オススメのミュージックアプリはどれがいい?

レビュー

音楽はもうアプリで聴く時代

でもどれがいいかわからない

比較してみたので参考にどうぞ

ちなみに私のオススメは・・・

 

 

「楽曲サービスなんてどれもおんなじじゃない? 」

どれも5000万曲ぐらい聴き放題できて、カタログもそんなに違わないし、おすすめ、プレイリスト作成、好みの楽曲探しができて、端末に同期すればオフラインでも聴けるというところはほぼ同じ。

SpotifyApple MusicAmazon Music Unlimited、YouTube Musicを比べてみました!

曲数と内容はここでは比べていません。結局は自分が 聴きたいアーティストがいるかいないかだと思うので、それは各自でチェックということで。

スポンサーリンク

Spotify

190610music_streaming_spotify

Image: Gizmodo US

Spotifyの有料サブスクライバー数はApple Musicの2倍。

プラス、無料プランの利用者数百万人。

Appleとの一番の違いは、Spotifyの場合、無料のままでも聴き続けられることです。

途中で広告が入るし、モバイルはシャッフルモードになりますけどね。

Spotifyはウェブ、Android、iOS、Windows、macOSのすべてで聴けて月額10ドル(日本では月額980円)、学生・家族割引あり。対応する端末とアプリも豊富です。

190610music_streaming_spotify2

Image: Gizmodo US

●選ばない理由●

・GAFAのバンドルで身動き取れない。

バンドル(英: bundle)とは、ある製品に対し別の製品が付属している状態で販売等をすること。

Apple Music

190610music_streaming_applemusic

Image: Gizmodo US

2015年登場から4年でApple MusicのiTunesとの統合もスムーズになりました。

iTunesの手持ち楽曲を聴くぶんにはタダだけど、ストリーミングはすべて有料です。

月10ドル(日本では月額980円)で、学割&家族割あり。楽曲の幅は広く、ネットラジオ、おすすめミックス、エディターとアーティストが選ぶプレイリストもあります。

目にやさしい、すっきりしたデザイン。

macOS、Windows、iOS、Appleにしては珍しくAndroidにも対応しており、外部のツールを使えばウェブでもある程度聴けます。

190610music_streaming_applemusic2

Image: Gizmodo US

●選ばない理由●

・対応アプリと端末の数はSpotifyにまだ全然追いつけていない(Chromecastでも使えません)。

・無料トライアルはあるけど、無料プランはなし。

Amazon Music Unlimited

190610music_streaming_amazon

Image: Gizmodo US

プライム会員は無料で200万曲聴き放題、月8ドル(日本では月額780円、非会員は月10ドル→月額980円)払うとAmazon Music Unlimitedの5000万曲聞き放題になります。

非会員でも購読できるけど、プライム会員だと200円安くなる、という辺りは動画のAmazon Prime Videoの楽曲版ですかね。Amazon的には今は動画がメインで、音楽は二の次な印象ですが。

ウェブ、Windows、macOS、Android、iOSのアプリあり。

スマートスピーカーのAmazon Echoにスマホから飛ばして聴いたり、音声コマンドで聴いたりもできます。

190610music_streaming_amazon2

Image: Gizmodo US

●選ばない理由●

・アプリの使い勝手がイマイチ(いいところもあるけど)。

・ おすすめミックスは数、パーソナライズ度ともに競合に遠くおよばない。

YouTube Music

190610music_streaming_youtube

Image: Gizmodo US

はじまったと思ったら終わってたGoogle Play Musicの移行版

YouTube Musicはウェブ、iOSアプリ、Androidアプリで視聴可能。

最近オフラインで聴ける機能も備わって、ゆっくりながら着実に未来に向けて歩んでいます。

無料版あり(広告入り、端末に同期できない制限付き)。

有料は月10ドル(日本では月額980円)、学割・家族割あり。

 

YouTube Premiumにすでに月12ドル払っているなら、YouTube Music有料版も聴き放題が可能。

190610music_streaming_youtube2

Image: Gizmodo US

私がこれを選ぶ理由

当たり前だけど、動画がうま~く取り込まれています

YouTubeは意外と秘蔵の動画、オルタナティブ、ライブ映像の宝庫なので、いつものプレイリストにも、ほかのサービスにはない奥行きが生まれます。

YouTubeでいつも音楽聴いてる人は、その傾向をもとにおすすめミックスを作ってくれます。

Spotifyなどの他社は動画視聴傾向が掴めないので好みもわからない、という差は出ますね。

もちろん動画の視聴履歴と音楽は切り離したい人もいると思うけど。

動画とYouTubeを除けば、これと言ってすごいところもないけど、Googleのアプリ、サービス、端末にどっぷりの人はこれがデフォになりますかね。

私はGoogleプレイミュージックからそのまま移行した感じです。

iPhoneユーザーはWebから登録しましょう!

そうすると、980円で登録できます。

300円はiTunes利用料になっているようです。

アップルはこの辺もライバルとして考えているのがよくわかります。

広告なしで動画が観れるYouTube Premiumに毎月お金払ってる人は基本、YouTube Musicは無料です。

●選ばない理由●

・まだ不完全。プレイリスト作成、今すぐ聴きたい曲をキューに加える操作、端末間の切り替えは競合ほどスムーズじゃない。

・YouTube視聴履歴と音楽は分けたい(Musicでいいね!すると、YouTubeのおすすめ動画に反映される。これは非公開にできる)。


関連コンテンツ
レビュー 音楽
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント