幼女戦記映画感想アニメネタバレ

ホビー

こんにちわTac^^です。

カルロ・ゼンによる戦記ファンタジー小説を原作とするテレビアニメ「幼女戦記」の劇場版。

統一暦1926年。金髪碧眼の少女ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる帝国軍第203航空魔導大隊は、南方大陸での共和国軍残党との戦いに勝利する。

凱旋休暇を期待していた彼らだったが、連邦国境付近における大規模動員の兆候が確認され、参謀本部から新たな特命が下る。

その頃、連合王国主導の多国籍義勇軍が連邦内部に足を踏み入れる。その中には、父を殺した帝国に対する正義を求めて銃を取った少女メアリー・スー准尉の姿もあった。テレビ版の上村泰が引き続き監督を務めた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

幼女戦記とは?

21世紀初頭の日本。徹底的な合理主義者でエリートサラリーマンであった主人公は、同僚の逆恨みで命を落とす。

死後の世界、創造主を名乗る存在Xは主人公のリアリストな言動と無信仰を咎め、戦乱の世界で苦労して反省し信仰を取り戻させるとし、孤児の少女であるターニャ・デグレチャフとして別世界に転生させる。

転生した世界は魔法技術が存在するものの、大まかに20世紀初頭の欧州に似た世界で、自身が生まれ育った「帝国」は技術大国だが経済が低迷している上に周囲諸国と外交的・軍事的問題を抱え、数年後には大戦に至る様相を呈していた。前世の記憶を維持したまま転生を果たしたターニャは、天性の魔導の才能から幼くして徴募されることとなり、それならばと士官学校へ進むことを選択する。前世の記憶を活かして軍人としてのキャリアを積み、後方勤務で順風満帆な人生を送ろうと目論むターニャであったが、思惑は外れ、大戦の最前線に送り込まれ続けることとなる。

アニメの最終話は?

ライン戦線の包囲殲滅(せんめつ)戦から数日後。

敵の主力を撃破した帝国軍は、直ちに共和国の首都パリースイィを制圧。ついに輝かしい勝利を手にした。

ターニャも勝利に沸きかえる帝都にて、ようやく手に入れた平和な生活を喜んでいたが、そこに共和国海軍が撤退中との報せが入った。

ターニャは共和国のド・ルーゴ将軍が、本土を捨てて反抗勢力の一部を南方大陸に逃そうとしていることを見抜き、独断専行で出撃しようとする。

だが寸前のところで、参謀本部より停戦命令が発令されてしまった。

大隊の各員がつかの間の休暇を楽しんでいるなか、戦争を終わらせる機会を逃したターニャは、これまでにない失意と憤りに崩れ落ち、参謀本部へと向かう。

映画はどんなストーリー?ネタバレあり

「劇場版 幼女戦記」本予告

【起】- 劇場版 幼女戦記のあらすじ1

統一歴1926年2月、ターニャ・デグレチャフ少佐が率いる帝国陸軍二〇三航空魔導大隊、通称ピクシー大隊は、南方大陸に渡っていました。
大陸に渡っている自由共和国国は部隊を分散すると予想し、帝国軍は数で負けているため、帝国軍上陸部隊は共和国部隊を撃退することを目的に本隊を出動させ、その他の分散した軍を大隊が撃破するという作戦を取っていました。ですが、予想に反して部隊は分散されておらず、帝国軍上陸部隊へ向かって進んでいました。それを知ったターニャは、帝国軍の敗北という危機を感じ、作戦の変更を決意します。
敵軍の隙をつき、見事守備を突破。司令部を撃退し勝利を収めます。
意気揚々と本国へ戻るピクシー大隊でしたが、それからわずか数週間後、輸送機に乗せられていました。
今から数時間前、帰国したピクシー大隊を、レルゲン大佐が出迎えます。大隊の状況を聞かれたターニャは、損傷も無く、隊の士気も高いと答えました。するとレルゲンは、隣の国ルーシー連邦で開戦に向けた動きが見られるため、偵察の任務を言い渡されます。ようやく戦いを終えたと思っていたターニャは、嘘でも損傷がひどいと言っておくべきであったと輸送機の中で後悔していました。

