新型iPad内容詳細は?発表9.7インチ

ライフ

こんにちはTac^^です。

3月28日(水)、Appleはシカゴの高校で開催したイベント「Let’s take a field trip.」にて教育向けの9.7インチの新型『iPad』を発表しました。

スポンサーリンク

新型iPad発表9.7インチ内容は?

新しい9.7インチのiPadの特徴は、現在10.5インチと12.9インチの『iPad Pro』でしか対応していなかった『Apple Pencil』のサポートです。

また、教育向けにiCloudの無料ストレージが5GBから200GBに増量されているのもポイントです。

そのほか気になるスペックとしてA10X Fusionチップ、10時間のバッテリー、8メガピクセルのリアカメラ、FaceTime HDカメラ、Touch IDセンサー、重さ1ポンド(約453グラム)などが発表されました。

この新しいiPadの注文受付は本日からスタートで発売は今週中。

価格は学校向けに299ドルから、一般の消費者向けには329ドルから販売されます。

ただし日本は以前と同じく37,800円からとお値段据え置きのようです。

詳細の内容

今日することも、明日したくなることもこなせるパワー。

Enlight Videoleap
スマートなビデオエディター。

A10 Fusionチップ。

パフォーマンスを
追求した設計。

64ビットアーキテクチャ。4つのコアを持つ設計。33億個を超えるトランジスタ。一言で言うと、驚くほど高速なiPadになりました。4Kビデオを編集したり、グラフィックスを駆使したゲームをプレイしたり、最新のARアプリケーションを体験する時に、このスピードが力になります。 

Microsoft PowerPoint
プレゼンテーションの作成、編集、発表に。

マルチタスクを簡単に。
あなたをマルチに
活躍させます。

iPadには、複数のアプリケーションを一度に使えるパワーが詰め込まれています。だから、インターネットでリサーチをしながらビジネスプランの資料をまとめ、同時にチームのメンバーにFaceTime通話をかけることもできます。すべてが想像以上に簡単です。

Froggipedia
カエルの体の仕組みを拡張現実で
見られます。

拡張現実を、

かつてないほど
臨場感あふれる方法で。

拡張現実(AR)は、仮想オブジェクトを現実の世界に連れてくる新しいテクノロジーです。ディスプレイから処理能力、そしてカメラからモーションセンサーまで、iPadのあらゆる部分はARアプリケーションで今までにない魔法のような体験をするために作られています。

ARアプリケーションは、あなたにできることを根本から変えます。教室の中でも外でも、新しいことを学べるようになるでしょう。日々の問題を解決したり、エンターテインメントやゲームの世界に飛び込んだり。iPadと拡張現実を一緒に活用すれば、その可能性は無限に広がります。


スポンサーリンク

メモ帳からカメラまで。 あらゆるものに変身できる多才な一台です。

Notability
簡単にメモを取ったり
注釈を加えられます。

 Apple Pencil。

思い描いたものを、
思いのままに描こう。

これまでもiPadは、頭の中にあることを記録するための優れた方法であり続けてきました。これからは、そこに新しい方法が加わります。Apple Pencilです。メモを取ったり、水彩画を描いたり、契約書に署名したり。そのすべてをピクセルレベルの精密さと反応の良さでこなせます。鉛筆のような自然な使い心地で、鉛筆よりもずっと多くのことができるでしょう。

二つの優れたカメラ。
優れた写真を撮れる
だけではありません。

内蔵されたフロントカメラとバックカメラを使えば、目を奪うほど美しい写真や映画のようなビデオを撮影できます。書類をスキャンしたり、FaceTime通話をかけたり、拡張現実を活用して部屋の模様替えをする時にも活躍します。

取りつけたら、
取りかかろう。どんなBluetoothキーボードでも。

机に向かって研究論文やEメール、次にヒットする映画の脚本を集中して書きたい。そんな時にはiPadの直感的なオンスクリーンキーボードだけでなく、あらゆる種類のBluetoothキーボードを活用することができます。

パワフルな
内蔵アプリケーションが
たっぷり。

GarageBandで曲を作る。Keynoteで説得力に満ちたプレゼンテーションを作成する。iMovieでショートフィルムを撮影して編集する。iPadには様々なApple製アプリケーションが内蔵されているので、箱から出した瞬間からクリエイティビティを発揮できます。

iPadのための
アプリケーションが100万以上。
できることは無限。

130万のiPadアプリケーションの一つひとつは、iPadの大きなディスプレイに合わせて特別に作られています。写真を撮ったり、絵を描いたり、仕事を片付けたり。あなたのやりたいことが何でも、そのためのアプリケーションが見つかります。次に手放せなくなるアプリケーションを探す時も、App Storeにアクセスするだけ。ここではいつも、専任のエディターが注目の新しいアプリケーションを厳選してお届けしています。

