筋トレ初心者女子にもオススメのジムでの筋トレ方法は?

ライフ

少し前に比べると、ここ最近筋トレをする人が増えてきたように思いますね。

男性だけでなく、「筋トレ女子」なんて言う言葉も流行りはじめて、女性でもジムに行ったり筋トレを始める人が増えてきています。

ムキムキよりも、しなやかな引き締まった筋肉をつけるためにトレーニングをする人が多いみたいです。
ただ、筋トレは習慣化するまでが大変。

あまりキツすぎても続きません。

そこで、筋トレ女子になりたい初心者女子にもオススメの、ジムでできる筋トレ方法を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

スタジオで筋トレ系のクラスに参加する

筋トレ初心者の人にとって1番簡単で効率的なのは、ジムのスタジオプログラムにある筋トレ系のクラスに参加することです。楽しく続けるのであれば、これが1番良いのではないかなと思います。

最近ではスタジオはなくマシンだけある24時間営業のジムなんかも流行っていて自分の好きな時に通えますが、そういったジムで初心者の人はどんなメニューで行えば良いのか迷ってしまいますよね。

なので、初心者の人はまずはスタジオやプールなんかもある総合型のジムに行って、インストラクターに教えてもらいながら運動をするのがオススメです。

ジムのスタジオプログラムには、バーベルなどのウエイトやチューブを使って全身筋トレをするクラスがあります。

ウエイトの重さで強度も変えられますし、インストラクターが楽しめるように盛り上げてくれます。

スタジオで行うクラスはレベルも分かれているので、初心者にも参加しやすいクラスもたくさんありますよ。

ライザップ

バーチャルエクササイズ

最近の世界的な活動自粛 /ロックダウンでジムが続々と休館する中、新しい取り組みも増え始め、たくさんのインストラクターが人々の健康維持のためにオンラインでバーチャルエクササイズを提供するようになりました。

パーソナルトレーニングもグループトレーニングも全てテレビ電話で行なう動きが世界中でかなり増えていて、中には家にある道具を使ってできる筋トレやエクササイズを教えてくれるインストラクターもいます。

オンラインゲームやオンラインポーカーだけでなく、エクササイズもオンラインで場所を選ばずにできる時代になったので、好きな時に家でテレビ電話をつないで筋トレができます。

グループトレーニングならみんなと一緒にできるのでモチベーションも保てますし、パーソナルトレーニングならマンツーマンで集中して必要な筋トレを教えてもらうことが可能。有料のものも無料のものもあるので、好き好きで決めてオンライン筋トレを楽しんでみましょう!

大きい筋肉を鍛えるマシンを使う

ジムには色々なマシンがあってどれを使って良いか迷ってしまいますよね。

そんな時には胸・背中・肩・太腿(表と裏)・お尻の大きい筋肉を鍛えると良いということを覚えておきましょう。大きい筋肉を鍛えることで、効率的に筋肉を鍛えることができます。

回数は812回程度を30秒~1分間の休憩を挟みながら35セット行うのが良いと一般的に言われています。初心者の人はまず慣れることと続けることが大事なので、8×3セットから始めてみてください。負荷は軽めから始めて、慣れてきたら上げていくのが良いと思います。

個人的なオススメの目安としては、例えば8回行った時に最後の8回目がキツくてギリギリ上げられるぐらいの負荷です。

トレーニングの頻度的には日をあけて週23回で大丈夫なので、初心者の人にも問題なくできるかと思います。終わった後にはストレッチも忘れずに!

ピラティス

男性にも女性にもかなりオススメのピラティス。

ジムでのスタジオトレーニングに必ずあり、参加者には女性が多いので、筋トレ初心者女子でも参加しやすいです。
「ピラティスってストレッチじゃないの?」とヨガと混同して捉えている人も結構多いのですが、ピラティスはれっきとした筋トレで、元はピラティスさんという人がリハビリのため開発したコアのトレーニングです。
ピラティスは一見地味に見えてかなりキツイ。

骨盤・背骨にフォーカスしたトレーニングでコア・体幹の筋肉を鍛えられるので、姿勢も整います。

翌日は間違いなく筋肉痛がきますよ。ぜひ試してみてください。

まとめ

運動にあまり馴染みのない人にとって、ジムに通うということは大きな一歩ですよね。

入会したならできる限り続けたいもの。そのためには、自分に合った楽しめるトレーニング方法を見つけることが大切です。

あまり最初から頑張りすぎず、目標を決めてそれに合わせて頑張っていきましょう。

最初は軽めの負荷しか持ち上げられなかったけど、気づいたら1年後にはスミスマシンでがっつりトレーニングできるようになっていたなんてこともあるかもしれません。

質の良い食事やストレッチと合わせて理想の体型を目指して、コツコツ頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました