女優高木美保セクハラ被害相手は誰?大物司会者?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

女優の高木美保(55)が19日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)でテレビ朝日の女性記者が18日に事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)によるセクハラの被害を受けていた問題で涙を浮かべ持論を訴えた。



スポンサーリンク

女優高木美保セクハラ被害相手は誰?大物司会者?

同局の篠塚浩・取締役報道局長によると、女性記者は1年半ほど前から数回、取材のため福田氏と1対1で会食をする機会があったが、そのたびにセクハラ行為を受けていたため、自衛手段として発言内容を録音するようになった。

今月4日にも福田氏から連絡を受け1対1での飲食の機会を設けたが、セクハラ発言が多数あったため発言を録音。

後日、女性記者の上司に相談し、行為を報じるべきだと申し出たが「本人が特定されるおそれがある。報道は難しい」などと諭され、同局で放送することはなかった。

しかしながら女性記者は「社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、今後もセクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないか」という思いを強く持っていたため、週刊新潮に連絡。

録音データの一部も提供したという。

セクハラを相談された時のテレビ朝日の対応について高木は「想定していなかったんだろうな。自分の記者が男性に取材に行って、セクハラを受けるということ。もしくは、想定する必要性を強く感じていなかった」と示した。


その上で「というのは、世の中にはこんなこといくらでもあることは、誰でも承知なはずですね。でしたら、自分の所の女性社員だって、対外的に仕事をしている社員はたくさんいるわけですよ。その事に対して、想定していなかった、あるいは想定することを重要と考えていなかったとは本当に残念だったと思いますが、でも、今回の記者会見でそこを改めていく意識は私は感じることはできた。どの企業でもどの報道機関でも抱えているこの問題のお手本になるというか先陣を切って、こういったことの再発に対して鉄壁な対策をこれからして欲しい」と訴えた。

さらに高木は涙を浮かべ「私自身もセクハラを受けた経験って何度もあります。私が昔、所属していた事務所は、助けてはくれませんでした。相手が強かったので。そうすると自分一人で戦うしかいなかったんですね」と声を震わせた。

その上で「今回の女性記者が相談もなく新潮に連絡をしたことは会社の中では、問題なのかもしれませんが。気持ちとしては、それしかなかったよねっていうのはすごく分かります」と理解を示し「だからこそ、会社の中ではセクハラを受けて、それを言えない、これ男性もそうなんですよ。セクハラを受けた人の気持ちをつぶさに拾い上げていくっていう努力を明確にして欲しいと思います」と示していた。

真っ先に挙がったのは、現在はメディア登場することが減っている、ある男性大物タレントの名前。

この人物は身内のスタッフへの『暴行』が明るみに出たことや、芸人へのパワハラ疑惑が報じられたことがあります。

また、この大物タレントは自身が司会を務める番組に高木をよく出演させていました。

もっとも、高木はこのタレントの導きによって女優として以外にもさまざまな形でテレビに出演できるようになったことに感謝している旨をも話しています。

ただ、高木が話した“相手が強かった”という点から見ても、この大物タレントなのでは、という意見が多い。

もし違うとすれば、少なくとも、高木が感謝の意を表明していたことは事実なので、このタレントにとってはいい迷惑。

みのもんた?

コメント