銀魂映画実写を見てきた!内容は紅桜編のネタバレあり

レビュー

こんにちはTacです。

銀魂の実写映画見てきました!

内容は紅桜編でしたね。

銀魂映画実写を見てきた!内容は紅桜編のネタバレあり

スポンサーリンク

紅桜編について

『銀魂』は基本的にギャグメイン。

1~3話完結の短編が中心の漫画。

週刊ジャンプで連載中。

時折シリアスな長編が描かれる。

その長編の1つが今回の映画の原作となっている。

原作の第八十九訓から第九十七訓までに亘って描かれた「紅桜篇」だ。

あらすじ(漫画)

ある日、辻斬りにあう桂小太郎。

それによって死亡したとまたは行方不明になったと思ったエリザベスは万事屋に助けを求める。

志村新八と神楽、定春は桂の捜索に手を貸すが、坂田銀時は別件の依頼に行ってしまった。

その銀時への依頼は鍛冶屋の村田鉄矢と村田鉄子からの依頼で、何者かに盗まれた妖刀「紅桜」の奪還であった。

一方、新八とエリザベスは桂捜索中、辻斬りに出会ってしまうが、それを銀時が阻止。

その辻斬りはなんと橋田屋の一件で敵対した、「人斬り似蔵」こと岡田似蔵であり、似蔵が持っている刀こそ「紅桜」であった。

銀時は似蔵と戦うものの、「紅桜」の強力さの前に重傷を負い倒れてしまい、似蔵は新八に右腕を斬られたことと騒ぎが大きくなったことでその場を退散してしまう。

一方、神楽は怪しい船を見つけ、定春に自分の居場所を銀時に伝えるよう頼み、その船に1人で乗り込んだ。

するとその船には、高杉晋助、来島また子、武市変平太といった鬼兵隊のメンバーがいた。

万事屋で志村妙の看病によって回復した銀時は、そこに訪れた村田鉄子から、「紅桜」は対戦艦用機械機動兵器(たいせんかんようからくりきどうへいき)であり、村田鉄矢が製作したものであると明かす。

また、鬼兵隊がそれを利用して江戸にクーデターを起こそうとしていることを伝え、依頼のもともとの目的は、白夜叉であった銀時の血を「紅桜」に吸わせることであったと明かす。

そして、桂小太郎を殺された(?)仇討ちとした桂派の攘夷志士たちと銀時がそれを阻止すべく鬼兵隊の船へと向かい、桂派と高杉派、銀時と似蔵、鬼兵隊と新八・神楽との戦いが宇宙海賊「春雨」をも巻き込んで始まる。

テレビアニメにおける「紅桜篇」

テレビアニメでは2007年5月末~6月に放映。
第58話~第61話が「紅桜篇」にあたり、全4話のエピソードとなった。

基本的に原作に忠実にアニメ化。
一部に原作では描かれなかったシーン・カットが盛り込まれている。

なお、『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』として映画化。


スポンサーリンク

映画は

配役などについてはこちら

 

 

 

 

感想

感想としては実写にしてはかなりよかったのではと思います。

ネタ的要素はかなり満載でさすが福田監督という印象を受けました。

配役としてはかなりよかったと思います。

高杉が堂本剛結構よかったですね。

残念だった点としては、格闘シーンが実写ということでアニメやマンはほどの躍動感を感じることができなかったことです。

もうちょっと高杉と銀時との戦闘シーンが迫力出るとよかったかなと思います。

一番よかったと思うのは桂が岡田将生だったことでしょうか。

彼が一番適役だった気がします。

心残りのこととして真選組の近藤さんがネタすぎてもっとかっこよくしてあげて欲しかったですがストーリー的に限界があったので仕方ないかな・・・

エリザベスが山田孝之ってなんかいいですね。

私が単純に彼が好きなだけですが。

彼が近藤さんでも悪くなかったのかな・・・

難しいところです。

最近の実写にしては大満足と言えます。


関連コンテンツ
レビュー映画
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント