スミスマシンでスクワット、ベンチ正しい向きのの使い方

[temp id=5]
スミスマシンの向きがある事を知っていますか?
特に傾斜の付いているスミスマシンでは、ベンチプレスなどのトレーニング種目によってそれぞれ正しい向きがあります。
また、傾斜のない垂直なスミスマシンでもフックのかけやすい向きとかけにくい向きがあります。
スミスマシンを使う際の注意として確認しましょう。

目次

スミスマシンは向きに注意が必要なタイプがある

スミスマシンはジムにある、バーが軌道に固定されているマシンでベンチプレスやスクワットなどの筋トレを安全に行うことができます。

スミスマシンにはバーの軌道が垂直なタイプとバーの軌道に傾斜が付いているタイプ(アングルスミスマシンやスーパースミスマシンと呼ばれます)があります。

スミスマシンに傾斜が付いている履中は、実際のベンチプレスなどのバーベルの軌道が、厳密には垂直ではないので、そこを人による平均値などから補正しているからです。

そのため、正しい向きで行えば効果的なのですが、間違えてしまうと逆効果になってしまうので注意が必要です。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる