山口達也自殺危惧?事務所退所で見放される?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

後手に回り続けた危機管理を再認識させた結末となった。

ジャニーズ事務所は5月6日夜、「当事務所所属、山口達也に関する契約解除のお知らせ」と題するFAXをマスコミ各社に送付した。

山口達也(46)の辞意申し出が受理されたのだ。



スポンサーリンク

事務所退所で見放される?

FAXの要点を念のため列挙しておこう。


◆TOKIO4人が行った5月2日の会見後、6日に改めて山口本人から強い辞意の意志を事務所に伝えてきた

◆ジャニー喜多川社長(86)とリーダーの城島茂(47)が協議して受理を決めた

◆事務所を退所しても山口に対するサポートは継続する

◆TOKIOを「大人のグループ」として尊重し、意思決定に関与させたことに批判も受けた。今回の決定と責任は全て事務所が負う

◆2日の会見でも言及した「4人のTOKIOが必要とされるのか」という命題を背負い、残りのメンバーは「茨の道を歩む」。今後に温かい眼差しを注いでいただけたらありがたい

『どうせ辞めさせるのなら、最初からクビにしておけばよかった』という世論も少なくない。

ジャニーズ事務所が迷走したのは事実。

内部を取材すると様々な葛藤が存在したことも分かってきました。

例えば、わいせつ事件は2月12日に発生し、山口が事務所に報告したのは4月16日とされています。

ところが実際は、それよりもう少し前に山口はマネージャーに明かし、マネージャーから経営陣に伝えられた。

そして重要なのは、副社長の藤島ジュリー景子さん(51)が『山口を辞めさせることになっても仕方ない』と考えていた。

ジュリー副社長には、今回の被害者と極めて年齢の近い娘がいるという。1人の母親として、山口達也の犯行を許せるはずもない。

厳しい態度で臨む意思はあったのだ。


まさに『たられば』ですが、ジュリーさんが最初の決断通りに進めていれば、ここまで世論の反発を招くことはなかった。

最大の過ちは、その後に迷ってしまったこと。

ジャニーズ事務所として被害者に謝罪するなどするうち、『もし不起訴となり、メディアにも気づかれなかったら、山口を守ることができる』と気持ちが揺れてしまった。

ジュリーさんは上智大学を卒業するとフジテレビに入社。

そして退職するとジャニーズ事務所に入ります。

この時点からTOKIOを担当。

ジャニーズでのキャリアスタートですから、彼女にとってTOKIOは記録にも記憶にも残る存在。

これも彼女の判断力を鈍らせてしまった原因の1つかもしれません。

ジュリー副社長は「母」と「副社長」の間で揺れ動いたのだろうか。

山口本人も4月26日の謝罪会見で「私の席があるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたら」と口走って世論が大きく反発したが、あの問題発言も上層部の迷いを意識してのことだったのかもしれない。

いずれにしても4月25日にNHKなどが報道する前に、ジャニーズ事務所として毅然とした態度を示すチャンスが存在していたことになる。

しかし、危機管理上における「千載一遇のチャンス」が有効活用されることはなかった。

「凄まじい勢いだな。ついていけない」

自宅で女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検(のちに起訴猶予処分)され、無期限謹慎していたTOKIOの山口達也(46)メンバーとの契約を解除すると、ジャニーズ事務所がメディア向けに発表した。

4月25日に事件が発覚。山口メンバーが翌26日に謝罪会見を開き、被害者やTOKIOのメンバー、関係者へ謝罪したものの、TOKIOへの未練を語ったことや、断酒をきっぱり明言しなかったことなどについて、メンバーや芸能界から批判が相次いだ。

一方、5月2日にはTOKIOのリーダー、城島茂さん(47)らが記者会見を開き、山口から退職願を渡されていたことなどを明かしていた。退職願は保留扱いで、ジャニー喜多川社長にも「答えが出ないので待っていてくれますか」と伝えていた。

ジャニーズ事務所によると、山口本人から直接、事務所に対して強い辞意表明があったことから、ジャニー喜多川社長とリーダーの城島さんが協議して、山口メンバーの退職願を受理する判断に至った。

山口達也自殺危惧?

5月6日夜、「山口メンバー、ジャニーズ退所」のニュースが流れると、インターネットに一気に拡散。さまざまな声が寄せられた。

その拡散ぶりに、

「凄まじい勢いだな。ついていけない」

「はやい。火消しを急いだってことかな」

「対応が後手後手だったからな。全体のイメージダウンを少しでも和らげたいんだろ」

「これで少しは静かになるきっかけができたでしょw」

などの驚きの声が。さらには、

「これってもしかして、まだホコリが出てくるってパターン?」

といった芸能界の深い闇を疑う声も散見された。

ジャニーズは退所後もサポートの方針

一方、少なくないのは、山口メンバーを心配する声だ。

アルコール依存症も疑われていることもあり、

「この勢いやべーな。あまり追い込んじゃいかんよ」

「なんか危ないかんじがするわ」

「連日の報道で社会的制裁は受けてる。これ以上追い込む必要ないと思う」

「きちんと治療して社会復帰して欲しい。 自暴自棄にだけはならないように」

といった書き込みも。

なお、ジャニーズ事務所はコメントの中で、「どのような形であれ、未来を描けるまでを具体的に支援することが弊社の責任」として、引き続き山口メンバーのサポートをする意向を示している。

これ以上おおごとにならなければいいのだが・・・

コメント