イニエスタ移籍報道日本でプレー?ヴィッセル神戸へ?

スポーツ

こんにちはTac^^です。

5月7日、スペイン時間の20時過ぎに、驚くべきニュースが『カタルーニャラジオ』から流れてきた。

今シーズン限りでのバルセロナ退団を明言しているアンドレス・イニエスタがJリーグへ、正確には、現在バルセロナのメイングローバルパートナーである『楽天』が所有する、ヴィッセル神戸へ移籍するかもしれないというのだ。


スポンサーリンク

イニエスタ移籍報道日本でプレー?ヴィッセル神戸へ?

事の発端は、イニエスタの来シーズンの移籍先と目されていた中国・重慶のサッカークラブ、重慶当代力帆足球倶楽部が7日に、「イニエスタがサッカー選手として来ることはない」と発表したことだった。

寝耳に水とは、まさにこのこと。

たしかにイニエスタ自身は、バルサからの退団を明言した席で、中国への移籍について聞かれても、否定することはなくても、決して認めることもせず、「バルサと敵対する可能性があるヨーロッパのクラブではプレーしない」と話すにとどめていた。

だが重慶力帆の会長が、ほんの数日前に「アンドレス・イニエスタの到着は、重慶の大きな機動力となり、我々のブランドにプラスアルファを与えてくれると確信している」などと発言したばかり。

また、このクラブの9割の所有権を手にしている中国のスポーツマーケティング社『デスポーツ社』が、イニエスタの肖像権を管理しているという背景からも、後は正式発表を待つのみという流れを、誰もが信じて疑わなかったのだ。

『カタルーニャラジオ』は、バルサとは縁が深いメディアであり、その情報の信憑性は高い。

同ラジオ局は、中国移籍の際に言われていたような3年間で8100万ユーロ(約105億円)という経済条件には及ばないものの、ヴィッセル神戸との交渉は「進んでいる」と報じており、また、イニエスタとともに日本に行くことになるスタッフの名前をも、具体的に報じている。

この『カタルーニャラジオ』の報道を受け、他の国内メディアも一斉にイニエスタの次の移籍先探しを話題にしているが、ラジオ局『カデナ・セル』がヴィッセル神戸と3年契約ですでに締結したと報じたほか、他の新聞メディアなども、ほとんどが、3年契約で締結間近と流している。

一方でバルセロナに拠点を置く『スポルト』紙は、日本以外にオーストラリアも選択肢にあると電子版のトップで報じている。

その根拠には、メルボルン・シティーでプレー経験のあるダビド・ビジャや、シドニーFCでプレーしたアレッサンドロ・デル・ピエロのように、ヨーロッパの選手が比較的馴染みやすいということ。

そして、イニエスタ・サイドから、まだヴィッセル神戸から正式オファーを受けていないという確認を取れたことなどを挙げている。

バルサのキャプテンマークをつけ、最後のクラシコを終えたことで話題の中心になっていたイニエスタだが、まだしばらくは、渦中の人物として注目を浴び続けることになりそうだ。

スポンサーリンク

ネットでも話題

サッカー・バルセロナを退団するアンドレス・イニエスタがJリーグ・神戸に加入の可能性があるとスペインの複数メディアが報じたとされていることに、ネットでも「イニエスタ」がリアルタイムツイートの1位に登場。

それだけではなく「イエニスタ」もリアルタイムツイート上位に上がるなど、注目の高さを伺わせた。

サッカー界のスーパースターがJリーグに加入するかもしれないというニュースは、サッカーファンの心をわしづかみ。

ネットでは

「今日はエイプリルフール?」

「マジで言ってる?」

「イニエスタが神戸に来たらヤバイ」

「本当なのか?」

などにわかには信じられないファンが喜びと驚きのツイートを連発させた。

あまりにも興奮したのか、一部では「イニエスタ」ではなく「イエニスタ」と誤まった表記も飛び交い、これが一時、リアルタイムツイートのベスト10内に食い込むほど。

「神戸に来るのはイエニスタじゃないの?」

「どうせ来るのはイエニスタなんでしょ?」

「イエニスタってツイートしてる人半分くらいは分かってないだろ」

などのコメントも。

またかつて、土田晃之が誤って「イエニスタ」と言ってしまったことから「イエニスタ土田」「イエニスタ土田懐かしい」などの声も上がっていた

コメント