オススメキーボードMac版東プレがいい?

レビュー

こんにちはTac^^です。

東プレからMac専用キーボードがでたー!

瀬戸さんも紹介してたので、購入を検討して紹介します。

スポンサーリンク

オススメキーボードMac版東プレがいい?商品紹介

RCE初のMac向けキーボード

Mac標準の日本語配列(JIS)を採用し、フェザータッチと呼ばれる押し心地を追求したREALFORCE独自のキースイッチを慣れ親しんだMac標準のキー配置で快適に操作できます。

Boot CampでWindowsを使う方に便利な半角/全角漢字キーとWin Mode機能

半角/全角漢字(E/J)キーをWindows用キーボードと同じ左上に配置、また、Win Mode機能(fn + endキー)により、英数(eng)・かな(kana)キーを無変換・変換キーのキーコードにハードウェアで切り替えられ、Windowsキーボードと同じキー操作ができます。

ワンタッチでFunction機能切り替え

Functionキー機能と、画面の明るさ・音量・メディア操作などの特殊機能をシステム環境設定を起動せずにワンタッチで切り替えできる「Function機能切り替えキー」を搭載。

Macに馴染むシンプルなキートップフォント

キートップの印字には、Macに合わせてシンプルなフォントを採用。

カスタマイズ可能なMac専用ソフトウェア

各キースイッチの無効化、CapsLockとCtrlキーの入れ替え、インジケーターLEDの色設定、さらにAPC機能搭載モデルでは各キースイッチの反応位置を個別に設定できます。

スイッチのオン位置を調節できるAPC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能を搭載

東プレ独自のAPC機能により、通常のメカニカルキースイッチより最大25%高速入力(当社調べ)。各キースイッチのオン位置が1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で調節できるため、キースイッチの反応速度を最適化できます。例えば、素早く入力したいキーは1.5mmに、不意の誤入力を防止したいキーは3mmに設定できます。

ストレスの少ない静音キースイッチ

図の波形データは、標準仕様及び静音仕様のキーボードについて同一の被験者による打鍵録音データから、人間の聴覚感度が高い周波数成分である2,500〜5,000Hzを抽出した一例です。標準仕様キーボードに比べ、静音仕様キーボードの振幅(縦軸方向)が大きく下がっており、耳への刺激が少ないことがわかります。

色替え可能なインジケーター

CapsLockやWin modeなどの状況を知らせるインジケーターのLEDの色をキーボードの操作によりお好みに応じて7色から選んでカスタマイズでき、LEDの明るさも調節できます。

APC機能でのLEDインジケーターの色について

当モデルでは、APCキーの操作で3段階のオン位置を選ぶことができ、LEDインジケーターの色でオン位置設定の確認ができます。

  • LED色:青色LED色:青色 オン位置:全キー1.5mm〈素早い入力〉
  • LED色:緑色LED色:緑色 オン位置:全キー2.2mm〈通常の入力〉
  • LED色:赤色LED色:赤色 オン位置:全キー3.0mm〈誤入力防止〉
  • LED色:白色LED色:白色 オン位置:各キーカスタマイズ〈素早い入力と誤入力防止〉

※白色では、専用のREALFORCEソフトウェアで設定した「個別のキーごと」のオン位置が反映されます。

3方向から取り出し可能なケーブルスリット

キーボードのケーブル取り出し口は左右側面だけでなく上側面を加えた3方向から取り出せるようになり、設置場所に応じて最適なケーブルの配線ができます。

滑りにくく安定性が向上

底面のラバーフィート面積を4倍に増やし、またチルトスタンド底面にもソフトな樹脂素材を採用して、ガラス面など光沢のあるデスク上でも入力中にキーボードが位置ずれしにくく安定性が向上しています。

キースペーサーによりチューニングが可能

2mmと3mm厚の一体型キースペーサー2種類とキートッププラーを付属し、APC機能設定に応じてキートップの下に一体型キースペーサーを設置することで、キーストロークの戻りが早くなり、より素早いキー入力を実現できます。

静電容量無接点方式スイッチにより極上のキータッチを実現

データセンター等でのプロのキーパンチャーの方々に選ばれた極上のキータッチとチャタリングしない無接点構造、さらに、指への負担を軽減し、指の動きをスムーズにするステップスカルプチャー構造によって長時間のキー入力操作でも快適に操作できます。

素早い入力を確実に捉えるNキーロールオーバー

キーを複数入力した際に、大事なキー入力情報が実行されなかったり、異なるキー入力情報に変換されてしまうことを防ぐNキーロールオーバー対応です。

エルゴノミクスなステップスカルプチャー

各列に段差のあるステップスカルプチャー構造により、指の動きにフィットしてキー入力がしやすく、長時間の操作も快適です。

REALFORCE 独自のフェザーキータッチ

キースイッチの押しごこちを極限まで追求した独自のキー荷重特性により、他のキースイッチには無いフェザー(羽毛)を押しているかのようなキー入力の気持ち良さを実現しています。

圧倒的に高い耐久性

5000万回のキー入力耐久試験をクリアしています。

USB I/F接続

USB Type Aプラグ

高速な1000Hzポーリングレート対応

信頼の日本製キーボード

品質管理が徹底された日本の工場で、設計開発から生産まで一貫して対応しています。

SPEC製品仕様

キー刻印昇華印刷
スイッチ寿命5,000万回以上
重量1.4Kg
サイズ142mm x 455mm x 30mm
キー数114キーレイアウト
ケーブル長1.6m
キー荷重ALL 30g
キーストローク4mm
キー構造ステップスカルプチャー
NキーロールオーバーNキーロールオーバー
インターフェイスUSB
生産国日本
内容物キーボード本体/保証書/User’s Manual/キートッププラー/一体型キースペーサー(2mm / 3mm)
【発売間近!】ついにキタ!!!REALFORCE初のMac専用キーボード、開封レビュー!

実際に購入するか本当に迷ってます。

現在のPCでウインドウズをBoot Campで利用しているのいいかなとも思いつつ、

MacBookなので外出時はあまり使わないし、

家に帰ってきていちいち差し込んで使うってこともどうかな?って

現在使用していMacBookのキーボードが壊れた時

→MacBookをMac miniとして利用する場合

購入しようかなって結論に近づいています。

もしくは、自宅での作業用に外部ディスプレイを購入したらかな・・・

 


関連コンテンツ
レビュー
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント