RADWIMPS野田洋次郎謝罪歌詞が問題?

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が話題になっている件について6月11日、ボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんが自身のTwitterでコメントを発表。

「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」などと謝罪している。



スポンサーリンク

RADWIMPS野田洋次郎謝罪歌詞が問題?

「HINOMARU」は6日に発売したニューシングル『カタルシスト』に収録されているカップリングソング。

<風にたなびくあの旗に/古(いにしえ)よりはためく旗に>というフレーズから始まる同楽曲。

<この身体に流れゆくは/気高きこの御国の御霊>や、

<さぁいざゆかん/日出づる国の/御名の下に>といった、

愛国心を思わせるフレーズがちりばめられている。

この歌詞に対して、ネット上では

「愛国歌と同じセンスで少しゾッとした」

「国に誇りを持つということの難しさについて、ちょっとあぶないぞと思った」

といった声や、

「フジテレビのW杯サッカーのテーマ曲だから普通に日本を背負って試合に向けての闘志みたいな意味じゃないの?」

「RADらしくないってなんだよ、RADが作ったんだからRADなんだよ」

などさまざま意見が飛び交っていた。

そんななか、きょう6月11日に野田さんがTwitterを更新。

英語と日本語で、「HINOMARU」の歌詞が話題になっていることについて、自身の思いを綴った。


以下、全文を掲載する。

I hate violence. I hate war.
Every time I mention something about our history, I try myself to express that. And not to go backwards, but to go forward. Some people has claimed that the song Hinomaru is an Army song. The answer is, It is not. Never.
There are no specific words in the song related to it. This song is not made to attack anyone who is in any kind of posistion or nationality.
The song Hinomaru does not express any cheering of war or violence. The lyrics is to cheer and encourage the people living in Japan although we have great earthquakes, a huge tsunami, a big typhoon, and all the other disasters. The song is to unite and to hold our hands tightly as one homeland. I apologize if there were any fans who were hurt from this song.
Some of the words were written in traditional Japanese (I do that in many songs) and maybe that was one of the reason made you feel that way.
This is my truth. No lies, not even a single lie. I’ll prove that with my actions and my career in the future. Hope you’ll understand. I’ll keep trying my best, to be the positive energy for you and this world. To be the change and to be the piece of “Peace”,always.
Love

戦争が嫌いです。暴力が嫌いです。どんな国のどんな人種の人たちとも、手を取り合いたいです。
終戦記念日やその他の歴史的な事柄を語る時、アジア各国でライブをする度、僕はなるべく自分のメッセージを伝えてきたつもりです。
時代に逆行するのではなく、前進しようと。二度と繰り返してはいけないと。
HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。
ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。
そのような具体的な歌詞も含まれてません。この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。
日本の歌を歌う上で歴史の上に成り立っているこの今の僕ら、その想いものせたかったので古語的な日本語を用いたのも一つの要因かもしれません。僕は色んな曲で古語を使うので自然な流れでした。
色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした。これが僕の気持ちです。一つの嘘もありません。これからのキャリアや行動でもそうであることを証明していくつもりです。
どうか、皆さんに伝わりますように。
この先も、僕なりに自分のメッセージを伝えていきます。音楽で、活動で、この世界のプラスになるエネルギーとなれるように頑張ります。

一つの意思表示である音楽がこんなに批判されるのはどうなのかと私は思う。

単に色々な意見があるのは良いことではあると思うが、

批判の大半が押し付けのような意見が多いと私自身感じる。

各個人がどう思ってどう感じたかは大事だ。

ただ、簡単に批判だけをする輩は好きではない。

お互いの意見はしっかり理解している状態での物議であればより良い建設的な意見に繋がって行くのではないかとこうゆう記事を見て聞いて毎回思う。

歌詞

HINOMARU

歌手:RADWIMPS
作詞:野田洋次郎
作曲:野田洋次郎

風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に
意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに

胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く
この身体に流れゆくは 気高きこの御国の御霊

さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は 挫けなどしない

胸に優しき母の声 背中に強き父の教え
受け継がれし歴史を手に 恐れるものがあるだろうか

ひと時とて忘れやしない 帰るべきあなたのことを
たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ

さぁいざゆかん 守るべきものが 今はある

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの沸(たぎ)る決意は 揺らぎなどしない

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は 挫(くじ)けなどしない

僕らの沸(たぎ)る決意は 揺らぎなどしない

曲はこちらから



関連コンテンツ

スポンサーリンク