ICOとは何か?仮想通貨なの?簡単な投資?

マネー

 

こんにちはTac^^です。

ICOとは?

 

スポンサーリンク

ICOとは?

ICO とは、イニシャル・コイン・オファリング(英: Initial Coin offering )の略称で、仮想通貨(暗号資産)の新規発行による資金調達方法の一つ。

ICO の手順としては、あるプロジェクトが仮想通貨の開発目的や方針をインターネット上で公開し、それに賛同する投資家が新たに発行された仮想通貨をビットコインなど既存の仮想通貨で購入します。

発行元は集めた資金で仮想通貨の開発を行い、投資家はプロジェクトが提供するサービスを利用したり、出資した仮想通貨の価格上昇により自己資産を増やすこともできます。

ICO はインターネットを通して世界中から直接的に資金を調達することで、仮想通貨の開発や運営方針に特定の個人や企業、国家が影響力をもつような事態を回避することができます。この仕組みは仮想通貨の非中央集権的な性質を保つ上で有用ですが、従来の資金調達方法と異なりプロジェクトの健全性を保証したり、評価する機関がない中で投資家自ら判断を下すため比較的大きなリスクを負う可能性が高いと言えます。

 

ICO の歴史と現状

最初の ICO は、 2013 年に Mastercoin によって行われました。2014 年のイーサリアム(単位: ETH )の ICO では、約 1,800 万ドル(約 18 億円)相当のビットコインの資金調達に成功し、ICO が資金調達手段として十分に機能することが証明されたと言われています。

その後、2017 年に仮想通貨相場の急上昇と同時に ICO 市場も拡大を見せます。

その年の ICO 全体で集められた資金はおよそ 62 億ドル(約 6,900 億円)と言われ、上位 3 つのプロジェクトはそれぞれ 200 億円を超える規模の資金を集めることに成功しています。

続く 2018 年の資金調達は前年を超える約 78 億ドル(約 8,500 億円)を記録しますが、2018 年後半から大幅な減少に転じ、 2019 年現在の ICO 市場は縮小傾向にあると言えます。

 

将来性

2017 年に盛り上がりを見せた ICO ですが、投機的な資金の流入やそれに目をつけた詐欺まがいの ICO が横行するなど仮想通貨プロジェクトの実現性や開発状況の透明性を確保することが難しい点が指摘されています。

そのため安全性や健全性に重きを置いた資金調達方法として、セキュリティ・トークン・オファリング(英: Security Token Offering 、略称: STO )やイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(英: Initial Exchange Offering 、略称: IEO )などが注目されています。

自分が気になったり考えたICOはこの辺ですね。

購入はしてませんが・・・

スピンドルとは?仮想通貨プロジェクト
こんにちはTac^^です。 SPINDLE(スピンドル)とは?仮想通貨プロジェクト
サンダーウォレットのログイン登録方法は?とはなんぞ?使い方。評判は?
こんにちはTac^^です。 正直良いのか悪いのかわからないので利用を始めました。 悪い評判もあるようなのでその辺の真偽を確かめて行きたいと思います。 あくまで投資は自己責任、必ず儲かるはあり...

スポンサーになったノアプロジェクト

ノアプロジェクトは、ドバイで行われたモーターレースにスポンサーとして参加。

ドバイで様々な分野のスタッフとして活躍するフィリピン人も多い

ドバイで行われたモーターレースにスポンサーとして参加

2018年2月13日、日本時間の朝5時に始まったNoah CoinのICOが大人気で、購入希望者が殺到。

早朝にもかかわらず約120億円相当のNoah Coinが約3分で完売した。

その後、買えなかった購入希望者からの問い合わせが殺到し、追加申し込みの受け付けを実施したが、それもすぐに締め切られることとなった。

人気殺到の背景は、既存通貨は各国の中央銀行が自由に通貨供給量を増やしインフレ化させることへの懸念や、次世代の基軸通貨になるのではとの期待が上げられている。

コインチェック問題から世界各国の法規制が進む中、ICOの人気コインは留まる事を知らず、世界中から投資家の期待が高まっている。

購入希望者が集中したNoah Coinを「買えなかった」といった声も多く、100倍銘柄とも言われ注目を集めている。

夢のあるICOはリスクもあるが、2018年流行語大賞になりそうな「億り人」も現実的なのかも知れない。

ICOで肝心な事は プロジェクトの内容、開発者やメンバー、ロードマップなどのホワイトペーパーが重要であり、やはり取引所に上場するかというのは非常に大事な事。

どんなに素晴らしいプロジェクトでも、上場されないと、流動性が生まれないので、価格が上がらない。

ノアプロジェクトは、フィリピンの政治家・官僚・財閥・民間の人たちが協力して進めているプロジェクト。

フィリピンの社会問題を解決し、アジア一の経済成長を続けるフィリピンの発展を促進するもの。そのプロジェクトの基軸通貨でもあるNoah Coinは、大きな成長が見込まれると泉忠司氏が推奨していることも、人気を後押ししている。

また、ノアプロジェクトは、フィリピンでの慈善活動だけにとどまらず、アースワイドな観点からも、ドバイで行われたモータースポーツにスポンサーとして参加するなど、多方面からの貢献を広い視野で考えている。

ICOとは?

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)

資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのことを指します。

投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価は支払われません。

別名「クルドセール」や「プリセール」、「トークンセール」などとも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

GACKTさんが話題にしたスピンドルも同様の手法で行っていくのでしょうか?

注目しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました