円(税込)
ビデオカードGV-N308TEAGLE-12GD148,500円(税込)
合計353,905円

ハイエンドからの変更点は以下の点です。

  • CPUがOC非対応モデル&i7にダウン
  • マザーボードも同様にCPUのOCは非対応モデル
  • 電源は1000W
  • メモリは32GB
  • SSD容量は1T
  • ビデオカードは3080Ti

値段を抑えていくポイントとしては、以下の性能と自分が必要な性能を検討してください。

値段を抑えるポイント
  1. CPUの性能
  2. GPUの性能

ゲーム解像度優先

動画処理はCPUの性能が重要で、次にCPU性能が重要になります。

カテゴリー型番個数
CPUCore i7-12700 12コア(P-core 8(2.1GHz)+E-core 4(1.6GHz)/20スレッド/Sigle P Turbo(4.8GHz)、E Turbo (3.6GHz)/Turbo Boost Max (4.9GHz)/Smart Cache 25MB/UHD Graphics 770/TDP65W48,680円(税込)
CPUクーラーLS720 R-LS720-BKAMNT-G-121,000円(税込)
マザーボードROG STRIX B660-F GAMING WIFI24,305円(税込)
ケースSHA-REV22014,278円(税込)
電源HG2-100019,150円(税込)
メモリーKF560C40BBAK2-1622,800円(税込)
SSDWDS100T1X0E20,980円(税込)
ビデオカードGV-N308TEAGLE-12GD148,500円(税込)
合計319,395円

ハイエンドからの変更点は以下の点です。

  • CPUがOC非対応モデル&i7にダウン
  • マザーボードも同様にCPUのOCは非対応モデル
  • 電源は1000W
  • メモリは16GB
  • SSD容量は1T
  • ビデオカードは3080Ti

値段を抑えていくポイントとしては、以下の性能と自分が必要な性能を検討してください。

値段を抑えるポイント
  1. CPUクーラーの性能
  2. マザーボードの性能
  3. 電源容量

ゲームfps優先

動画処理はCPUの性能が重要で、次にCPU性能が重要になります。

カテゴリー型番個数
CPUCore i7-12700 12コア(P-core 8(2.1GHz)+E-core 4(1.6GHz)/20スレッド/Sigle P Turbo(4.8GHz)、E Turbo (3.6GHz)/Turbo Boost Max (4.9GHz)/Smart Cache 25MB/UHD Graphics 770/TDP65W48,680円(税込)
CPUクーラーLS720 R-LS720-BKAMNT-G-121,000円(税込)
マザーボードROG STRIX B660-F GAMING WIFI24,305円(税込)
ケースSHA-REV22014,278円(税込)
電源HG2-100019,150円(税込)
メモリーKF560C40BBAK2-1622,800円(税込)
SSDWDS100T1X0E20,980円(税込)
ビデオカードTUF-RTX3080-O10G-V2-GAMING109,800円(税込)
合計280,695円

ハイエンドからの変更点は以下の点です。

  • CPUがOC非対応モデル&i7にダウン
  • マザーボードも同様にCPUのOCは非対応モデル
  • 電源は1000W
  • メモリは16GB
  • SSD容量は1T
  • ビデオカードは3080

値段を抑えていくポイントとしては、以下の性能と自分が必要な性能を検討してください。

値段を抑えるポイント
  1. CPUクーラーの性能
  2. マザーボードの性能
  3. 電源容量

画像処理

動画処理はCPUの性能が重要で、次にCPU性能が重要になります。

カテゴリー型番個数
CPUCore i7-12700 12コア(P-core 8(2.1GHz)+E-core 4(1.6GHz)/20スレッド/Sigle P Turbo(4.8GHz)、E Turbo (3.6GHz)/Turbo Boost Max (4.9GHz)/Smart Cache 25MB/UHD Graphics 770/TDP65W48,680円(税込)
CPUクーラーLS720 R-LS720-BKAMNT-G-121,000円(税込)
マザーボードROG STRIX B660-F GAMING WIFI24,305円(税込)
ケースSHA-REV22014,278円(税込)
電源HG2-100019,150円(税込)
メモリーF5-5200J4040A16GX2-RS5K by リンクスインターナショナル36,560円(税込)
SSDWDS100T1X0E20,980円(税込)
ビデオカードTUF-RTX3080-O10G-V2-GAMING109,800円(税込)
合計294,455円

ハイエンドからの変更点は以下の点です。

  • CPUがOC非対応モデル&i7にダウン
  • マザーボードも同様にCPUのOCは非対応モデル
  • 電源は1000W
  • メモリは32GB
  • SSD容量は1T
  • ビデオカードは3080

値段を抑えていくポイントとしては、以下の性能と自分が必要な性能を検討してください。

値段を抑えるポイント
  1. CPUクーラーの性能
  2. マザーボードの性能
  3. 電源容量
  4. メモリ容量

予算30万円で購入できるパソコンを買うのもあり

ノートパソコンとメモ帳とスマホとコーヒー

ここまでで「やっぱり自作PCは面倒くさそう」なんて思っている方は、予算20万円で既製品のPCを購入するという選択肢もあります。ここでは予算30万円で購入可能なノートPCとデスクトップPCを紹介します。

既製ノートパソコン参考例

ノートパソコンだと普通に使うならディスプレイもある、OSも付属している、キーボードやタッチパッドもあるので十分な性能は用意できそうです。ただ、自分の用途に十分にあっているかは人それぞれ違うので一概にノートで大丈夫とは断言できませんが急ぎで使えるパソコンをという意図では十分にノートでも良いと思います。

既製デスクトップパソコン参考例

あわせて読みたい

デスクトップパソコンだと、この価格帯だとクリエイター向けだとか意図がある構成のものが売られています。自分の必要な用途に適していれば、既製品でも十分かもしれません。

ただ自分の好きなパーツを選んで、自分的にめっちゃコスパのいい30万円PCを用意するなら自作の方がおすすめですよ!

予算30万円だと用途によっては必要十分を満たせる

結論としては「予算30万円だとゲーム・動画配信やゲーム高解像度優先以外の用途では必要十分」な自作PCが作れます。必要に応じて、予算と折り合いをつけながら調整すると良いと思います。ゲーム・動画配信やゲーム高解像度優先で行いたい方は、以下の点で能力不足にならないようにだけ注意して構成してみましょう。

  • ゲーム・動画配信ではCPU、GPU処理の能力不足
  • ゲーム高解像度ではVRAM不足

それ以外は30万でほぼ問題ないと思われる構成なので、自分の用途に合わせて調整してみてください。当ブログでは金額別の構成もまとめているので、もう少し安くしていきたい方はそちらも参考にしてください。

あとは、好きなものを選んでたのしみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次