大麻はダメ絶対!医療大麻って?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

今日8月7日、テレビ朝日夕方の『相棒』再放送で、ついにこれまで封印されていた宮部たまき(高樹沙耶)の登場回が再放送された!


スポンサーリンク

大麻はダメ絶対!医療大麻って?

ということで、

都会の隷属者として東京で暮らすわたくし石丸元章氏は、さっそく石垣島で暮らす高樹沙耶さんにコンタクト。

ネットをつないで、再放送や大麻のことなどについて聞いた。

石丸 高樹さん! いつのまにか、ドラマ『相棒』の高樹さん出演回が、再放送されてますよ! 逮捕以来、テレビ朝日は放送を自粛していたと聞いてますが、おめでとうございます。
高樹 ありがとうございます! 逮捕されて「日本タレント名鑑」から名前が消えた時は、少し寂しいものがありました。ネットで調べたら、いつの間にか消えていたんですよ……。
石丸 調べてみたら、『相棒』のHPでは、今回の高樹さんの復帰劇について特に告知してないんですよね。「『相棒』相関図2000-2018」という人物相関図にも、高樹さんの名前は、相変わらず載っていない。高樹さんは、オリジナルキャストで、しかも主人公の杉下右京=水谷豊さんの元奥さんという重要な役。だから逮捕された2016年に「人間相関図」から抹消された時、ファンからのクレームが殺到したと聞いています。
高樹 はい。
石丸 それが、突然、高樹さんが再放送に現れて、しかも女優名が「高樹沙耶(益戸育江)」と! 今回の再放送復帰劇は、今後の本格復活へ向けた大きな出来事ですね。大麻解禁に先駆けて、高樹沙耶が解禁されてしまった――!
高樹 まあ、『相棒』の第1作は2000年ですからね。ずいぶん昔の話ですし、降板してから7年以上も経ちますからねえ。
石丸 ドラマ自体は、来月10月から「season17」が始まるんですね。17て! 時代を越える国民的ドラマです。
高樹 まさか、こんなに長く続くとは思っていませんでした。

石丸 『相棒』のメイン監督は2016年まで和泉聖治さんでしたが、和泉さんて、高樹さんの映画デビュー&初主演作『沙耶のいる透視図』の監督じゃないですか。てことは……やはり今後、高樹さんが女優復帰するのは『相棒』だと思うんですよね、というか、それを希望しています。
高樹 いや~。ああいう辞め方をしましたからねえ。(前々回参照)
石丸 ドラマの中の高樹さんの最後のセリフは、「お店を閉めて、お遍路にでも出ようかしら」―― なんですよ。唐突といえば唐突だけど、設定上死んでるわけじゃない。再登場も可能です。
高樹 可能性があるとしたら……。最終回、右京さんが仕事を辞めて、世界のどこかにいる、たまきに会いに行くということはあるかもしれませんけれど……。
石丸 わたくしの描くシノプシスは――たまきが、大麻が解禁されているアムステルダムで日本料理屋を経営していて、事件に遭う。そこへ偶然旅行にやって来ていた右京と突然の邂逅をする。一皮もふた皮を剥けた高樹さん=たまきを見て、視聴者はびっくりするという流れかな。でも、右京は「変わっていませんね」と、一言。
高樹 万が一、出演依頼があったら、ですが……。でも、そもそもアムステルダムロケなんてないし、今の大麻事情のロケ地としても古い!
石丸 『相棒』じゃなくて、アメリカにも高樹さんに合いそうなドラマがありますよ。2人の息子を養うため、大麻の密売人になる話を描いたアメリカのドラマ『weedsママの秘密』の新シリーズもよさそう。そうした作品に出して欲しいな。

