NHKRの法則終了番組の内容は?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

NHKはEテレの番組「Rの法則」終了に伴って10日、同番組の司会を務めた「TOKIO」の元メンバー、山口達也さん(46)側への損害賠償請求を検討していることを明らかにしたが、「Rの法則」とは、いったいどのような番組だったのか。


スポンサーリンク

NHKRの法則終了番組の内容は?

「せっかく面白かったのに終了は残念」「若者文化を知ることができて結構楽しかったから、打ち切りはショック」

NHKが7日、番組終了をホームページ上で発表すると、インターネットのSNS(会員制交流サービス)などでは、さまざまな声が上がった。

「Rの法則」は、NHKとしては“異色”の番組だった。

放送は平成23年3月から月曜日から木曜日まで30分の帯番組として放送。

司会は最初から山口さんで、「R’s」と呼ばれた女子中高生を中心とした未成年者が共演した。少年少女たちは、20歳になると降板。

7年の放送期間中に、入れ替わりで延べ100人以上の未成年者が出演した。

中高校生が気になるニュースや話題、未成年者などの価値観についてリサーチし、ランキング形式で伝え、少年少女が感想を述べ合った。

公式ホームページは「10代が、すぐに&将来に役立つ話題を伝える情報番組」をうたっていた。

「生体認証の信頼度合い」「感染症の実情」「犯罪の手口」など、時々の社会的話題を取り上げた一方、「10代女子の水着のお悩み ポロリしやすいポイント」「女子高生のランジェリー事情」など、民放の深夜番組も顔負けの特集を「教育テレビ」であるEテレで取り上げた。

また、制作の舞台裏では、山口さんは共演者と「最初のうちは、同じ楽屋を使っていた。途中から別にした」とNHK。

また、「この番組については、出演者同士が連絡先を教え合うことをしないよう定期的に注意喚起していた」とも。

「オタク文化を『変な趣味』としてではなく真面目に扱った数少ない番組で好感が持てた」という声もあったが、そもそも「公共放送でやるような内容じゃなかった」「受信料使ってやるような番組なのか」と批判も強かった。

山口さんが所属していたジャニーズ事務所から若手タレントが出演することも多かったことから、ネット上では「残念」とファンらが悲鳴をあげたが、「総合的に判断した結果」(上田良一会長)と新年度早々の番組打ち切り以外、NHKには選択の余地がなかった。

「当初からの司会者である山口さんが事件を起こし、番組のブランドイメージに傷がついた。また、未成年者が多く出演しており、精神的ケアを考えた」と番組編成の担当者は説明しながら、「新番組の開発は並大抵ではなく、後続の番組をお示しできる段階ではない」と苦渋も見せた。

コメント