加藤シゲアキ謝罪小山慶一郎に続き

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

6月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた、NEWS・小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)による未成年女性への“飲酒強要”騒動。

もともとはネット上に「◯◯ターゲット! ◯◯ターゲット! の・み・ほ・せ!」と、小山が相手女性へ一気飲みをうながす音声データが拡散され、ファンの間で加工ではないかと話題になっていたが、『週刊文春』の取材にジャニーズ事務所は「音源にあるようなやり取りがあったことは認識している」と回答。

小山と加藤が未成年女性と同席していたことを認めた。


スポンサーリンク

加藤シゲアキ謝罪小山慶一郎に続き

これを受けて、小山はキャスターを務める同日放送の情報番組『news every.』(日本テレビ系)に、番組冒頭のみ出演。

日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(46)が「番組の冒頭ですが、ここで小山キャスターから一部週刊誌報道について、視聴者のみなさまにご説明させていただきます」と前振りし、黒いスーツとネクタイを身にまとった小山が謝罪。

小山は、相手女性の年齢を20歳だと認識していたが、報道により未成年と知ったとコメント。しかし、一気飲みをうながしたことは事実で、キャスターとしては不適切なため、当面番組へは出演せず、タレント活動も自粛すると発表。

横に立つ藤井アナは「しっかりと反省し、自分を見つめ直してほしいと思います」「そして、その先に見違えるような変化を見せてもらいたい!」と叱責。小山は頭を下げ続け、そのまま長いCMに入った。

CM明けは“紀州のドン・ファン”の話題になり、小山が登場することはありませんでした。

ジャニーズといえば、4月にも同じく未成年女性への飲酒強要で山口達也(46)が震えながら謝罪会見を行ったばかり。

45分間に渡り説明と謝罪をした山口と比べると、小山の謝罪は大人の対応としていささか頼りなさを感じます。

藤井アナは“許されるものではありません”と叱っていましたが、さっそく復帰を期待するような声をかけていたのも逆効果だったのではとも思います。

NEWS結成15周年を記念するこの時期に、最悪なニュースを持ち込んだ小山にはもっと反省してもらいたいというファンは少なくないようだ。

小山の生番組での謝罪は大きな注目を集めていたが、キャスターを降板せずに、復帰すら匂わす対応にネットでは不満の声が続出。

「せめて無期限見合わせと言おうよ。なにが当面お休みだよ、夏休みかよ」

「芸能界は復帰してもいいと思うけど、ニュース番組は降りてほしい」

「それで終わり? いきなり帰ってこさせようとする?」

と厳しい意見が目立つ。

一方、加藤シゲアキは?

ジャニーズ事務所から厳重注意処分を受けたNEWSの加藤シゲアキ(30)が8日、金曜レギュラーを務めるTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演し、「深く反省しております。情報番組に関わる者として自覚が足りなかった」と騒動を謝罪した。

黒のスーツ姿で出演した加藤は「私事で申し訳ございません」と切り出し、「飲食店で同席していた20歳とお聞きしていた女性が当時19歳であることが分かりました。お飲み物をあおるような掛け声を制止することができず、深く反省しています」と説明。

「深く反省しております。情報番組に携わる者として自覚が足りなかった」と謝罪し、深く頭を下げた。

最後は「自分に失望しています。2度とこのようなことが起こらないように自覚を持って行動していきたい」と誓った。

ジャニーズ事務所が発表した文書によると、小山と加藤の2人は、相手女性から年齢を「20歳」だと告げられていたといい、当日も参加者の中に未成年者がいるとは認識していなかった。

小山には「猛省を促すべく一定期間の活動自粛」とし、また小山に呼ばれていた加藤についても「特段の制止行為に及んでいないこと等に鑑み、厳重注意で書面による反省を促す」と処分を発表していた。

なお、日本テレビは7月にスタートする連続ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」に加藤が予定通り主演することをすでに発表している。


関連コンテンツ

スポンサーリンク