留学をして芸能界から消える?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

今年8月にタレントのウエンツ瑛士(32)が、10月から1年半イギリスへ留学すると発表。

日本での活動を休止して、ロンドンで舞台を勉強する。

留学を発表する芸能人は意外と多いが、留学を機に芸能界から消えてしまった芸能人もいる。


スポンサーリンク

留学をして芸能界から消える?

2016年4月に活動の拠点をアメリカ・ニューヨークへ移すと発表した、ピース・綾部祐二(40)もその内のひとりだ。

昨年10月からニューヨークへ移り住んだ綾部は、自身のInstagramへアメリカを全力で楽しんでいる様子を公開。

女子大生の卒業旅行のような投稿に最初は注目が集まったが、徐々にメディアへ取り上げられることは無くなった。

とはいえ、インスタグラムにあげた写真は2万を超える「いいね」がつくなど、まだまだ世間からは忘れられていない様子。

渡米する前に「コメディアンとしてやりながら、最終的な目標はハリウッドスター」と明かしていた綾部だが、花開く日は来るのだろうか。。。
元AKB48・大島優子(29)は、火消しのために海外へ姿をくらませたと言われている。

去年6月に大島は、「AKB選抜総選挙」で結婚宣言した元NMB48・須藤凜々花(21)への批判動画を公開。

動画内で大島は「結婚発表ね。何考えているのかしら?」「この帽子が、きっと私のすべての言葉だと思うの」とコメントし、“FUCK”と書かれた帽子を画面へ差し出した。

すると、「ひたすら下品」「結婚の子も無いけど、これも無いわ」と大炎上。

大島は「不適切なコメントをして申し訳ございません」と謝罪している。

その後、大島は留学を発表して渡米した。

しばらく音沙汰がなかったが、来年1月から上演される舞台『罪と罰』への出演が決定。

このニュースが拡散されると、ネット上からは「存在忘れてたわ」「もう引退していいのに」といった手厳しい声が上がっている。
2005年から、“セレドル”(セレブなアイドル)として活躍したマリエ(31)も留学を機に姿を消している。

マリエは11年3月19日に、自身のTwitterへ「くだらね、世の中チャリティ産業かょ!?」「こっちはいろんなところから募金です金くださいって れんらくがたえなくってこまってんだよ! もー! だれもしんじらんない! みんなだいっきらい!」(原文ママ)とツイート。

東日本大震災の直後に行われた、有名人たちの支援活動に苦言を呈していた。

その後ブログで謝罪したマリエだったが、テレビの仕事が激減。

11年10月に、ニューヨークにある美術大学への留学を発表。

翌12年に半年間の留学から帰国していたことを明らかにした。

だが、全く話題にならず仕舞い。

しかし今年4月に『有吉ジャポン』(TBS系)へ出演した際は、「懐かしいなあ!」「こんな人いたね! 今何してんだろ」と少し話題になった。
画像は、「ハロー! プロジェクト」オフィシャルサイトより

元モーニング娘。の鞘師里保(20)は、2015年のグループ卒業後に留学を発表して忽然と姿を消した。

ダンスと英語を勉強すると言って海外へ旅立った鞘師。

しかし留学先から音沙汰は無く、ファンは現在の鞘師を知ることができずにヤキモキしていた。

しかし今年6月、元モー娘。の新垣里沙(29)がブログに鞘師とのツーショットをアップ。

久しぶりの鞘師を見たファンからは、「帰国してたの!?」「ううう、やっぱり鞘師が好きだ…」「鞘師ぃぃぃぃい!」と歓喜の声が上がっていた。

しかし、新垣は鞘師とのツーショットをその日の内に削除。

ネット上からは「事務所は鞘師を使ってなんかやろうとしてるのか?」「まさか復活とか?」「事務所が鞘師を表立たせない理由って何?」といった声が上がっている。


関連コンテンツ

スポンサーリンク