【承】- 劇場版 幼女戦記のあらすじ2

劇場版 幼女戦記のシーン2ルーシー連邦に入り偵察していると、突然配備されていた列車砲が発砲されました。それにより、連邦が帝国に宣戦布告したことがわかります。そして戦闘が開始されました。
ヴォクトーリヤに次の作戦を聞かれたターニャは、連邦の首都モスコーへの攻撃を提案します。部下たちは反対しますが、それを押し切り作戦を実行します。
その頃、モスコーに対帝国のため各国から召集された魔導師部隊である多国籍義勇兵が到着しました。その中に合州国義勇兵の准尉メアリー・スーがいました。彼女は、帝国に殺された父親の仇を討つべく、入隊したのでした。
モスコー上空に到着したピクシー大隊は、攻撃を開始します。それを見たメアリーは、上司の制止も聞かずに一人飛び出して行きました。

【転】- 劇場版 幼女戦記のあらすじ3

劇場版 幼女戦記のシーン3一人飛び出したメアリーは、ターニャと対峙します。その中で、ターニャが、かつて自分が父親にプレゼントした銃を使っていることに気づき、父親を殺したのがターニャであることがわかります。仇を取るべく戦いますが、ターニャに殴打されてしまい、墜落し、重傷を負います。ターニャは、メアリーが張っていた防御陣も強力さを不審に思っていました。
その夜、ピクシー大隊は宴を開き、普段厳しいターニャも、部下たちにハメを外すことを許可しました。
就寝していた夜中、ターニャはヴォクトーリヤに起こされます。ティゲンホーフの街が連邦軍に包囲されていることを知らされ、ターニャは大隊を引き連れて救出へ向かいます。

【結】- 劇場版 幼女戦記のあらすじ4

劇場版 幼女戦記のシーン2モスコーで行われていた内務人民委員会で、ロリヤはティゲンホーフにピクシー大隊が現れたことを報告、首都攻撃を行った大隊を連邦の威信にかけて壊滅させるべきと進言し、大規模部隊の投入を認めさせます。
多国籍軍義勇兵にもティゲンホーフの知らせが届き、召集がかかります。ターニャにやられて負傷していたメアリーも、驚くべきスピードで傷を回復させ、自ら参加を希望します。
到着したターニャは自ら相手をすることを宣言し、ヴィクトーリアをはじめ数人の部下と共に挑みます。
メアリーは、ターニャを発見するや否や一人でターニャに向かっていきました。
空中で死闘を繰り広げた末に、メアリーはターニャによって時計台の下敷きにされてしまいました。ターニャがメアリーが死んでいるかを確認しにいくと、炎の中から飛び出してきたメアリーに殴打されて吹き飛んでしまいます。メアリーはターニャに馬乗りになり、思いのままに殴り続けます。ターニャの意識が無くなったのを確認し、ようやく父の仇を討つことができたと喜んでいると、背後からターニャに撃たれてしまいました。そのまま数発の弾丸を受けて瀕死状態になったところを、中佐がやってきてメアリーを救出しました。
その頃、部下たちの努力により、帝国軍は勝利を収めました。ターニャも勝利を喜びますが、このような日々が続くのであれば体が持たないと、ゼートゥーア、ルーデルドルフに対し、転属願いを提出し、後方での勤務を希望します。その際に部隊運用の見直しを提案して説得、無事後方に配属されます。
2ヶ月の間、後方での平和な日々を送っていたターニャの元へ電話がかかってきました。ターニャが提案した新たな部隊運用を、ターニャ自身が実践してくれと依頼されます。今後も平和な日々が続くと思っていたターニャは、絶望します。

 


関連コンテンツ
ホビー映画
スポンサーリンク

スポンサーリンク

Tac LIFE academy

コメント