表面も保護する全面iPhoneケース

スマホ
こんにちはTac^^です。ガラスフィルムが壊れたのでフィルムを探していてふと

一体型の全面保護するものにしてはどうかと思ってみた。

今日紹介するのは、

一見すると何の変哲もないアルミ製iPhoneケース。

スポンサーリンク

iPhoneを360度保護できるMonolith(モノリス)シリーズ最新作

「Monolith Alluminio(モノリス アルミニオ)」。

Monolith(モノリス)は、2016年から毎年新作が登場する人気シリーズ。

2016年はTPU素材。

2017年はTPU素材とポリカーボネート素材の組み合わせ。

2018年はガラスとポリカーボネート素材の組み合わせ。

そして、2019年にガラスとアルミニウム合金の組み合わせで満を持して新登場。

今回の新作「Monolith Alluminio」は、シンプルなアルミ製ケースに見えるかもしれないが、実は目新しいギミックが沢山搭載されている。

Monolith Alluminio 目新しいギミック
メーカー提供画像
Monolith Alluminio 360度全方位からiPhoneを包み込む

360度全方位からiPhoneを包み込むように保護してくれる絶対的な安心感

それを支える斬新かつ精巧なケース設計を詳しくレビューしていきたいと思う。

製品仕様はこちら。

  • 製品名:Monolith Alluminio(モノリス アルミニオ)
  • ブランド:Monolith(モノリス)
  • メーカー:株式会社カスタム(東京都港区)
  • 素材:アルミニウム合金(側面)、強化ガラス(画面&背面)
  • ワイヤレス充電:対応
  • Apple Pay:対応
  • カラーバリエーション:ブラック、シルバー、ゴールド
  • 対応機種:iPhone XS/X用、iPhone XS Max用
  • 注意点:
    • マグネットによって上下で挟んで装着する仕様なので、磁力以上の衝撃を受けた時には分離する場合があります。
    • iPhoneの画面や背面に強化ガラスフィルムや保護フィルムを貼り付けている場合は装着できなかったり、ディスプレイ感度が低下するので何も貼っていないiPhoneに装着しましょう。

360度包み込む!絶対的な安心感とスリムなシルエット。

Monolith Alluminio 絶対的な安心感

さっそくiPhoneを360度、全方位から守ってくれる構造と保護力をチェックしていこう。

Monolith Alluminio 前面と背面の2パーツ

ケース自体は、前面と背面の2パーツに分かれている。

Monolith Alluminio 上下のパーツ
メーカー提供画像
Monolith Alluminio マグネットによってくっつく

上下のパーツはマグネットによってくっつくので、簡単にケースの着脱を行うことができるのだ。

Monolith Alluminio 四方

四方からみるとこんな感じ。

Monolith Alluminio 裸のiPhoneと比較

裸のiPhoneと比べてもそれほど変わらないように見えるが、実際使って見ると少し分厚く感じる。

前面と背面には傷に強い硬度9Hのガラス、側面には耐久性のある丈夫なアルミ製バンパーが採用されている。

バンパーケースに画面保護ガラスフィルムと背面保護ガラスフィルムが一体化していると言ったほうが分かりやすいかもしれない。

そう考えると、バラバラで購入するより圧倒的にコスパが高いと言える。

Monolith Alluminio ガラスの透明度

ガラスの透明度は高く、何も付けていないiPhoneと比較しても遜色ない。

ただ、フィルムで貼っているわけでないので埃が入った時にやっぱり気になってしまう。

Monolith Alluminio フラット

iPhoneの突起している背面のカメラレンズは、ケース装着することで同じ高さとなりフラットに。

背面から机に置いてもガタつくことがなくなった。

これは定番だがすごいよかった点だ。

Monolith Alluminio Lightningポート部分

Lightningポート部分には別パーツが用意されている。

このLightningカバーによってホコリを混入するカバーの役割を果たしてくれるうれしい仕様。

ただし、Lightningケーブルで充電する時にはいちいち取り外す必要があるので、ケーブルを使って充電することが多い人は常に外しておくことをおすすめする。

ケーブル派の私は不要だった。

Monolith Alluminio ワイヤレス充電

ワイヤレス充電だとで、Lightningポートカバーはつけっぱなしで使える。

また、ケースを装着したままApple Payの使用も可能だ。

Monolith Alluminio 電波干渉防止用の穴

さらに、背面を取り囲むアルミは高い耐久性を誇るだけでなく、随所に電波干渉防止用の穴が設けられている。

アルミ製ケースだからといって電波感度が落ちる心配はない。

Monolith Alluminio 干渉シート

ケース内側には干渉シートが貼られているので、アルミ素材でiPhoneが傷つく心配もない。

干渉シートは剥がれやすので扱いには注意が必要。

細部にいたるまで、デザイン性と利便性のバランスがとれた設計が素晴らしい。

抜群の操作感を実現!

「Monolith Alluminio(モノリス アルミニオ)」は360度を守る圧倒的な保護性能だけでなく、精巧に設計された使い勝手も大きな魅力。

1週間ほど実際に使ってみたが、非常に使いやすい点がいくつかあった。

まず、スワイプ操作について。

Monolith Alluminio 画面保護強化ガラス
Monolith Alluminio スワイプ操作

側面バンパーと一体になっている画面保護強化ガラスは、タッチ感度を落とすことなく指に吸い付くようにスワイプ操作ができた。

まぁ、ここまでは当たり前の操作性能だろう。

特筆すべきは画面エッジがらのスワイプ。

Monolith Alluminio 画面の端っこからスワイプ
Monolith Alluminio 画面端からのスワイプ

アプリの切り替えやコントロールセンターなど画面の端っこからスワイプする必要がある時、通常のケースであれば、ケースと画面に段差があることによって指のひっかかりを感じてしまう。

この多少の違和感が何度も積み重なることによって、ストレスに感じてしまう人も多いだろう。

しかし、「Monolith Alluminio(モノリス アルミニオ)」は側面から画面にかけての段差がなく、まったくと言って良いほど違和感がない。

まさにストレスフリー!画面端からのスワイプもスムーズだ。

ただ、フィルムの時と裸の時に比べると若干だが違和感を覚える。

さらに、側面と前面が一体になっていることの利点がもう一つ。

ケースとガラスフィルムをバラバラに取り付けるという通常の方法と違って、隙間ができない。

つまり、ゴミが入りにくい。

見た目にも美しさを損なわないうれしいポイントと言えるだろう。

使用を重ねると多少入った。

そして次にボタンの押し心地。

裸のiPhoneを使っているように、ボタンを押した後のはね返りを感じる。

”ボタンを押している感”があってとても心地よいクリック感だった。

ただアルミの削り出しなので、少しかかる感があった。

使用感含め「Monolith Alluminio(モノリス アルミニオ)」を一通りみてきたが、前面と背面でガラス・側面にアルミという構成でフルカバーしている反面、多少の重さは気になった。

とはいえ、めちゃくちゃ重いという訳ではない。

こんな人におすすめ

  • とにかくiPhoneを傷から守りたい人
  • ただiPhoneを守るだけでなく、使い勝手に妥協したくない人
  • コスパの高いiPhoneケースを探している人

コメント