広瀬香美仕事できるのか?彼女の性格の問題?自己啓発セミナー

LINEで送る
Pocket

こんにちはTac^^です。

シンガー・ソングライターの広瀬香美(52)がSNS上で所属事務所「オフィスサーティー」とのマネジメント契約を終了したと発表したことを受け、芸名の広瀬名義での活動禁止などを求めた同社社長、平野ヨーイチ氏(63)が1日、都内で会見した。


スポンサーリンク

広瀬香美仕事できるのか?彼女の性格の問題?自己啓発セミナー

平野氏によると、今年2月28日に広瀬から事務所の代表を代わってほしいと要請があったという。

近年は1000人規模の会場でも半数ほどの客入りだったことに広瀬は「このままではアーティスト生命が終わってしまうという心配がある。私が采配をふるえば『ロマンスの神様』時代のスターに返り咲けるだろうという思いがある。3年前から考えていた」と話したという。

会見中、平野氏は『争いたいとか揉めたいわけでなく、話し合いの席を設けたい』としていましたが、一方で『ご存じのように、(最近の広瀬は)ヒットが出ていません』『7年間のうち、マネジャーが28人も辞めた』と、“恨み節”を連発。

さらに、ライブ会場として使用していた『ビルボードライブ東京』を出禁になったことも暴露。

その理由について、『広瀬が昨年のコンサート本番中、お客さんをからかい、その方が泣いて帰ってしまった。ビルボードがそれに激怒した』とも明かした。

また、近年広瀬について「様子が変だと感じることはなかったか?」と問われた平野氏は、「あります」と言い、「自己啓発セミナーが……」とポロリ。

同席した弁護士から「聞いてないです!」と制止され、すかさず「独り言です」と自らフォローする一幕も。

あと、広瀬が新人の女性マネジャーに対し、パワハラまがいの言動を取っていたのではと、言及。

なんでも彼女は、広瀬から肩を殴られたことが原因で退社。

一方的に独立宣言したという意味では、明らかに広瀬側が悪いものの、『平野氏も何でもかんでも話しすぎではないか』と感じる記者は少なくなかった。

約30年間、一緒に歩んできた平野氏は「いきなり後ろから殴りつけられたような話」と嘆いた。

「『ロマンスの神様』のあと、一気に性格が変わった。わがまま放題で。ここ8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」と話し、広瀬が自己啓発系セミナーに顔を出していた近況を明かした。

平野氏は広瀬の希望通りに業務を仕切ってもらい、1年後に業績が上向いた段階で代表を代わることを提案。

だがしかし、広瀬は「登記上も今すぐ代表取締役じゃないとやる気がしない」と拒否。

話し合いは4回に及んだが平行線のまま、5月28日に広瀬が独立を発表。

芸名については、命名した平野氏に権利がある旨を含んだ覚書をデビュー時に作り、広瀬もサインしていると説明。

芸名を使った活動禁止を主張しているのは「話し合いが進まないため、いったんフリーズしよう、ということ」と対話を求めた。

しかし、広瀬香美として仕事はできそうだと

芸能トラブルに詳しいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士。

広瀬が芸名を使用し、法廷闘争に発展した場合について「事務所が損害賠償請求したとしても認められる可能性は低い。現時点で芸名の商標の権利は発生しておらず、契約書の記載を主張しても独占禁止法にかかって無効になる可能性が高い」と指摘。

一方的に広瀬が契約解除の通知を送ったことには「所属期間が20年以上と長く、本人に投じたお金を十分回収したと見なされて契約解除できる可能性が高い」と説明。

「事務所は法的に不利だし、広瀬さんもトラブルのイメージがつくという意味で不利。何らかの形で和解するのでは」と予測した。


関連コンテンツ

スポンサーリンク