鉄腕DASH終了?日テレの対応は?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

TOKIO山口達也の強制わいせつ発覚、無期限謹慎により、テレビ局はレギュラー番組への対応に追われている。

NHKEテレは『Rの法則』を、フジテレビは『TOKIOカケル』を別番組に差し替えた。

日本テレビは『ザ!鉄腕!DASH!!』『幸せ!ボンビーガール』『ZIP!』への出演を当面見送り、収録済みの出演部分はカットする方針だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鉄腕DASH終了?日テレの対応は?

朝の帯番組で横並び視聴率1位の『ZIP!』

日曜19時台で15%前後を取る『鉄腕DASH』

を抱える日テレにとって、山口の事件は手痛い。

特に、日曜日は17時30分の『笑点』から21時台の『行列のできる法律相談所』までの4時間半、毎週2ケタ視聴率を記録。

日曜の“最強布陣”が4年連続視聴率の3冠王を支えていると言っても過言ではない。

山口の事件は、その中心に構える『鉄腕DASH』にどんな影響を与えるのだろうか。

最初は逆に注目を集めるので、視聴率もあまり変わらないとは思われる。

しかし、家族で見る番組の出演者が強制わいせつをしていたという事実は致命的。

徐々に、他局へ流れる人たちも一定層出てくるのではないか。

となれば、前後の番組の視聴率にも関わる。

日曜“最強布陣”の日テレの牙城を崩そうと、

日曜19時台に

テレビ朝日は一昨年10月から深夜帯で人気の『アメトーーク!』をゴールデン帯版の『日曜もアメトーーク!』としてぶつけ、

フジテレビは今年1月からかつての高視聴率番組『ジャンクSPORTS』を復活させた。

それでも、現時点で日テレの優位は動いていない。

日テレの強さもありますが、他局の編成の拙さもある。

今年に入ってからの日曜日(1月7日から4月22日までの16回)の19時台を分析すると、日テレは合体特番も含め、『鉄腕DASH』を11回放送。

それに対し、テレ朝の『アメトーーク!』はたった4回。

毎週のように特番を放送し、2週連続で同じ番組が続いたことは一度もありません。

TBSは『東大王』6回、『ピラミッド・ダービー』4回、スポーツ中継も含めた6つの特番が各1回ずつ。

なぜ日テレの日曜が強いかと言うと、番組クオリティの高さはもちろんですが、視聴習慣が形成されている面が物凄く大きい。

テレ朝やTBSは『鉄腕DASH』に2~3時間の特番で対抗しているわけですが、もし1週数字で迫ったとしても、翌週違う特番が放送されれば、視聴者がまたその局を選択するとは限らない。

またゼロからの勝負になるわけで、1週はテレ朝やTBSを見た視聴者も、翌週には馴染みのある日テレに帰ってきてしまう。

テレビ東京は今年の日曜日19時台全てで『モヤモヤさまぁ~ず2』を放送。

視聴率は7%前後で推移。

ゴールデン帯に移ってから11年を迎えることを考えても、この番組が『鉄腕DASH』を抜くことは考えづらい。

フジは1月28日に『ジャンクSPORTS』をスタートさせてから、13回中11回も同番組を放送。

視聴習慣の面からいえば、『鉄腕DASH』の対抗馬になりそうですが、1度終了させた番組を復活させたところにフジの苦しさが現れている。

かつて10年間も放送した番組ですから、コンテンツとして疲弊している感があり、視聴率も主に6~8%台。

となると結局、『鉄腕DASH』並びに日曜の日テレの天下は続くのか?

テレ朝やTBSがレギュラー番組をきちんと毎週放送すれば、いずれ『鉄腕DASH』を追い抜ける日が来るかもしれない。

だが、今まで通り毎週のように特番を放送していたら、視聴習慣が根付かず、日テレを追い抜けない状態が続く。

『鉄腕DASH』も深夜帯からゴールデン帯に移ってきた頃は、TBSの『さんまのスーパーからくりTV』が20%を取っており、歯が立たなかった。

しかし、『DASH村』というキラーコンテンツを発掘し、『からくりTV』を超えた。

コメント