ブルーノート攻撃PCを壊す音危険?Windowsは注意が必要?

PC

こんにちはTac^^です。

セキュリティ企業のESETは、ハードディスク搭載PCをクラッシュさせる音響攻撃「ブルーノート」に関して注意を呼びかけた。

PCのスピーカやPCの近くに置かれたスピーカからある種の音を流すだけで、PCを使用不能な状態に陥れられるという。

なお、攻撃を受けるのはハードディスクなので、SSDのみを搭載しているPCはクラッシュしない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブルーノート攻撃PCを壊す音危険?Windowsは注意が必要?

この攻撃は、ミシガン大学と浙江大学の研究チームがデモンストレーションしたもの。

音楽である音程を意味する用語“ブルーノート”と、Windowsのクラッシュ画面“ブルースクリーン”から、ブルーノート攻撃と呼ばれるようだ。

研究チームによると、音の振動でハードディスクの読み書きヘッドとプラッターがそれぞれ振動し、振幅が限界を超えるとハードディスクそのものが損傷したり、ソフトウェアが誤作動したりして、ファイルシステムが破壊されクラッシュやリブートに至るという。

攻撃を実行するにあたり、特殊な装置は必要ない。

PCの内蔵スピーカや近くにあるスピーカから攻撃用の音を流すだけで、ハードディスクにダメージを与え、結果的にPCをクラッシュさせられる、としている。

ブルーノート攻撃の対象は、スピーカとハードディスクが組み合わされたシステムであり、PCに限定されない。

例えば、撮影した映像をハードディスクへ記録する監視カメラなども標的になる。

悪用されればいろいろなところに支障をきたしそうだ。

コメント