英国電子タバコmyblu日本上陸6月4日発売プルーム・テックとの違い

ライフ

こんにちはTac^^です。

英国を本社に置く大手たばこメーカーの日本法人、インペリアル・タバコ・ジャパンは5月29日、VAPEカテゴリのブランド「blu」の新製品「myblu(マイブルー)」の販売を6月4日に開始すると発表。

スポンサーリンク

英国電子タバコmyblu日本上陸6月4日発売

blu公式オンラインショップと福岡県内のファミリーマート限定で先行して発売する。

税込みの販売価格は、myblu本体とマイクロポートUSB充電器、メンソールフレーバーポッド1個がセットになった「スターターキット」が2500円、「フレーバーポッド」が2個で1080円。

myblu

mybluは、蒸気でフレーバーなどを楽しむVAPEとしてニコチンとタールを一切含まない。

たばこの匂いがしたり、煙が衣服に付着したりせず、非喫煙者でも香りを楽しめるという。

フレーバーは、メンソール、グリーンアップルをはじめとする8種類をラインアップしている。

1回約20分の充電で、約300のパフ(吸引)が可能。

たばこの吸引回数に換算すると、フレーバーポッド2個で、たばこ約3箱分の吸引に相当。

bluは、米国や英国をはじめとする市場で発売され、bluの特徴であるフレーバーポッド式デバイスがVAPEのなかで急速に成長。

英国では、2017年に第1位のVAPINGキットを記録(出典はNielsen Scan Track 2016 & 2017)。

米国でも、トップブランドとしての地位を確立しており、世界的に愛好されている。

プルーム・テックとの違い

「プルーム・テック」は、本体内部の綿に染み込ませたグリセリンなどを水蒸気化させる仕組み。

その蒸気を本体先端に取り付ける粉末状のタバコ葉を仕込んだ「たばこカプセル」に通すことによって、ニコチン混じりの蒸気となり、それを吸入して楽しむのだ。

仕組みとしては、ニコチンを含んだリキッドを水蒸気にして吸う電子タバコに近いイメージだ。

2018年3月現在、「プルーム・テック」の実店舗での販売は福岡県福岡市と東京都、札幌市、仙台市、横浜市、名古屋市、大阪市、広島市のみ。

だが、3月19日より、「プルーム・テック」スターターキット、および専用たばこカプセル5銘柄の販売エリアが、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、福岡県の5府県へ拡大。

また、4月16日より順次、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、福岡県全域および札幌市、仙台市、名古屋市、広島市のコンビニエンスストアなどでも「プルーム・テック」スターターキットと、専用たばこカプセルの販売が開始される予定だ。

ちなみに、公式オンラインショップを通じてならすでに全国から手に入れられる。

「プルーム・テック」と「iQOS」、ずばり、どっちがいい?

ニオイを気にするなら断然「プルーム・テック」

そもそもたばこが嫌われる原因は、燃やす時に発生する発がん物質のタールが主体。ニコチンにも依存性があるものの、タールほどの強力な害は少ない。また、歯が黄色くなる原因もタールであり、燃やさないたばこである「プルーム・テック」にはそうした有害物質の量が限りなく低減されている。「iQOS」に比べても格段にニオイが少ないので、「iQOS」特有のニオイに慣れないという人にも試してもらいたい。

タバコの喫味にキツさを求めるなら「iQOS」

「プルーム・テック」の喫味は軽い。普段からライト系タバコを吸っている人なら違和感は少ないだろうが、タール値10mg以上の重いたばこを吸っている人だと物足りないだろう。「iQOS」のほうが、そうしたタバコ感は強い。段階的な減煙や喫煙を目指すなら、「iQOS」からのほうがスタートしやすいだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました