簡単に説明すると、月々の支払額が1万円の場合、1万円の支払いに利息を含むものが「元利定額」、1万円の支払いに利息をプラスしたものが「元金定額」です。

「元利定額」と「元金定額」

「元利定額(残高スライド方式)」と「元金定額(定額リボルビング方式)」とでは、どちらが支払う金利手数料は少なくて済むのでしょうか?

元利定額(残高スライド方式)の場合

元利定額の場合、月々の支払額に利息が含まれます。

10万円の支払いを金利15%、毎月の支払いが1万円のリボ払いにした場合の返済は以下のようになります。

10万円の支払いを金利15%、毎月の支払額1万円のリボ払い(元利定額)にした場合
支払い回数支払残高元本利息月々の支払額
1回100000円8750円1250円10000円
2回91250円8860円1140円10000円
3回82390円8971円1029円10000円
4回73419円9083円917円10000円
5回64336円9196円804円10000円
6回55140円9311円689円10000円
7回45829円9428円572円10000円
8回36401円9545円455円10000円
9回26856円9665円335円10000円
10回17191円9786円214円10000円
11回7405円7313円92円7405円
合計0円99908円7497円107405円

元利定額の場合の総支払額は10万7497円になります。

元金定額(定額リボルビング方式)の場合

元金定額の場合、月々の支払額に利息がプラスされます。

10万円の支払いを金利15%、毎月の支払いが1万円のリボ払いにした場合の返済は以下のようになります。

10万円の支払いを金利15%、毎月の支払額1万円のリボ払い(元金定額)にした場合
支払い回数支払残高元本利息月々の支払額
1回100000円10000円1250円11250円
2回90000円10000円1125円11125円
3回80000円10000円1000円11000円
4回70000円10000円875円10875円
5回60000円10000円750円10750円
6回50000円10000円625円10625円
7回40000円10000円500円10500円
8回30000円10000円375円10375円
9回20000円10000円250円10250円
10回10000円10000円125円10125円
合計0円100000円6875円106875円

元金定額の場合の総支払額は10万6875円になります。

金利手数料を減らしたければ「元金定額」を選ぶ

上の例を見てもらえば分かるように、「元利定額」と「元金定額」では「元金定額」の方が金利手数料が少なくなります。

上の例だと10万7497円(元利定額)と10万6875円(元金定額)で622円しか変わりませんが、利用額がもっと大きくなり、月々の支払額がもっと少なくなる長期コースだと、雪だるま式にその差は大きくなります。

どうしてもリボ払いにせざるを得ない場合、自分の使っているクレジットカードが「元利定額」なのか「元金定額」なのかをチェックしておくといいでしょう。

どちらかを選べる場合なら、迷わず金利手数料が少なくて済む「元金定額」を選ぶようにしましょう。

ちなみに私は

三井住友カード ゴールドローンカードレス

三井住友カード ゴールドローンカードレス

振り込み専用サービスとして
ご利用利率を引き下げた
カード不発行タイプ