モバイル表示速度遅い改善方法サイト高速化設定Cocoon

スタディ

こんにちはTac^^です。

PageSpeed Insightsが新しくなってモバイルの評価が著しく低下

30代までになりました。

といことで改善策をまとめました。

ちなみに無料最強と言われているCocoonを著者は利用しています。

スポンサーリンク

Cocoonで出来る高速化設定

テーマのみで行える高速化設定は、WordPress管理画面から「Cocoon設定→高速化」メニューを選択してください。

Cocoonの高速化メニューを選択

「サイト高速化」設定画面で、以下の項目にチェックを入れて設定を保存してください。

サイトの高速化設定方法

  1. ブラウザキャッシュの有効化(ブラウザにリソースを保存する)
  2. HTMLを縮小化する(HTMLのサイズを減らす)
  3. CSSを縮小化する(CSSのサイズを減らす)
  4. JavaScriptを縮小化する(JavaScriptのサイズを減らす)
  5. Lazy Loadを有効にする
  6. 変更を保存

ちなみにキャッシュ系のプラグインはほぼ効果がなかったです。

サーバーの応答時間が遅い(TTFB)の改善方法

簡単かつ費用をかけずに「サーバーの応答時間が遅い(TTFB)」を改善する方法を2つ挙げます。

  • サーバーのPHPバージョンを7系に設定する

ブラウザからのリクエストを受け取ったサーバーは、WordPressのページを動的に生成します。

このときの処理はPHPで行われます。

PHPはセキュリティや処理速度の向上のためにバージョンアップが行われていますが、バージョン5系と7系では処理速度が大きく異なります。処理内容にもよるかと思いますが、7系は5系の2倍以上の速度で処理を実行することができます。

私の場合5のままだったので一気に7に変更しました。

処理速度が向上すれば、当然サーバーからのレスポンスは速くなりますので「サーバーの応答時間が遅い(TTFB)」は改善されます。

古くからサーバー契約している場合には5系のままになっている可能性もありますので、サーバーの設定を確認してみてください。

筆者はエックスサーバーを使っていますが、サーバーパネルから操作できます。

Page Speed Insightsの次世代フォーマットの画像配信をWordPressで対応した方法

function.phpで対応する

子テーマのfunction.phpのバックアップを取ってから、以下を追記します。

function custom_mime_types( $mimes ) {
  $mimes['webp'] = 'image/webp';
  return $mimes;
}
add_filter( 'upload_mimes', 'custom_mime_types' );

WordPressでは未対応のファイルのためプレビューは表示されず、「サポートされていないファイルタイプ」と表示されますが、対応ブラウザでは表示されます。

これで30から50まで改善しました。

※phpを7に変えて以下のプラグインが悪さをしたので停止させました

brbr

WordPress Ping Optimizer

コメント