映画エウレカセブン内容1部2部3部

ホビー

こんにちはTac^^です。

2017年から1年ごとに1作ずつ全3部作として上映予定。

テレビ版をベースに、明確に描かれなかった「ファースト・サマー・オブ・ラブ」の詳細などを描いた新作映像を挿入し、「新たなる物語」として再構築する。


スポンサーリンク

映画エウレカセブン内容1部2部3部

第1部「1」は2017年9月16日より公開。第2部「2」は2018年秋より公開予定

配給は前作『ポケットが虹でいっぱい』の東京テアトルから、ショウゲートに変更された。

メインスタッフには脚本に佐藤大が復帰、テレビ版で度々サブタイトルとして用いられた「アクペリエンス」の原曲を作った独テクノユニットHardfloorが新曲「Acperience 7(アクペリエンス・7)」を提供する。

キャストは概ねテレビアニメ版と同一だが、第1部のホランド役は前年より休業中の藤原啓治に代わり森川智之が担当、三賢人の一人であるクゼミ役の大木民夫も同じく休業中だったため岩崎ひろしが担当し、ウーノ役は鈴木勝美から竹田雅則へと声優が変更されている。またレントンの父・アドロックに初めて声の配役が成される(古谷徹が担当)。

1部評価

最初と最後は新録

その間はテレビシリーズの使い回し

画面サイズが急に変わってしまうからげんなり…

使い回しも時系列もバラバラにつぎはぎにつぎはぎを重ねてしまっていてどうなんだろう…

きっとテレビシリーズ見てない人間には何がなんだかわからないはず

けど、知ってる人間からしたらベスト3には入る名場面だから嬉しかった

肝心の新録部分…

キャストの声も原作から変更されてしまっていたり

描写が完全にエヴァ化(元から設定似てるけど)

してたりもするけど、やっぱワクワクするのがエウレカの偉大さ

劇場版の流れとか、エヴァの新劇場版と同じパターンなんだな

これまでアニメはエヴァ一択と思ってたけど、なんだかんだでエウレカも好きになってきた

泣けるシーンで言ったらエウレカのが断然多い(エピソード数も違うけど)

2部内容

2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」を新たによみがえらせた劇場版3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の第2部が、「ANEMONE 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のタイトルで11月10日から公開されることが決定した。あわせて、ビジュアルと特報映像も披露された。

「交響詩篇エウレカセブン」は、大災害から世界を救った英雄アドロック・サーストンの息子レントンが、巨大ロボット・ニルヴァーシュを操る謎の少女エウレカに出会ったことをきっかけに、“世界の真相”を知っていく姿を描いた。劇場版3部作「ハイエボリューション」は、テレビシリーズのストーリーを再構成し、新作映像と再撮影映像を交え、すべてのセリフも再構築。作中で何度か言及されてきた過去の大事件「ファースト・サマー・オブ・ラブ」を初めて映像化し、新たな物語を紡ぎ出す。

3部作の第2部「ANEMONE」は、シリーズ初の東京を舞台に、父を亡くした少女アネモネの“魂の軌跡”をつづる。世界を救うために、戦場に投入されたアネモネは、26億人を死に至らしめた絶望の存在“7番目のエウレカ=エウレカセブン”と戦うことに。さらにアネモネとエウレカが出会う時、“真の世界”が明らかになる。

このほど公開されたビジュアルは、業火に包まれる東京の上空に、シリーズ史上最大級のニルヴァーシュが舞い降りる瞬間を切り取っている。特報映像は、エウレカセブンとニルヴァーシュの戦闘シーンを収録。また終盤には、幼いアネモネが涙する姿も映し出される。

「ANEMONE 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のムビチケカードは、7月20日から発売される。価格は1500円(税込み)で、数量限定特典としてオリジナルクリアファイルが付属する。

る。

コメント