有働アナ事務所所属(ナチュラルエイト)くりぃむしちゅーマツコ・デラックスと同じ

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

3月末でNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)が、芸能事務所「ナチュラルエイト」に所属する方向で最終調整に入ったことが25日、分かった。

同社にはお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」やマツコ・デラックス(45)が所属。

今後、民放各局を含めたさまざまな仕事のオファーが舞い込むことになりそうだ。


スポンサーリンク

有働アナ事務所所属(ナチュラルエイト)くりぃむしちゅーマツコ・デラックスと同じ

今月3日に退局が明らかになって以降、芸能事務所が繰り広げてきた争奪戦が決着した。

スポニチ本紙の取材では、有働アナを同社入りへと口説き落としたのはマツコ。

私生活で交流のあるマツコが“オトコ”を見せたことが決め手となり、テレビ関係者は「マツコさんが女性を口説く姿を見たのは初めてですね」と驚いていた。

2人は昨年からNHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!? ニッポン」で共演しており、より仲を深めていた。

今年3月放送の同番組の第2弾では、マツコが有働アナに向けて「民放で働ける、この人」と言う場面もあった。毒舌のマツコも魅力的なキャラクターと認めていた。

所属事務所が決まり、今後はテレビ局の争奪戦が一層熾烈(しれつ)になっていきそうだ。

そこで今後も“パイプ役”となる可能性があるのがマツコ。

テレ東を除く民放キー局4社でレギュラー番組を持っており、行く先々で局員から「有働さんをウチの番組に呼んでもらえませんか?」と仲介役をお願いされることもありそうだ。

有働アナはジャーナリストとして活動していくことを希望。

現時点では古巣NHKの特番に出演することが決まっている。


スポンサーリンク

有働 由美子うどう ゆみこ

鹿児島県日置郡郡山町(現・鹿児島市)で生まれ、兵庫県、大阪府で育つ[1][2]。両親は熊本県の出身

妹が1人いる

趣味は読書、旅行、料理など。剣道2段。

中学・高校時代は剣道部所属。

大学では大学祭実行委員として、イベントの裏方をしていた。血液型はO型

大阪府立北野高等学校、神戸女学院大学文学部総合文化学科卒業後、1991年NHKに入局(第1志望は大阪大学法学部だったが、不合格となったと話している

この不合格を知った瞬間に、(大阪大学への受験用に使っていた)赤本をびりびりに破り捨てたという)。

入局後最初はスポーツを担当。

入局4年目から担当した『NHKニュースおはよう日本』が東京での最初の担当。

以後、『サタデースポーツ』・『サンデースポーツ』・オリンピックの中継・『NHKニュース10』・『あさイチ』などで、キャスターを任されることが多い。

2001年 – 2003年までは、『NHK紅白歌合戦』で紅組司会を担当。2006年4月からは、スポーツ・報道の現場を離れると同時に小川浩司と共に『スタジオパークからこんにちは』の司会を務める。

その後、小川が体調を崩したこともあり、有働が単独でゲストとトークを行うスタイルが確立された。2007年度には相方が遠藤亮に交代した。

2007年6月、アナウンサー職のままアメリカ総局(ニューヨーク)へ異動

これは、アナウンサー職のまま特派員になる初事例であった

アメリカ滞在中の2008年6月16日付で管理職に昇格した

アメリカ総局から東京アナウンス室へ復帰後の2010年3月29日から2018年3月30日まで 、『あさイチ』のキャスターを担当。

2012年 – 2015年の紅白では、総合司会を務める。

2013年2月1日、『TV60 日テレ×NHK 60番勝負』の番組宣伝のため日本テレビ『PON!』に出演、NHKの現職女性アナウンサーが民放在京キー局制作の情報番組に出演するのは史上初である

2018年3月31日、27年間在職したNHKを退職した

退職後はジャーナリストとして活動する意向とのことである

「新生『あさイチ』の邪魔をしたくない」という思いから退職はNHKの同僚にもほとんど明かさなかった

コメント