Rの法則スキャンダル番組だった?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

25日、TOKIOの山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検されていたことが明らかになった。第一報を報じたNHKによると、山口は自宅で女子高生に酒を勧めるなどした上、無理やりキスをしたという。

同日、山口が所属するジャニーズ事務所はコメントを発表。

「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させて頂きました。」としており、被害者は被害届を取り下げるという。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Rの法則スキャンダル番組だった?

山口が被害者と出会ったのは、MCを務めるNHKのトーク番組『Rの法則』。中高生が数多く出演し、山口は“兄貴分”として慕われていたが、NHKは25・26日の放送を中止。

今後については未定としている。

実は、この『Rの法則』がきっかけで芸能人のスキャンダルが持ち上がったのは、今回が初めてではない。

同番組には“R’s(アールズ)”としてジャニーズJr.や女性アイドルが出演している。

だが、楽屋が大部屋で出演者同士がコミュニケーションを取りやすい。

過去には、若手俳優の山形匠の自宅に、当時18歳だった私立恵比寿中学の星名美怜と、R’sメンバーの16歳女性が“お泊まり”する様子が伝えられ、未成年飲酒の疑いもあるとされた。

番組がキッカケで知り合ったのは間違いない。

また、

元ジャニーズのMと元SKE48の木本花音、

ジャニーズJr.の田中樹と芸能界を引退した元SKE48メンバー、

俳優の高橋健介と乃木坂46の齋藤飛鳥

など、この番組をきっかけとして交際が報じられたカップルは枚挙にいとまがなく、業界では“合コン番組”とも呼ばれていた。

青春真っ盛りの未成年たちだけならまだしも、46歳の山口までもが、お相手を“物色”していたとは、さしものNHKも想像していなかっただろう。

番組終了は必至といえそうだ。

 

コメント