仕事デスクにおすすめ保温できるマグカップ作業効率アップ? | Tac LIFE academy

仕事デスクにおすすめ保温できるマグカップ作業効率アップ?

ガジェット

こんにちはTacです。

仕事デスクにおすすめ保温できるマグカップ購入してみました。

これで作業効率アップ?

スポンサーリンク

Ember マグは温度調整ができるスマートタンブラー|スタバ公認・Apple Store販売

購入したのはアメリカのスターバックス、Apple Storeの公式取り扱い商品として人気の高い、Ember(エンバー) マグ。

スマホで適温に温度調節できるマグ!

自分好みの温度に設定できるのがすごく良いね。

 

舌が火傷するほど熱い飲み物好きな方や、猫舌の方でも「自分の適温」で飲み物が楽しめるスマートタンブラー。

いつでも美味しいカフェオレや紅茶をいただけるのはすごく魅力的。

Apple Storeでの発売開始され、アメリカのスタバでは人気がありすぎて入手困難だったというEmberをご紹介します。

 

Ember セラミック マグ [並行輸入品]
価格:27324円(税込、送料別) (2019/2/13時点)

楽天で購入

 

 

Ember(エンバー) マグ|タンブラー

Ember マグ|タンブラー

 

Ember マグは、本体にバッテリーが内蔵されており、マグ下部のダイアルを回すことで温度設定が可能で、保温だけではなく保冷にも対応。

素材はステンレススチールとプラスチックで、真空管構造になっています。

Ember Temperature Control Mug|エンバー温度調節マグ

容量約350ml
重さ約500g
サイズ約20cm × 8cm
内蔵バッテリー最大 約2時間駆動
設定可能温度範囲120°F(50°C)〜145°F(62.5°C)

 

飲みくちはプッシュ式で蓋はついていません。

持ち歩く際に飲み物をこぼす心配がないのもポイント!

Ember マグ|フタ

 

上部の丸い部分を押すと開き、360度どこからでも飲むことが可能です。

Ember マグ|フタ

 

充電は卓上スタンド(コースター)に乗せるだけ。

デスクに常備しておけば、いつでも最適な温度の飲み物を楽しむことができます。

Ember マグ

 

外出時には最大約2時間駆動しますので、外でランチをとる場合などにもおすすめです。

 

また驚くことにスマホやAppleWatchのアプリと連携して、アプリから温度調整を行うことができます。

飲み頃の温度になったら通知する機能も!

Ember タンブラー

 

温度はEmber本体のディスプレイに、リアルタイムで表示されるので安心。

実際の使用感は、動画をチェックしてみてください。

 

Ember (エンバー) セラミックマグ

デスク用に購入したのはこちら

色は黒色を購入しました。


Emberセラミックマグ

 

Ember セラミックマグには蓋がありませんので、Ember マグ(タンブラー)のように持ち出しすることはできません。

それ以外の機能はほぼ同等で、お気に入りの飲み物を適温の状態で楽しめます。

外に持ち出す用途でなくあくまでデスク仕事用なのでこちらにしました。

Ember Ceramic Mug|エンバーセラミックマグ

容量約300ml
重さ約340g
サイズ下記参照
内蔵バッテリー約 1時間
設定可能温度範囲120°F(50℃)から145°F(62.5°C)

 

Emberセラミックマグ サイズ

 

Ember セラミックマグは、ステンレス製の本体にセラミックコーティングを施しているため、飲み物の保温に適しています

 

 

セラミックマグ自体の温度を保つ時間は約1時間ですが、充電コースターに都度置くことで冷めることはありません。

 

Emberセラミックマグ

 

バッテリーが満充電となった場合、自動的に充電が停止されるためバッテリーの損傷を心配する必要はありません。

 

こちらの機種もスマホやAppleWatchのアプリと連携が可能で、温度設定、カフェインの摂取量の把握、LEDカラーのカスタマイズなどが可能です。

 

 

Ember セラミックマグも、当然バッテリー内蔵していますから、電子レンジは使用できないので注意してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました