ルパン三世もう見れない?原作者モンキー・パンチ先生ご逝去

レビュー

こんにちはTacです。

ヒット作「ルパン三世」などで知られるマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが11日、肺炎のため死去した。81歳だった。

スポンサーリンク

モンキー・パンチ先生

1937年に北海道浜中町で生まれる。

65年に「プレイボーイ入門」でマンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)からメジャーデビュー

67年8月にマンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で「ルパン三世」の連載を開始。

人気を博して、71年にはテレビアニメが放送開始。

その後もテレビシリーズ、劇場版など現在まで新作が作り続けられるヒットアニメとなった。

80年以降、サンディエゴ・コミックコンベンションINKPOT賞、ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞、AMD Award功労賞、東京アニメアワードアニメ功労賞などを受賞。

晩年もCGを使った3Dアートの研究など意欲的に活動したほか、大手前大学などの客員教授としてマンガ制作の講義を行うなど、後進の指導にも努めた。

2012年からは故郷の浜中町で、ファンイベント「ルパン三世フェスティバルin浜中町」が開催されているほか、07年のテレビスペシャル「ルパン三世 霧のエリューシヴ」も同町が舞台になるなど、郷里への思い入れでも知られていた。

もう見れない?

無くなった作者のアニメはずっと続くの?

クレヨンしんちゃんサザエさんなど、今もなおテレビで放映されているのは何故ですか?
話のネタもどうなっているのでしょうか?

そういった長寿アニメの場合は、アニメスタッフも長年作ってて、「原作に似せるノウハウ」を得ています。
原作物のアニメに原作者自らが参加するというのはほぼありません。
代わりの人が書いています。

脚本から原作者ではなく、元々別の方が書いています。これはアニメ開始からそうです。
EDのクレジットに「脚本~~」って出ますよね?

その人がその回のお話を考えています。

これからも見れるのは楽しみですが、

亡くなられてしまったことに心からご冥福をお祈りさせていただきます。

そして、これからも楽しく見させてもらいたいと思います。

ちなみに私が好きなのは最新のアニメシリーズ

 

コメント