●大麻解禁に関しては、またまた世界のニュースが

高樹 フォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」9月号は、医療用大麻を特集していますね。
石丸 この秋、カナダで娯楽用大麻が解禁されますからね。それに……イタリア、ドイツ、オランダに続いて、イギリスでも医療用大麻が合法化されるという話も。あと、韓国でも解禁の動きがあるようですね。……て、これ全部高樹さんのツイッターで仕入れた情報なんですけど(笑)。高樹さんのツイッターを見ていると、本当に世界は今、大麻を中心に動いているなあという感じがするんですよね。
高樹 活発に情報が飛び交ってるのは私の周りだけですよ。海外のメディアでは連日のように大麻の効果やデメリット、そして解禁の是非を問う報道が流れ、ますが、日本のテレビや新聞はほとんど報じていませんからね。医療用大麻解禁に向けた動きも、見えませんし。
石丸 見えません。ところで、『相棒』の再放送の件は、テレビ朝日からは連絡があったのでしょうか?
高樹 何もありませんでした。トカナの編集担当のHさんから聞いて知ったんですよ。
石丸 再放送されると、出演者には、相応のギャラが支払われるんですか?
高樹 たぶん、入ってくると思います。所属していた事務所経由になるんでしょうけどね。
石丸 いくらくらいなんでしょうか?
高樹 再放送、再々放送、再々再放送とかですし、まだいただけてないからよくわかりません!
石丸 これまでの16シーズン、300話以上がアトランダムに、それぞれ何回も放送されています。計算がややこしそうですね。再放送でDVDやBlu-rayも売れるでしょうから、それは大きそうですね。石垣島では再放送はないみたいですが、この話、聞いたときはどう思われましたか?
高樹  参院選出馬で主張してきた医療用大麻解禁とか、今って実際、凄い勢いで大麻の見方が変わっていて、それが世界の大きな流れになってるとさきほど話しましたが、日本のみんなもわかってきはじめている。そのことが、もしかして再放送の後押しになっているんじゃないのかなあと。それに、医療用大麻問題は覚醒剤問題とは、違いますからね。
石丸 それは、歴然と違いますよね。覚醒剤は危険性の高いハードなドラッグですけど、大麻はいわゆる”ドラッグ” とはちがう、というのが自分の認識です。わたくしは、20年以上も前のことですが、覚醒剤を大量に使用していた青春時代の話を『スピード』(文春文庫)という本に書いているので、大麻と覚醒剤の本質的な違いがよくわかります。清原和博さんについて、どう思われます?
高樹 私は覚醒剤のことを知らないので、何とも言えないんですが……。ただ、お医者さんが処方する薬にだって、覚醒剤に近い成分も含まれているわけですよね。
石丸 近いメディスンもありますよね。メチルフェニデート製剤とか。
高樹 また、ある意味、砂糖やコカ・コーラだって、覚醒剤“みたい”な側面はあると私は思っています。いずれも危険か安全かという線引きが難しくて、LSDや幻覚キノコと言われているものすら、その成分が医療に役立つ面の可能性を否定できなかったりもしますから。
石丸 言いたいことはわかりますけど、砂糖と覚醒剤を同列に語るのはのは無理がある感じがするなあ。
高樹 まあ、その辺りのことを説明するにはこの場では無理かと思いますが、世界の医療、薬、に対する真実は変わってきているわけだから、日本政府だけが、医療用大麻の検討や治験すらも認めないというのは時代遅れになっていると思う。
石丸 そこは同意します。
高樹 そういう点から見ても一度、覚醒剤に手を出したからって、人間ではないような扱いをされて、村八分にされるのはどうかと思います。
石丸 欧米の場合――ドラッグ依存を、”個人が陥っている個人的な問題”として、社会は個人を取り扱います。しかし日本では、”社会規範に対する重大な裏切り行為”として、社会は個人を断罪する。その違いはありますよね。
高樹 清原さんに関しても、覚醒剤は良くないけど、過去のキャリアが台無しになっちゃうようなことなのかなあとも思います。覚醒剤の報道の仕方にも問題があると思いますね、この時とばかりに弱点ばかりをクローズアップする的な……。
石丸 覚醒剤は、極めてコントロールの難しい危険なドラッグだと、自分は思います。大麻とはぜんぜん違う。そこは大きく分けて考えた方が良い。一方で自分は――個人としては、覚醒剤や大麻に限らず、タバコやアルコールや他の物質でもなんでも、“体内に物質を入れて精神状態を変える”という行為自体は、非常に文明的なことだと思うんです。もちろん、違法薬物に手を出すことはよくないことですが、精神の営みのひとつだという。
高樹 サブリミナルでもVRでも人の脳を刺激することはできますが、とくに法規制はありませんよね。だから、一定のものだけを悪と決めつけるのはどうかと思います。二元論で決めつけて、何かを隠したりすることは、決していいことではないですよ。どのような効果があるかを、みんな知ることが大切ですからね。
石丸 そうですね。大麻が良い悪いの主張はともかく、みんなが大麻に関するちゃんとした知識を得ることが一番重要ですね。
高樹 大麻は脳をおかしくすることはないけれど、覚醒剤はおかしくすることもある。そういうことを知ったほうがいいと思うんです。LSDはこんなふうになります、マジックマッシュルームはこんなふうになります……というふうな、今わかり得る真実の情報の開示や説明がほしい。

