福利厚生費ってなにが対象?カフェテリアプラン

マネー

こんにちはTac^^です。

福利厚生費とは、役員を含むすべての従業員に公平に支給される給与以外のお金のことです。

福利厚生費は、従業員の福祉向上のためのもので、法定福利費と厚生費で構成されています。

ここでは福利厚生費について、その具体的な事例をもとにお話しします。

スポンサーリンク

福利厚生費の14の事例

1. 慶弔見舞金(結婚・出産祝い金、病気見舞金、香典など)
2. 通勤費
3. 健康診断費用
4. 忘年会、新年会、歓送迎会などレクリエーション費用
5. 社員旅行
6. 社宅
7. 保養所
8. 食事代の補助(残業に伴う食事代など)
9. 会社の常備薬
10. 社内同好会への補助
11. 制服を着用させるための制服費用
12. 外部の福利厚生サービスの利用費
13. 育児・介護関連
14. (参考)カフェテリアプラン

カフェテリアプランとは

会社側があらかじめ利用可能なサービスを設定し、従業員に一定額のポイントを支給することで、各自が自由にポイントの枠内でメニューを利用することができる選択型福利厚生制度です。

基本的にカフェテリアプランは、外部のサービスを活用する場合が多く、従業員が使いたいメニューを自由に選べるため、家族構成やライフサイクルにあったものと言えます。

ただ、カフェテリアプランを利用したポイントの付与は、給与として課税の対象となる可能性が非常に高く、福利厚生費として計上できません。
国税庁のタックスアンサーでは「サービス内容によって、課税・非課税かを判断」とあります。

http://switch.or.jp/welfare-expense-2597


関連コンテンツ
マネー
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント