坂口杏里ストリップデビュー?小向美奈子と同じ道

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

消息が途絶えていたタレント・坂口杏里(セクシー女優・ANRI=27)が、ストリップ劇場最大手の東京・浅草ロック座でストリップデビューを飾ることが明らかになった。

近年の坂口はセクシー女優として活動をしていたが、昨年9月に芸能界から引退。

その後の動向が不明だった中、再びアダルト界に“降臨”する格好だ。

お騒がせ2世タレントは、このまま“ストリッパー・坂口杏里”に転身?


スポンサーリンク

坂口杏里ストリップデビュー?小向美奈子と同じ道

名優だった故坂口良子さん(2013年死去)を母に持つ2世タレントが、今度はステージで脱ぐことになった。

1947年に創立されたストリップの殿堂・浅草ロック座は、坂口がアダルト女優時代と同じ「ANRI」名で6月16~30日の公演に出演することを発表。

ロック座関係者は本紙に「3月上旬に坂口さんが関係者と公演を見に来て『やります』と申し出た」と説明。

天真らんまんな坂口は激情家の一面も持ち合わせているが、ストリップ挑戦を申し出た時には落ち着いていたという。

5月から、まずはダンスの基礎レッスンから始めるようだ。

まさに波瀾万丈の人生を歩んでいる。

かつてはおバカタレントで人気だったが、2016年3月に当時の所属事務所とのマネジメント契約を終了。

半年の潜伏期間を経て同10月に「ANRI」を名乗ってセクシー女優に転身し、鮮烈なデビューを飾った。

しかも、その作品のタイトルは「芸能人ANRI What a day!!」で、元カレの「バイきんぐ」小峠英二(41)のギャグ「なんて日だ!」をパロったものだった。

アダルト挑戦の経緯は、ホスト通いで散財して金欠に陥ったなどと報じられた。

しかし、昨年4月、ホストから3万円を脅し取ろうとして恐喝未遂容疑で逮捕。

釈放された後は、東京・六本木の高級キャバクラ店に勤務していると8月に伝えられた。

かと思えば、翌9月にインスタグラムで「実は、私ANRI芸能界引退しました」と表舞台から退いたことを突如表明。

「色々ありましたが普通の女の子に戻りたくて決めた答えです」

「もうやりきりました。未練はありません」

などと記していた。

そのうえで

「私は今、キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」

(すべて原文ママ)とつづっていた。

その後の動向は不明だった。

タレント→セクシー女優→キャバクラ嬢と実にピンク色の濃い華麗な“職歴”。

芸能界引退を挟んだ上で今度はストリップ嬢に挑戦するのか。

今回はロック座のストリップ嬢の一員に正式加入するのではなく「単発のゲスト出演の形」を取るらしい。

7月以降の出演については「ご本人の意向次第」とのことだ。

“ストリッパー・坂口杏里”で稼働するかは6月公演の手応えなどを見て判断するとみられる。

とはいえ、アダルト時代はデビュー作の1本限りで「や~めた!」ではなく、計8本をリリースしただけに、今回も出演し続けてストリップ嬢に転身する可能性はある。

こういった活動遍歴は、あの小向美奈子(32)のそれをほうふつとさせる。

ちなみにロック座の発表では、スリーサイズはT168・B80・W59・H88で、これはアダルトデビュー時と変わらない。

 

コメント