と言うわけで―― 夏が終わり、もう秋です。切ないなあ、秋。少しアンニュイ。また次回~!

石丸元章(いしまる・げんしょう)
1965年8月9日、千葉県生まれ。作家、ライター。高校在学中にライターデビュー、人面犬ブームの仕掛け人。著書に『スピード』『アフター・スピード 留置場→拘置所→裁判所』『平壌ハイ』『神風』(すべて、文春文庫)など多数。近作に『霊園にて- bpm198』(東京キララ社「ヴァイナル文學選書 第一弾」)
・@chemical999

参照:https://gunosy.com/articles/RFP50



◎高樹沙耶(たかぎ・さや)
1963年8月21日、静岡県生まれ。

元女優、元作詞家、石垣島のキャンピングロッジ 「虹の豆」オーナー。

1983年に主演映画『沙耶のいる透視図』で女優デビュー、映画&ドラマシリーズ『相棒』ほか、数多くの作品に出演、人気を呼ぶ。

著書に『贅沢な暮らし—衣食住が育む「心のラグジュアリー」』(エクスナレッジ)、『ホーリープラント 聖なる暮らし』(明窓出版)ほか

日本における大麻

今、大麻が危ない!

参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000193406.html

大麻は脳に影響を与える違法な薬物です!
間違った情報に流されず、正しい知識で判断しましょう。

■ 大麻に含まれる有害成分、THC (テトラヒドロカンナビノール) は、幻覚作用や記憶への影響、学習能力の低下等をもたらします。

(注意報!) 大麻の乱用が拡大しています


■ 大麻事犯の検挙人員は、平成26年以降、3年連続で増加しており、乱用が拡大している状況です!

■ 押収される大麻は、植物片や大麻樹脂以外にも、有害成分を濃縮した粘性の物質や、食品の形状をしたもの等、様々なものが出回っています。

一見すると大麻には見えない物質でも、大麻取締法で規制されている物質もありますので、怪しい薬物には絶対に手を出さないでください。

大麻は安全? 大麻について誤解していませんか?


■ 大麻 とは、 大麻草(カンナビス・サティバ・エル)、 及びその 製品 をいいます 。

■ ただし、 大麻 草の成熟した 茎、 及びその 茎から作られる 繊維 等 の 製品 (樹脂を除きます。) と、 大麻 草 の種子 及びその 製品 は 規制対象 から除かれます。


大麻取扱者について(第2条)


■ 大麻取扱者とは、『大麻栽培者』 及び 『大麻研究者』 のことをいいます。
■ 『大麻栽培者』 とは、都道府県知事の免許を受けて、繊維若しくは種子を採取する目的で、大麻草を栽培する人のことです。
■ 『大麻研究者』 とは、都道府県知事の免許を受けて、大麻を研究する目的で大麻草を栽培し、又は大麻を使用する人のことをいいます。

