夏までにポッコリお腹を凹ませる男30代の原因解消法は? | Tac LIFE academy

夏までにポッコリお腹を凹ませる男30代の原因解消法は?

ライフ

こんにちはTac^^です。
夏までにポッコリお腹を凹ませる男30代のダイエット
ポッコリお腹の原因は?
意外な原因胃下垂とは?
解消法は?

スポンサーリンク

ぽっこりお腹の原因は?

肥満(内蔵型脂肪・皮下脂肪)

男性はよくリンゴ型肥満と言われます。これは内蔵型肥満といわれています。
内臓脂肪肥満とは内臓の周りに脂肪がたまるパターンで、脂肪が付きやすく落としやすいので、努力すれば戻ります。
内蔵型肥満を放置しておくと生活習慣病になる可能性があるので早めに対処したほうがいいでしょう。
また、加齢とともに代謝も落ちます。
若いころと同じ量と食事をしていれば当然太ります。
また、運動不足であったり暴飲暴食をしたり、飲み会などで良く飲む方、筋力の衰えにより、ポッコリお腹になりやすくなります。

そもそも脂肪とは?

脂肪があるので人は餓死しにくくなります。
脂肪は体全体に蓄えることが出来ます。
もしエネルギーが不足状態になった場合、炭水化物やタンパク質の約2倍のエネルギーを発揮してくれると言われています。
ただ普通に生活していてエネルギー不足になりにくい現代では、食べ過ぎなどによりどんどん脂肪が蓄えられていきます。

内蔵脂肪と皮下脂肪

脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に分かれます。
内臓脂肪は男性に多く内蔵型脂肪肥満になりやすいと言われており、脂肪が付きやすく、落としやすい脂肪になります。
内臓脂肪は目に見えにくいので隠れ肥満になっていることもあり、指で摘まめない脂肪です。
皮下脂肪は内臓脂肪以外を指し、付きにくく落としにくいという特徴があります。

ぽっこりお腹は内蔵下垂が原因かも?

胃下垂や腸下垂が起こっているとお腹がぽっこりします。
内蔵下垂は便秘や冷え性などの問題を引き起こす可能性があります。
内蔵下垂かどうかをチェックする方法は太っているわけではないが下腹が膨らんでいる。

  • ゲップが出やすい。
  • お腹にガスが溜まりやすい。
  • だるさや疲労感が続いている。
  • 姿勢が悪い。
  • 運動はあまりしない。

こうした症状のある方は内蔵下垂の可能性があります。

内臓下垂の解決方法は?

・腹式呼吸後程ドローインについてお伝えしますが、鼻から息を吸い、口から息を吐きだす
・ストレッチ、骨盤の矯正、寝転びながら腸の位置を戻す運動など
・インナーマッスルを鍛える(腹筋など)
以上がおおまかな解決策もります。

ぽっこりお腹の原因は便秘!?

女性に比べて男性は少ないかもしれませんが、ポッコリお腹は便秘が原因かもしれません。
便秘の原因はストレス、運動不足、水分不足、食物繊維の不足など理由は様々です。
便秘になると食欲不振、臭いがキツイ、肌荒れし、ニキビの原因にもなるそうです。

便秘の解消方法は?

・適度な運動(ウォーキング、腹筋など)
・腸活ストレッチ(寝転びながらストレッチなど)
・腸活マッサージ(お腹のツボ押し、お腹を回すマッサージ)
・食事の見直し(食物繊維の多い物、乳酸菌は配合の物、発酵食品など)
・便秘に有効なお茶など飲む(快調酵素など)
・朝起きたらお水を飲む(白湯でもOk)
以上の方法がおすすめの解消方法です。

腸内洗浄やマッサージ漢方薬もおススメ

腸内洗浄とは清潔な水で腸内に溜まった宿便を洗い流す方法です。自分でやるのはなかなか勇気がいるので、美容クリニックなどの専門機関で行うことをお勧めします。簡単に出来る方法はおなかマッサージです。お腹の周りをゆっくりさすってあげるだけでも排便を促すことができます。漢方薬などを服用することもお勧めです。ただ、排便作用が強すぎて下痢気味になってしまうこともあるので、専門の処方箋に相談しましょう。

ポッコリお腹の解消方法は?

ポッコリお腹を解消する方法をいつかご紹介します。

①食事でポッコリお腹(脂肪撃退)

お腹を凹ます為にオススメな食品をいくつか紹介します。
・ミネラルウォーター
水分をしっかり摂ることでむくみの原因になる塩分を排出することができます。またお湯など少し暖かいお水にすると体も冷えにくく、起床後などに飲むことをおすすめします。
・スイカ
スイカは食物繊維を多く含んでいます。最近だとコンビニのカットフルーツとしてスイカが並んでいます。また、塩分摂取量が高い食品を取っている方にもスイカはお勧めです。スイカには塩分を排出してくれるカリウムが多く含まれています。
・豆類や大豆
食物繊維が多く腸内環境を整えてくれる働きがあります。カリウムが多く含まれているので塩分を外に逃がす働きもしてくれます。またエストロゲンやプロテインが多く組まれているので、お腹のハリやむくみに効果が期待できるそうです。食べ過ぎるとガスがたくさん出るので気を付けましょう。
・セロリ
セロリは火を通して調理した物がお勧めです。火を通すことで食物性が消費しやすくなり、むくみなどの解決にも効果的だそうです。腸内環境や腸内ガスの調整をしてくれる働きもあるそうです。
・コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインにはリパーゼという酵素が含まれており、体脂肪がよく燃えて、脂肪燃焼効果が高まります。※砂糖などが入っていないブラックコーヒーにしましょう。
・アボカドやオリーブオイル
アボカドやオリーブオイルはオレイン酸が豊富で脂肪燃焼効果が高いといわれています。中性脂肪が付きにくいのも特徴です。美容効果も期待できます。
・ターメリック、ローズマリー
ターメリックには腸内ガスを調整してくれる働きもあるそうです。セロリなどと一緒に食べるのもおすすめです。ローズマリーは頭痛融和などにも効果があります。
・赤身のステーキ
食べ過ぎは良くありませんが、適度の赤身肉などはおすすめです。L-カルニチンが入っており、脂肪燃焼を促進してくれます。ダイエットエクササイズ前にカルニチンを摂取しておくと、通常よりも燃焼効果が期待できると言われています。肉よりサプリメントで摂取した方が早いかもしれません。
・キノコ
キノコにはキトサンという成分が入っています。キトサンダイエットと呼ばれるダイエットもあり注目されています。キトサンの効能は血糖値を下げてくれる作用があるそうです。内臓脂肪に有効ですが、皮下脂肪にはあまり効果がないそうで。また、キノコは低カロリーで食物繊維が豊富です。

男性のぽっこりお腹ダイエット(運動編)

①有酸素運動
こちらも別記事で紹介させていただいております。
ウォーキング、ジョギング、ランニング、サイクリング、ストレッチ、縄跳び、ヨガなどがあります。
20分以上継続することで効果が出始めるものが多いです。
 
②男のぽっこりお腹撃退!筋トレ!
ぽっこりお腹向き腹筋方法↓


この動画は物凄く!参考になります!
前提条件:お腹だけ部分的に痩せることは出来ない!
⇒体全体の体脂肪率を下げる必要がある。
1.食事内容に気を付ける⇒食べ過ぎ注意する。
⇒腹八分目を意識する。
2.摂取カロリー<消費カロリーの状態にする。
⇒炭水化物を摂り過ぎない⇒エネルギーの過剰摂取になる。
3.代謝を上げる筋トレを行うことが大切。
⇒腹筋の上に脂肪がついていては意味はないので代謝を上げる大きな筋肉をつける(足、胸、背中)を鍛える。
スクワット、ベンチプレス、懸垂が好ましい。
この動画を見て目からウロコですが、そもそも太っている人は全体の脂肪を減らしていく必要があり、その次にお腹を綺麗に割りたい方は腹筋のトレーニングをする必要があるということですね。
 
③ドローイン(腹式呼吸)
移動中など場所に制限があまりなく、筋トレなどする前などに行うこともおすすめです。
 
④下腹が出ていて気になる方にお勧めの腹筋トレーニング
下腹を凹ます腹筋&トレーニング↓

1.寝転がって両膝の引き付けを20回行う⇒継続して10回
2.足をクロスして上に伸ばす⇒上に持ち上げる×20回⇒更に10回
3.両膝を胸に引き付ける⇒床ぎりぎりに横に伸ばす×10回⇒更に10回
4.両足を上に伸ばす⇒ゆっくりおろす×10回⇒最後に45度足を止める⇒足を交互にクロス×10回⇒45度でキープ10秒
5.体を起こし、手を後ろについて足を持ち上げる⇒両膝を胸に引き付ける×20回⇒膝を付けて10秒⇒伸ばして10秒
これは慣れるまでしんどいですが効果は実感できると思いますのでおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました