明石家さんま中居正広共演NG

エンタメ•ゴシップ

こんにちはtacです。

明石家さんまが企画・プロデュースしたドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(Netflix)に、元SMAPの木村拓哉が出演していることがわかった。

同ドラマで木村は、若き日のさんまの先輩芸人役を務めているという。


スポンサーリンク

明石家さんま中居正広共演NG


ジミー大西の半生を描いた『Jimmy』は当初、さんま役を小出恵介が務めていましたが、昨年、未成年女性との飲酒疑惑が報じられ、芸能活動を休止。

ドラマは急きょ、撮り直しとなり、代役には玉山鉄二が起用されました。当時、ラジオでさんまが、木村から『代役、オレやりましょうか?』と言われたという話を披露していましたから、その関係で今回の出演することになった。

木村はさんまを“オジキ”と呼ぶほど慕っているため、ドラマの撮り直しというピンチに、今回は手を差し伸べたのかもしれない。

そんな木村と絆を深める一方、さんまと距離を置いていると思われるのが中居正広。

7月14日に放送された音楽番組『音楽の日2018』(TBS系)にて、さんまと大竹しのぶがデュエット曲を披露。

しかしなぜかその時だけ、司会を務める中居の姿が消える事態が発生。

そのため歌唱中、さんまが『中居、呼んでこい!』と吠える一幕があった。

この2人といえば、16年の『27時間テレビ』内の『さんま・中居の今夜も眠れない』(フジテレビ系)にて、さんまが中居にSMAP解散に関する質問を繰り返したことで、ジャニーズ事務所が激怒したと一部が報道。

以後、この番組は打ち切り。

さんまとトークさせることで、ブラック体質が明るみになることを恐れた事務所が、絶対的な共演NGの状況を作っている可能性がある。

さんまと中居がテレビで共演する姿は、もう2度と見られないかもしれない。

コメント