扶養控除ってなに?生計を一にする、専従者とは?

確定申告
スポンサーリンク

対象者または対象物

扶養親族に該当する人の範囲

扶養親族とは、その年の12月31日(納税者が年の中途で死亡しまたは出国する場合は、その死亡または出国の時)の現況で、次の4つの要件のすべてに当てはまる人です。

(注)出国とは、納税管理人の届出をしないで国内に住所および居所を有しないこととなることをいいます。

(1)配偶者以外の親族(6親等内の血族および3親等内の姻族をいいます。)または都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること。

(2)納税者と生計を一にしていること。

(3)年間の合計所得金額が48万円以下(令和元年分以前は38万円以下)であること。

(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4)青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないことまたは白色申告者の事業専従者でないこと。

参照:

No.1180 扶養控除|国税庁

生計を一とは?

日常の生活の資を共にすることをいいます。
会社員、公務員などが勤務の都合により家族と別居している又は親族が修学、療養などのために別居している場合でも、

1生活費、学資金又は療養費などを常に送金しているとき

2日常の起居を共にしていない親族

が、勤務、修学等の余暇には他の親族のもとで起居を共にしているときは、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。

参照:

◆生計を一にする|国税庁

専従者とは

事業専従者に該当するか否かは、以下のように判定します。
イ)白色申告者と生計を一にする配偶者その他の親族であること。
ロ)その年の12月31日現在で年齢が15歳以上であること。
ハ)その年を通じて6月を超える期間、その白色申告者の営む事業に専ら従事していること。

参照:

白色申告で用意されている「事業専従者控除」とは何か? | 経営者から担当者にまで役立つバックオフィス基礎知識 | クラウド会計ソフト freee
白色申告には、専従者控除といった制度があります。青色申告では専従者への給与を経費にすることができますが、白色申告では専従者への給与を経費にはできません。専従者控除の内容について確認するとともに、青色申告との違いについて学んでいきましょう。 商売を手伝う専...

コメント

タイトルとURLをコピーしました