RENA引退?朝倉カンナに負け休養宣言

スポーツ

こんにちはTac^^です。

女子スーパーアトム級GP初代女王の浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)が“ツヨカワクイーン“RENA(27=シーザージム)を返り討ちにした。


スポンサーリンク

RENA引退?朝倉カンナに負け休養宣言

昨年末のGP決勝の再戦となったメインカードで3-0の判定勝ち。

男子格闘技界の「神童」那須川天心(19)との交際も明らかになったばかりの若き女王が、共闘で勝利をつかんだ。



勝利を喜び合いたい人は、リング下からずっと声を張り上げてくれていた。

勝ち名乗りを受け、浅倉が向かった先には那須川がいた。

「しっかり声は聞こえていました」。ねぎらうように頭を軽く手でたたかれると、会場からはさらなる歓声で祝福が届いた。

「自分が強くなるスピードよりも、RENAさんの強くなるスピードの方が速くて、すごく焦りました」。

昨年末、下馬評を覆して1回失神KOであこがれの先輩を下した。

それから7カ月。

対策を積んできた相手に苦しんだ。

タックルを決めても、腕を取っても、寸前で逃げられる。

逆に肘を顔面に落とされた。

ローキックを受けた右ももには足跡が残った。

ただ、折れなかった。

レスリングを下地に17歳でプロデビューし、磨いた寝技でしつこく食らいついた。

打撃にも臆せず、終始絡み続けた。3回には逆に肘を落とす強気も見せ、連勝につなげた。

「声が聞こえる所にいてほしい」。那須川にお願いした。

17年正月の食事会で意気投合して交際を始めた。

ともに国内格闘技界で名前が知られるようになり、ディズニーランドのデートは帽子を深々かぶって1回だけ。

同世代のカップルより制約はあるが、強さの追求で共鳴してきた。

ジムは違うが、「心強いです。互いに高め合っているのを見てほしかった」。

この日も「前蹴りくるぞ!」など、大きな助言が届いた。

今でも試合前には夢を見る。

「今回は船に何人か乗っていて、音を立てたら殺されるみたいな」。

毎回恐怖の夢だという。

心理は正直、それでも打ち勝ってきた。

「RENAさんはあこがれですけど、でも、超えなきゃいけない選手で、今回の試合はものすごく複雑でした。勝ったからにはもっと上の選手とやり合えるように、壁を乗り越えてやっていきたい」。

支え合いながら、戦い抜いていく。

女子スーパーアトム級GP初代女王の浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)が、3度目の対戦を断る意思をみせた。

試合後に報道陣から質問を受けると、「もう一丁は断ります」と毅然(きぜん)と述べた。

5月の福岡大会では、勝利のリングにRENAが登場し、再戦要求された。

自身の試合展開も良くなく、「もじもじしてしまった」と明瞭に意思を示すことができず、最終的には受託する形になった。

総合格闘技を始めたきっかけになったのがRENAで、「今回もすごく複雑で…」と心理面で苦しむ部分があった。この日で2連勝と飾り、次は違う方向に向かいたい。

「RENAさんのおかげでメインもできた。まだまだあこがれの選手ですね」と敬意は変わらない。

「ここを乗り越えたからこそ、壁にぶち当たってくる。それをモチベーションに頑張りたい」と今後を見据えた。


スポンサーリンク

引退宣言?


一方RENAは浅倉との再々戦について「すぐにはできないと思うので。私の成長レベルは今日の試合でいえば成長しているので、受けてくれたら次は負けないぞと。でも、私もいろんな選手と戦いたいし、海外にも挑戦したい。浅倉選手にこだわらず、そういう面も考えていったん格闘技から離れようかなと思います。休みます」と答えた。

「ツヨカワクイーン」RENA(27=シーザージム)から休養宣言が飛び出した。

昨年の大みそかに敗れた浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)に決定機こそ与えなかったが、蹴りにひるまない相手タックルに3度のテークダウンを奪われた。

0-3の判定負けにも「短期間で自分が思っている以上の成長ができた」とうなずいたが、今後の予定については「1回、格闘技から離れたい。普通の女性に戻りたい」と語った。

コメント