禁止行為(第3条、第4条)


■ 大麻の栽培、所持、譲受・譲渡等は原則禁止です。

我が国では、都道府県知事の免許を受けた大麻取扱者のみが大麻の栽培、所持、譲受・譲渡等を認められており、大麻取扱者以外の者がこれらの行為を行った場合は罰せられます。

なお、 研究のための使用は大麻研究者のみ可能です。

■ 大麻から製造された医薬品の施用は何人も禁止されています。
■ 研究であっても、医薬品の開発を目的としての人への臨床試験は認められていません。

※  ただし 、大麻の主成分である THC (テトラヒドロカンナビノール)を 含む、 化学 合成 したカンナビノイド (大麻成分の総称)は麻薬 及び向精神薬取締法上の 麻薬であるため、 研究は可能です 。

※ THC は大麻の葉や穂に含まれ 、幻覚作用、記憶への影響、学習能力低下等 を 生じさることがわかっています。

※  最新の研究で、 THC が、 人体における神経回路の成長阻害作用 を有することが明らかとなっています。

■ 罰則 (法第24条、24条の2)

医療大麻(いりょうたいま、Medical Cannabis, Medical Marijuana)

医療マリファナとは、大麻に含有されるテトラヒドロカンナビノール (THC) やその他のカンナビノイド、あるいは、それらに類似した構造を持つ合成カンナビノイドを利用した生薬療法である。

医療を目的とすることであって、大麻の種類ではない。

アメリカ合衆国では2017年夏時点で全50州中、首都ワシントンDCと29州で使用でき、他にカナダ、オランダ、オーストリア、イスラエル、スペイン、フィンランド、ベルギー、イギリス、ドイツ、オーストラリア、コロンビア、ジャマイカなどで認められている。

通常、大麻の使用には処方箋が必要になり、地域的な法によって販売(配給)の方法が異なる。

大麻の医療利用について研究が進められている。

アメリカでは、食品医薬品局(FDA)と麻薬取締局(DEA)は「大麻には医療価値はない」との見解を示しているが、各州法によって医療大麻薬局から合法的に医療用大麻を利用できる。

医療大麻には数多くの銘柄があり、含有されるカンナビノイドの配合比率が多様であるため、効能や薬理作用が異なり、したがって異なった多くの症状に特化して処方されている。

アメリカ合衆国では、腰痛、消耗症候群、慢性痛、末期エイズ患者の食欲増進、ガンの化学療法に伴う吐き気の緩和などのために処方されている。

多くの場合、乾燥大麻として処方され、摂取方法としては喫煙であり、嗜好品としての大麻と同様にパイプにつめてから燃焼させて成分を吸引する。

2010年代に増えてきたのは、大麻オイル、ヴェポライザー(英語版)や電子たばこといった新しい技術である。

ドロナビノールは、大麻の主成分であるデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(デルタ-9-THC、以下通称のTHCを用いる)であり、マリノールという製品名で医薬品として管理され販売されている。

合成カンナビノイドのナビロンは、欧米でセサメットという製品名で販売されている。大麻抽出成分を含有するナビキシモルスは、サティベックスという商品名で、カナダやイギリスにて医薬品として処方されている。

これらの合成カンナビノイドや大麻抽出成分医薬品は、法律において大麻とは異なる規制管理下に置かれている。

日本では、大麻草は大麻取締法が規制し、含有されるTHCは麻薬及び向精神薬取締法の規制により、医療目的であっても使用、輸入ならびに所持は禁止されている。

2013年ごろから日本で規制されていない、大麻の茎や樹脂からとれた成分カンナビジオール (CBD) を含むオイルが日本に輸入されるようになっている。

CBDの医療効果にもまた期待が寄せられている。

2018年にはアメリカでCBDの医薬品エピディオレックスが承認された。


関連コンテンツ

スポンサーリンク