W杯日本代表メンバー決定3人落選その理由は?最高齢チーム?

スポーツ

こんにちはTac^^です。

日本サッカー協会(JFA)は31日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた本登録メンバー23人を発表。

ガーナ戦に招集された26人から、MF三竿健斗(鹿島アントラーズ)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、FW浅野拓磨(ハノーファー)が落選となったが、西野朗監督はその理由について「現時点でのトップパフォーマンスではなかった」と説明した。

スポンサーリンク

W杯日本代表メンバー決定3人落選その理由は?最高齢チーム?

日本代表は30日、ロシアW杯前の国内ラストゲームでガーナと対戦。3-4-2-1、3-4-1-2、4-4-2と3つのシステムを試したが、西野監督の初陣を飾ることができなかった。

日本代表は前日のガーナ戦(0-2)のスタメン平均年齢が「29.5歳」と高く、ロシアW杯に向けてベテランの経験を重視した起用が浮き彫りとなっていた。

そうしたなか、この日発表されたW杯メンバー23名の発表で、落選したのは23歳の浅野拓磨(ハノーファー)、22歳の三竿健斗(鹿島アントラーズ)、21歳の井手口陽介の20代前半の若手3選手。

よりベテランがチームに残る形となった選考について問われた西野監督は、「実績のある、経験値のある選手だけではないと思っています」としながらも、「若い選手、これからのサッカーを担っていく選手たちは、もっとそういう選手たちを超えることを考えなければいけない」と、若手に実績豊富なベテラン勢を上回る決定打が少なかったことを示唆した。

「今、経験値のある選手たちも、非常に良いパフォーマンスをしているので、そういうバランスを取ったチーム編成をできるのが理想だとは思います」

W杯6大会の日本代表メンバー「平均年齢」

 招集全メンバーの平均年齢は、ガーナ戦の「27.5歳」からさらに上がって「28.2歳」に。これは過去5大会の平均年齢と比べても、最も高くなっている(過去5大会の平均年齢はW杯開幕時点のもの)。

[W杯6大会の日本代表メンバー平均年齢]
1998年フランス大会:25.3歳
2002年日韓大会:25.3歳
2006年ドイツ大会:27.2歳
2010年南アフリカ大会:27.8歳
2014年ブラジル大会:26.8歳
2018年ロシア大会:28.2歳

奇しくもこれまでの“最年長”だったのは、海外開催のW杯で初めてベスト16進出を果たした10年南アフリカ大会の「27.8歳」だった。

西野監督は選手の“経験値”を信じ、「歴代最年長チーム」でロシアW杯での躍進を狙うことになった。

苦難のスタートとなった翌31日、西野監督は本大会に臨む23人を発表。

26人の“候補”のなかから、三竿、井手口、浅野が外れる格好となった。指揮官は3人を「非常に有望な若手」と評価しつつも、その理由を説明した。

「この舞台(W杯)に立たせてくれたのも彼らの力が大きいですし、彼らの代表でのパフォーマンスは強く感じているし、それを求めたかったです。求めたいです。ただ、彼らの現状がそういう環境じゃなかったということであって、そういうなかで鍛えられていくということであれば、彼らはいたと思います。それを期待して招集しました。非常にパフォーマンスは上がっていました。昨日も限られた時間でトライをしてくれました。可能性は彼らも考えたいところなんですけれども、現時点でのトップパフォーマンスというなかでは、(確証を)持てなかった」

リオ五輪世代の浅野と井手口は、昨年8月のオーストラリア戦(2-0)でともにゴールを挙げ、ロシアW杯出場に大きく貢献した。

バヒド・ハリルホジッチ前監督の下でもコンスタントに招集されていたが、今季は所属クラブで思うように出場機会を得られていなかった。

「これからの日本サッカーを背負ってくれる選手だと思っています」

それぞれに期待を持ちつつも、今回はコンディションを最優先させたゆえの落選となった。

コメント