福田沙紀芸能界から干された理由最近の出演作品は?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

2004年、国民的美少女コンテストで10万人以上の応募者から受賞し、“ポスト上戸彩”の呼び声も高かったのは、女優の福田沙紀だ。

ドラマだけでなく、「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)などバラエティ番組でもおバカキャラとして活躍し、一時期はテレビに出ずっぱりだった。

順風満帆のように見えた彼女の芸能活動だが、長くは続かなかった。


スポンサーリンク

福田沙紀芸能界から干された理由

デビュー後すぐに大ブレイクし、ちやほやされ調子に乗った福田。

現場に遅刻して行ったりであるとか、スタッフをアゴで使っているとか出演者から共演NGを出されているなどのウワサがネット上に飛び交ったため、それを信じた視聴者たちから、『福田沙紀って性格悪いらしいね』『顔に性格の悪さがにじみ出てる』とバッシング。

その後は主演作品が徐々に減り、脇役が多くなった。

もっとも、福田をデビュー時から知る女性記者はこう擁護する。

彼女がネット上で『性格が悪い』とウワサされたきっかけとなったのは、ドラマ『ライフ』(フジテレビ系)でイジメっ子役を演じてからです。

イジメ役にハマりすぎたためか、ドラマの内容に苦情が殺到するほどでした。

演技力に定評のある女優ですから、今後も定期的にオファーが来ると思います。

独学で韓国語を学び、演技に活かした経験もある福田の今後に期待だ。

最近の出演作品は?

来歴

7歳でデビューし、地元熊本県でローカルタレントとして活動。2004年、第10回全日本国民的美少女コンテストで応募総数10万1192通の中から演技部門賞を受賞し、美少女クラブ31の第2期生メンバーとなったのをきっかけにメジャーデビュー。

2004年10月 ドラマ『3年B組金八先生』に麻田玲子役で出演し、女優デビュー。

2005年 5月に高見沢俊彦プロデュースでポニーキャニオンから歌手デビューした。デビュー曲はアタックNo.1 2005。

2006年、クイズバラエティ『クイズ!ヘキサゴンII』や『ココリコミラクルタイプ』等バラエティ番組での仕事が増える。

2007年、ドラマ『ライフ』に安西愛海役で出演し、女優として注目される。

2008年、舞台『フラガール』にて初舞台初主演を、同年『櫻の園‐さくらのその‐』で映画初出演初主演を務める。

2009年、『ゴーストフレンズ』にてドラマ初主演(西島隆弘とダブル主演)を、続いて翌クールでも『メイド刑事』で主演を務めたため、2クール連続でのドラマ主演となった。さらに、2007年で活動休止していた歌手活動をポニーキャニオンからEMIミュージック・ジャパンに移籍して再開。また堀越高等学校を卒業

2010年、明治座の舞台『つばき、時跳び』にて初座長公演を務めた。明治座の舞台を踏む女優としては、当時16歳で『あずみ〜AZUMI on STAGE〜』にて主演を務めた黒木メイサに次ぐ2番目の若さでの主演となる。

また、秋クールの『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』から2011年秋クールのドラマ『ランナウェイ〜愛する君のために』まで5クールにわたり、ドラマ連続出演(うち『カルテット』と『IS』では主演)を果たす。

2012年、『平清盛』の八重姫役にてNHK大河ドラマ初出演。

2013年、『潔子爛漫〜きよこらんまん〜』にて主演(潔子役)を務める。

2014年7月、『 ピーター・パン』のウェンディ役でミュージカル初出演。

2015年-2016年、仲間由紀恵版『放浪記』にて悠起役を務める。

2016年-2017年、『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』では、女性キャラクターとしては数少ない巨人に変身する(アマテ女王→戦神に変身)役を務めた。

 

コメント