あなたのアイデアと一緒に、どこへでも出かけられます。

薄く、軽く、頑丈。
美しい3つの仕上げ。

わずか469グラムという軽さ、7.5ミリという薄さのiPadは、どこへでも軽々と連れて行けます。しかも耐久性の高い設計なので、安心して好きな場所に持ち運べます。シルバー、スペースグレイ、新しいゴールド。3つの美しさから選べるのも魅力です。

 Wi-Fiと4G LTE。

どこにいても
つながっていよう。

iPadのWi-Fi接続速度は最大866Mbps、4G LTEの接続速度は最大300Mbpsです。さらにApple SIMを使えば、世界180以上の国と地域で、携帯電話データネットワークに接続できます。だから、目的地に着いてから好きな映画を観るのも、移動中にEメールを送るのも、休暇中の写真を旅先からSNSに投稿するのも思いのままです。

1回の充電で10時間
使えるバッテリー。

iPadのバッテリーは一日中持続するので、一回の充電でより長い時間ネットサーフィンを楽しんだり、文章を書いたり、絵を描いたり、仕事をしたり、買い物をすることができます。やりたいことを、好きなだけどうぞ。

 あなたのすべてのものを

安全に保存、管理し、いつでも
アクセスできるようにします。

iCloudは、あなたの写真、ファイル、メモなどを安全に保存し、あなたのすべてのデバイスから簡単にアクセスできるようにします。ファイルアプリケーションを使うと、Google Drive、OneDrive、Boxといった他社のクラウドサービスに保存したものも含め、あらゆる種類のファイルを一つの場所にまとめておけます。

驚くようなテクノロジーを、 驚くほど簡単に使えます。

スワイプ、ピンチ、タップ。指先だけで思いのまま。

iPadは、たとえ一度も手にしたことがない人でも、最初から自然に使えるように設計されています。Multi-Touchジェスチャーに対応しているので、美しい9.7インチRetinaディスプレイにタッチするだけで、次々と写真を見たり、書類を編集したり、ファイルを整理することができます。

Dock。よく使う
アプリケーションに
すばやくアクセス。

iOS 11では、スワイプするだけで新しいDockにアクセスできます。だからホーム画面に戻ることなく、アプリケーションを簡単に切り替えることができます。よく使うアプリケーションをDockに追加するのも自由自在です。アプリケーションをDockから直接開き、複数の作業を同時にすばやくこなすこともできます。

ここからドラッグ。
そちらにドロップ。

iPadはMulti-Touchで操れるように特別に作られているので、アプリケーション間でのテキスト、画像、ファイルの移動をドラッグ&ドロップで簡単に行えます。あなたはタッチするだけです。書類に写真を加えて一段と魅力的にしたり、Eメールに添付ファイルを加えたり。指先で数回タップするだけで、複数のものを選んで動かすこともできます。

Procreate

あらゆる場所でスケッチする、色を塗る、イラストを描く。

Retinaディスプレイ。
機能まで美しい。

9.7インチのRetinaディスプレイは、iPadでできるあらゆることを臨場感あふれる体験にします。ビジネスプランを書いている時でも、アーティスティックな絵を描いている時でも、広々としたディスプレイがすべてを鮮やかにくっきりと映し出します。あまりの美しさに思わず触れてみたくなるでしょう。それがRetinaディスプレイの魅力です。 

Fancy
たくさんのユーザーが厳選した
コレクションから、ユニークなアイテムが見つかります。

Touch ID。
安全にロック解除して、
簡単に購入できる。

Touch IDは、あなたのiPadを簡単かつ安全にロック解除できるようにします。Apple Payを使った支払いを便利に安全に済ませることもできます。あなたはTouch IDのセンサーに指先を置くだけ。それだけですべてが完了します。

人が使える
ように作りました。

最もパワフルなテクノロジーとは、誰もが使えるテクノロジーのことです。だからiPadは、視覚、聴覚、身体機能、学習、読み書きをサポートする多くの支援機能を内蔵しています。Siriに文字入力でいろいろ頼むことも、視覚を補完するためにディスプレイの色をカスタマイズすることも、iPadに画面上のコンテンツを読み上げさせることもできます。


関連コンテンツ
ライフ
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント