ラブホテル料金システム週末値段は?割高?

ライフ

こんにちはTac^^です。

彼氏彼女さんと使う機会があるラブホテルですが、

あまり使わない人は金額がどれくらになるのか気になりますよね?

今日はそんな料金システムについて紹介します。

スポンサーリンク

ラブホテル料金システム週末値段は?割高?

ラブホテル料金システムの基礎知識

2名1室料金が基本

ラブホテルの料金は2名で1室をご利用する場合の料金を表示。

なお3名以上でご利用する場合は1名追加毎に割増料金が発生する場合が多い。

曜日ごとに料金設定が異なります

多くのラブホテルは月曜日~木曜日を平日料金として割安に金曜日、土曜日、日曜日、祝日、祝前日は平日より高めの料金が設定。

なお全日同一料金で提供しているホテルも一応あるが珍しい。

また、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み(お盆期間)などの大型連休やクリスマス期間に特別料金が設定される場合がある。

部屋のランクごとに料金が異なります

多くのラブホテルは部屋ごとにAタイプ、Bタイプ、Cタイプ・・・や

エコノミータイプ、スイートタイプ、VIPタイプ・・・

などのランク設定があり、部屋ランクごとにそれぞれ料金が異なります。

なお、全室同一料金で提供しているホテルもあります。

休憩、宿泊、フリータイム

休憩

休憩料金はホテルごとに定められた基本時間(1時間、2時間、3時間…等)内でご利用できる料金。

基本時間を過ぎると30分毎(15分や1時間のホテルもあります)の延長料金が加算されます。

なお休憩で入室した場合でも、ホテルで定めた宿泊時間(深夜0時など)を過ぎると自動的に宿泊料金に切り替わる場合がありますのでご注意ください。


[休憩料金の例]

サービスタイム、フリータイム

サービスタイムは休憩の一形態で、別の呼び名でフリータイムやノータイムと表記される場合もあります。

サービスタイムは、●時~●時まで延長料金不要というのが一般的。

通常平日のみのサービスが主流ですが、最近では土日や休日でも時間を変えて行なっているホテルがありますのでご確認ください。

また、関西地方では、延長料金のサービスではなく、休憩基本時間が通常1時間のものが、3時間や5時間になるものもあります。


[サービスタイム・フリータイムの例]


スポンサーリンク

宿泊

宿泊料金は夜●時~翌朝●時までのご利用で●●円というのが一般的。

指定時刻以降滞在すると休憩と同様に延長料金が加算。

また宿泊タイム以前の時間帯からチェックインして宿泊すると前延長料金が加算されます。


[宿泊料金の例]

24時間休憩・深夜休憩

本来宿泊扱いになる時間帯でも短時間のご利用であれば休憩料金でご利用できる料金システムです。

一部のホテル様で採用されています。

フレックスタイム制

休憩・宿泊という考え方はせず、入室から退室までの滞在時間の長さで料金が決まります。●時間滞在で●●円になるというのが分かりやすい料金システムです。

一部のホテル様で採用されています。


[24時間制&フレックスタイムの例]

 

ざっくりとですが料金システムについてわかってもらえたでしょうか?

基本的に週末は料金が高いです。

さらに利用する方も多いので待ち時間があることも

多いです。

利用するなら平日または、週末の昼間の時間がおすすめです。


関連コンテンツ
ライフ
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント