欅坂46志田愛佳活動休止原田葵も!体調不良原因は?精神的なもの?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

欅坂46の志田愛佳(19)が3日、「体調不良」により、グループ活動を休止すると公式サイトで発表された。


スポンサーリンク

欅坂46志田愛佳活動休止原田葵も!体調不良原因は?精神的なもの?

公式サイトでは「メンバーの志田愛佳が、体調不良により、医師により一定期間の治療、静養が必要との診断が下りました。そのため、欅坂46としての活動を当面の間休止し、治療に専念させて頂くことと致しました」と報告。

「ファンの皆様、関係者の皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけしますが、何とぞご理解いただきますよう、お願い申し上げます」と呼びかけ、「復帰のめどが立ち次第、ご報告申し上げます」としている。

志田は昨年大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」で、ヒット曲「不協和音」をパフォーマンス後に過呼吸でダウンした3人の一人。

その後、体調は回復するも、4月6~8日に行われたグループの2周年記念ライブも体調不良で欠席していた。

また、欅坂46に関しては、メンバーの原田葵(17)が「学業のため」にグループ活動を一時休止することも発表された。

過呼吸で倒れた

2017年12月31日のNHK紅白歌合戦で、アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」が総合司会の内村光良さん(53)とパフォーマンス企画で共演した際、メンバーの鈴本美愉さん(20)が意識を失ったようにして倒れた。

NHK広報局によると、鈴本さんは軽い過呼吸のような状態で、ほかに平手友梨奈さん(16)と志田愛佳さん(19)も同様の症状を訴えたという。

待機していた看護師が演奏後に確認したが、NHK側は問題はないと判断し、医療機関などへの搬送は要請しなかったとしている。

NHKなどによると、欅坂46は、23番目にヒット曲「不協和音」を単独で披露。

その後、同じ曲のさび部分を内村さんと一緒の振り付けで踊った。

メンバーらが逆三角形の陣形で決めのポーズを取ったとき、鈴本さんが仰向けに倒れ、後方にいたメンバーが支えた。

紅白はテレビなどで生放送されており、鈴本さんが卒倒する場面が映っていたほか、平手さんも手がけいれんしているような状態だった。

審査員らが心配そうにステージ上を見つめる姿も映し出された。

コメント