メルペイで損しない有効活用方法、メルカリ振込手数料支払いたくない

マネー

こんにちはTac^^です。

メルカリの振込手数料が200円で固定になりました。

ということで200円支払いたくない。勿体無いと思い有効的に利用できないか調べてみました。

メルペイを活用する!

スポンサーリンク

振込手数料固定

メルカリは、4月23日から売上金もしくはメルペイ残高を銀行口座に振り込む「振込申請」の手数料を変更する。

これまでは、通常振込の手数料は210円で、申請金額が1万円以上となると手数料は不要だったが、金額にかかわらず振込手数料200円となる。

4月23日15時以降の振込申請から振込手数料を変更。

通常振込は210円から200円と値下げとなる一方で、1万円でも手数料がかかるようになった。また、通常振込より早く入金できる「お急ぎ振込」も410円から400円に改定される。

変更の利用については、「メルカリのご利用状況を鑑み、振込手数料を変更することとなった。引き続き、メルカリの利便性の向上や安心・安全にご利用いただくためのサポートに尽力していく」としている。

メルペイとは? 仕組みについて紹介

最近名前を聞くであろうメルペイは、フリマアプリのメルカリの決済サービスの1つです。

決済と言うと難しいかもですが、買い物するときの支払いに使える方法の1つというとイメージしやすいでしょうか。

メルペイを使えるようにすると、MasterCardブランドとなる電子マネーカードが発行されますよ。

メルペイのメリット

メルペイを使うことでどんなメリットがあるのかが気になると思います。

まずは一覧でまとめて紹介しますね。

  • 売上金が支払いに使える
  • メルカリポイントが支払いに使える
  • 電子マネーiDに対応しているお店で使える
  • モバイルSuicaにメルペイからチャージできる
  • 割引率の高いクーポンが使える

割引率がクソ高いものもあるので是非チェックしてみてください。

電子マネーiDに対応しているお店なら使える

メルペイの設定方法 電子マネーカードの作成

また、メルペイの便利なところは、電子マネーのiDに対応しているお店で使えることです。

電子マネーのiDは以前からあるサービスで、対応しているお店も他のQRコード決済と比べると多いですよ。

その点でもメルペイの使いやすさは大きなメリットとなります!

特に駅周辺や空港、有名なお店などではiDの支払いに対応しているところも多いので、使える機会も多いです。

個人的に駅周辺のお店を使うことが多く、そのときはメルペイでの支払いも使っていますよ。

オススメ!メルペイからモバイルSuicaにチャージできる

メルペイからSuicaへチャージする方法

個人的に一番便利だなと思っているメルペイのサービスは、モバイルSuicaへのチャージができることです。

メルペイを始めるときにできた電子マネーカードはApple Payとしても使えるので、モバイルSuicaでApple Payからチャージするときにメルペイを選べば、売上金やポイントからSuicaにチャージできます。

これがめちゃくちゃ便利で、モバイルSuicaを使っているのであれば必須と言ってもいいぐらい。

メルカリでは、キャンペーンなどでポイントがもらえることもあるので、有効期限が来る前にモバイルSuicaにチャージしておけばムダになることもありません。

メルペイが始まった頃は、メルカリに登録した人向けにポイントをばらまいていたこともあり、何もせずに2,000円ぐらいのポイントをモバイルSuicaにチャージできたという話も聞きました。

 


関連コンテンツ
マネー
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント