Cocoonサイト高速化のための基本設定

ブログ

こんにちはTac^^です。

無料で使える超ハイクオリティーのワードプレスのテーマ、Cocoon。

余分な要素を取り除き、高速表示を実現した同テーマですが、環境によっては遅くなることがあります。

そこで表示速度を上げるためにやったことをまとめておきます。

スポンサーリンク

Cocoonサイト高速化のための基本設定

まずは公式ページに書かれた「Cocoonおすすめのサイト高速化設定」をやるのは必須です。

公式サイトに書かれてある基本的なことは以下の通り。

  • 画像の圧縮プラグインEWWW Image Optimizer、またはImagifyをインストールする
  • Cocoon高速設定にチェックを入れる(ブラウザキャッシュの有効化、HTMLを縮小化する、cssを縮小化する、JavaScriptを縮小化する)
  • キャッシュプラグインをインストールする(ミックスホストならLiteSpeed Cache、それ以外はW3 Total Cache、WP Fastest Cache)
  • プラグインJetpackの「画像最適化」機能を利用する

とりあえずは以上の施策をしてみましょう。

場合によってはほとんど表示速度が変わらなかったり、遅くなることもあるでしょう。僕の環境だとJetpackは逆に遅くなったし、キャッシュプラグインを入れてもほとんど変わらなかったのでアンインストールしました。

CocoonのFunction.phpにコードを追加する

PageSpeed Insightsで自分のブログをチェックすると、どんなプラグインを使おうが「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしているJavaScript/CSS を除去してください」というメッセージが出て、評価を下げられてしまいました。

そこで以下のコードをCocoonのFunction.phpに追加したら、メッセージが出てこなくなり、スピードが大幅に改善。

if (!(is_admin() )) {
function add_async_to_enqueue_script( $url ) {
if ( FALSE === strpos( $url, '.js' ) ) return $url; //.js以外は対象外
if ( strpos( $url, 'jquery.min.js' ) ) return $url; //'jquery.min.js'は、asyc対象外
return "$url' async charset='UTF-8"; // async属性を付与
}
add_filter( 'clean_url', 'add_async_to_enqueue_script', 11, 1 );
}

(こちらの記事を参考にさせてもらいました)

同ブログの場合だと特にモバイル表示が70から80台後半から90台前半ぐらいまでに改善されています。ビフォア・アフターの証拠がこれ。

できる限りプラグインをアンインストールする

サイト速度の遅い原因の大半を占めるのが多くのプラグインを併用していることです。これについてはCocoonを使えばプラグインを使用せずに標準装備としてあらゆる機能が付いているので助かります。

Cocoonをインストールしたことによって僕が削除したプラグインはこちら。

  1. WordPress Popular Posts

  2. Table of Contents Plus

  3. ブックマーク
  4. All in One SEO Pack

これだけ削除できたら大分軽減されます。もしそれほど使っていないプラグインがあったら停止してみて、早くなるかどうか試してみてください。

不必要な広告やウィジェットをできるだけ減らす

外部から読み込むバナー広告などをたくさん貼っていると読み込み速度に悪影響を及ぼします。

特にあまり開発に力を入れていないようなASPやスマホ広告のバナーは重たいことが多いですね。

僕は読み込み速度を考えて最近毎月1万から2万円稼いでいたインプレッション型広告を外しました。

それによってブログに好影響が出れば1、2万円ならすぐに取り返せると思ったからです。

これはアドセンスも同じことがいえます。大して稼げてないなら思い切って取るというのも選択肢に入れておくといいかと思います。

一方、たくさんのウィジェットを使っているのもやや悪影響がありそうです。

ほとんどクリックされていないメニュー、ボタン、タグ、画像などの要素は思い切って外してしまいましょう。

不必要なCocoonのシェアボタン、フォローボタンを非表示にする

これは多少変わるかなという程度ですけど、不必要なシェアボタン、フォローボタンは非表示にしています。

例えば同ブログでは「メインカラム本文下シェアボタンを表示」のチェックを外して非表示にしました。

 

CocoonでAMP化する

僕がCocoonを選んだ一番の理由はサイトをAMP(Accelerated Mobile Pages モバイルページの高速表示)化するのにとても簡単だったからです。

Cocoonを使っているのにAMP化していない人は表示速度の面についてははっきり言って損してますよ。

CocoonならAMP化もボタンひとつです。ページごとにAMP化させないこともできるのでかなり便利。

AMP化すると、アフィリエイト広告を全部張り替えないといけないと思っていたんですが、Cocoonなら自動でコードをAMP対応に変えてくれるので、その必要もありません。

グーグルは日に日に表示速度に本腰を入れてきているので僕は迷わずAMP化しています。今のところそれによる収益減少などの問題は起きていません。むしろ上がっているぐらいです。

なによりAMPページは通常のページよりも数段速いのでユーザーに優しいのがいいですね。これによってより快適にブログを回遊してくれたらと思っています。



 


関連コンテンツ
ブログ
スポンサーリンク
シェアする
Tac LIFE academy

コメント