嵐にも解散の危機 ?原因は大野智?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

嵐の18年第1弾シングル「Find The Answer」がリリースされたのは2月21日のこと。

松本潤の主演ドラマ「99.9─刑事専門弁護士─ SEASONII」(TBS系)の主題歌であり、通常盤には、櫻井翔が平昌五輪スペシャルキャスターを務めた日本テレビ系のテーマソング「白が舞う」が収録されたこともあって、当然のように発売初日のオリコンデイリーシングルチャートで1位を獲得した。


スポンサーリンク

嵐にも解散の危機 ?原因は大野智?

そんな嵐の中でも、いちばん数字を持っているといわれているのは実は大野智。

ですが彼はアイドルに乗り気ではなく、2週間ほど姿を消した過去がある。

それは嵐結成前のこと。

もともと嵐は、櫻井翔と松本潤が真っ先に決まりました。

CDを出すにあたって、バラード調も歌えるジャニーズJr.が必要だとなり、ジャニー喜多川社長が大野を加入させようとした。

しかし本人は、なぜか嫌がった。

そして、まさかの逃亡。

2週間も携帯の電源を切ったまま、連絡を絶っていた。

このころの大野はいつ退所しようかと、常に時期を見計らっていた。

ジャニーズJr.だったころの16歳から18歳にかけて、ミュージカル「ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO」の看板役者として京都で暮らしており、千秋楽と同時に帰京すると、芸能人としての達成感を味わってしまったからだという。

いつしか、二十歳を迎える前にアイドル生活にピリオドを打ちたいと、本気で思うようになっていた。

嵐結成の話は揺れていたまさにそのときに舞い込んできた。

大野らしいのは、嵐結成10周年のころにも、真剣に脱退しようと考えていた。

09年ごろ、彼は個展の開催や作品集の出版など、本当にやりたかった創作活動を次々と成功させて、燃え尽き症候群に。

本人から告げられたのか、マツジュンはそんな心境を知っていた。

女性アイドルグループでは

昨年、でんぱ組.incから最上もが、

今年はももいろクローバーZから有安杏果、

私立恵比寿中学から廣田あいかが脱退。

乃木坂46の生駒里奈も、卒業を発表している。

キャリア20年超えで、37歳の大野とは比べ物にならないが、もしも今、嵐が4人になったら‥‥。

SMAP解散、渋谷すばるの関ジャニ脱退という前例もあるだけに解散がないとは言い切れない。

 

コメント