山口達也脱退⁉︎音楽活動は白紙休止!解散へ?TOKIO会見

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

TOKIOの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が、自宅で女子高生に無理やりキスしたなどとして強制わいせつ容疑で書類送検され1日、起訴猶予処分となった山口達也(46)の件を受けて会見を開きました。

冒頭、城島がグループを代表してあいさつ。

城島は、先月30日夜にメンバー5人で話し合った場で、山口が「TOKIOをやめます」と言い、辞表を出してきたことを明かしました。

さらに「その場で、自分たちがどうすべきか、山口の処遇も含めて、そのとき、答えを出せなかった」と話しました。


スポンサーリンク

山口達也脱退⁉︎TOKIO会見

今後の方向性について質問が及ぶと城島は「自分たちで言えることじゃないというのが本音」とし、「いただいている仕事は責任を持ってやりたい。それがプロとしての責任。4人としてやらなければいけないことがある」と当面は4人で活動することを表明した。

松岡は「僕らはしっかりやる。その中で、『TOKIOじゃないね』という声がでたらその時に考えたい」とファンの評価に委ねることをほのめかした。

長瀬は「本人は自分の甘さに気付いている。こういうことがあって信頼は欠けた。信用できるように彼がやらなくてはいけないことをしっかりやってほしい」と山口に注文を付け、「個々の仕事、その仕事を一生懸命やる」と決意を述べた。

国分は「大きな事件がありながらTOKIOとして仕事が継続することも決まった。4人で前を向いていきたい」と4人で活動することを宣言。

「僕たちが出ている作品。ファンの皆さんが評価すること」とファンの評価にゆだねることを述べた。

また、「山口について僕自身、冷静ではない。辞表を受理するとしても、(山口は)どんな形であれ自分と向き合うこと、それを見守る責任はある」と仮に山口が脱退しても、山口への責任があるとの考えを示した。

音楽活動は白紙休止へ

長瀬は「TOKIOの楽曲は彼が演奏する音がないとまったく形にならない。いまはそういう状況。今後のことはゆっくり話し合いながら、やっていこうと思っている」と山口抜きには音楽活動ができないと強調。

国分は「去年から(デビュー)25周年のことを話し合ってきた。25年に向けてアルバム制作をやろうと考えていたが、すべて白紙にして音楽活動は考えるのはやめて、向き合えることをやっていきたい」と話した。

解散へ?

時間無制限で始まり、90分に及んだ会見。

黒いスーツに白いワイシャツ、黒いネクタイ姿の4人からは、それぞれ、悔しさと戸惑いの表情がにじんでいた。

グループきっての盛り上げ役で、大胆に見えて最も繊細な男、松岡は、こみあげる感情と闘っていた。

会見の序盤では、山口がメンバーに託した辞表について「何にも返す言葉はなかった。僕らが言う前に、辞表を用意してきた…僕らの気持ちは伝わってたんだな、と…」と涙で目を真っ赤に充血させ、懸命に涙をこらえながら話した。

そして、山口には「『正直、あなたは病気です。だから、自分のおかれている立場と今後のことをちゃんと向き合ってくれ』(と話した)。その甘さと自分の考えも改めてもらわないと、俺たちは何もできない」と厳しい言葉をかけたことも明かした。

悔しさと怒りをにじませていた松岡は「辞表を出した彼に、僕は怒りました」と切り出すと、ついにこらえきれずに涙を流し、

「もし彼が僕の立場だったら…『僕の(メンバーに預けた)辞表を会社に出せるのか……、それは、ずるい』と言いました」と唇を震わせた。

会見中、松岡は四半世紀を共に過ごした山口に、愛情ゆえにあえて厳しい言葉を向け続けた。

事件についてどう思うか、と聞かれると、「被害者が…自分だったら、絶対に許せないだろうと思います」「後輩たちにも、こんな情けない先輩で…」と唇をかんだ。

4月26日の謝罪会見で「TOKIOでまたやれたら」と発言した山口に、「そういう甘えの根源になるグループなら、なくすほうがいい」と甘えを捨てるよう、5歳年上の山口にきっぱり伝えたことも明かされた。

会見の後半は、何度も涙がしたたり落ち、鼻水をぬぐった。

育ての「親」であるジャニー喜多川社長には「自分たちの親ですから。親にそんなことを…。情けない気持ちでいっぱいです」と涙を流し、メンバーのジャニー氏への思いを聞きながら、再び、涙していた。


コメント