今買うスマホは?iPhoneとAndroidの違い

ライフ

こんにちは、たっく(@TacAcademy)です。

今日はスマホの購入について整理していきます。

スポンサーリンク

そもそもiPhone、アンドロイドもスマートフォン(スマホ)

スマホとは、「Smart Phoneスマートフォン」の略で和製英語。

また、スマートフォンは昔の「折り畳み携帯フューチャーフォン」と区別するために生まれた言葉。

なので、iPhoneもアンドロイドもスマホ(スマートフォン)。

iPhoneは、Apple社が開発・制作・販売をしているスマホ

アンドロイドは、Googleが開発したアンドロイドという基本ソフトを搭載したスマホ。

ちなみに、

  • SONYからはXperia
  • シャープからはAQUOS Phone
  • サムスンからはGALAXY

など

といった感じで各社がAndroidベースでスマホを作成しています。

違いとは?

OS(オーぺレーティングシステム)やCPU(処理)

この二つがiPhoneとAndroidの大きな違いです。

なので、使い勝手のいい方を選べばいいです。

iPhoneの特徴

  1. アップル製品との親和性が高い
  2. シンプル

Androidの特徴

  1. カスタマイズ性が高い
  2. 種類が多い

今買うべきスマホは?

アップル製品が大好き(ハイスペック=写真や動画めっちゃ撮る)
→ iPhone12Pro or MAX
アップル製品が大好き(最低限でOK)
→ iPhone12
とりあえず無難に(アップルは好き)
→ iPhone SE(第二世代)
その他
→ Androidなど
他にも中国メーカーのOS(ファーウェイ)があります

正直、iPhone以外は種類が多すぎて分類できません!

種類が多くて困るAndroidなどのiPhone以外のスマホの選び方

かなりざっくりですがiPhone以外のスマホの選ぶポイントはこんな感じ

  1. ハイエンドモデル(フラグシップモデル)
    →高性能(特にカメラ)処理能力も高い
    値段も10万円以上
    新しい機能がたくさん
  2. ミドルモデル(たまにゲームなど使うレベル)
    →2年後くらいには処理が間に合わなくなるレベル
    値段は5〜8万円くらい
  3. ローエンドモデル
    →1年使えれば十分
    電話やSNSくらい
    値段は3万以下くらい


コメント

タイトルとURLをコピーしました