瑛太馬乗り暴行相手は錦戸亮?嘘の証言?

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

関ジャニ∞・渋谷すばるが、グループ脱退とジャニーズ事務所退所を発表して、世間に衝撃が走る中、まったく同時期、錦戸亮にも、今後の芸能活動に不穏な空気が立ち込めるような“疑惑”が浮上していた。

4月20日発売の「フライデー」(講談社)が、瑛太と同席した酒の席でイザコザを起こし、錦戸が暴力を振るわれていたと報じたのだ。


スポンサーリンク

瑛太馬乗り暴行相手は錦戸亮?嘘の証言?

記事によれば、渋谷が関ジャニ∞からの脱退を決めた4月10日に、“事件”は起こったとのこと。

深夜、東京・恵比寿の高級ラウンジに数名の男性らと一緒に訪れた錦戸と瑛太は、女性店員らと共に飲酒。

誌面には、その際の店内の写真も掲載されている。

2人とも、テキーラやイエーガーを飲み干して、かなり酔っていた。

そんな中、錦戸が、何を思ったのか『ファックポーズ』を見せながら、瑛太をからかい始めた。

直後、瑛太は錦戸を殴りつけ、倒れ込んだところに馬乗りになって、さらに『2発や3発ではない』回数、鉄拳を見舞ったと、同誌は伝えている。

この一部始終は、「目撃者」による証言で、その後、瑛太は同席者に羽交い締めにされ、何とかその場は収まった。

同誌はさらに、店を別々に後にする両者や、後日瑛太に直撃取材を行った際の様子も激写している。

もし錦戸サイドが被害届を提出すれば、警察沙汰になりかねない事案。

それだけに、『フライデー』を読んだ警視庁関係者も興味を示しているそうです。

現在放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』で、メインキャストを務める2人。

それだけに、今後の動向に各方面から注目が集まっています。

しかし、当日一行が座っていたのは個室ではなく、ほかの客と同じ一般席だった。

別の席にいた一般客から、「瑛太は絶対に暴力は振るっていない」という証言が得られた。

泥酔して椅子から転げ落ちてしまった錦戸を、瑛太が立ち上がらせようとしていたように見えた。

一般席で周囲の目もあるため、瑛太は、同席者たちにウザ絡みを続ける錦戸に苦々しい表情をしていましたが、『馬乗り』や『ボコボコに殴った』なんてことは絶対にない。

そして錦戸の泥酔ぶりに呆れた瑛太が先に店を出て、その後、錦戸も『とんでもないことをしてしまった』と、かなり落ち込んでいる様子。

「フライデー」側で証言している「目撃者」は、マスコミ関係者の間で、「店員ではないか」とみられている。

瑛太が錦戸を立ち上がらせようとしているところを、馬乗りに見間違えたのかもしれません。

でも、瑛太は絶対に手を出していないし、錦戸も後日の記者会見で、ケガをした様子もなかった。

証言者が、記事内容を面白くするために、話を盛ってしまったと考えられる。

なお、ジャニーズ事務所はこの件について、静観を決め込んでいるようだ。

暴行の事実がないのであれば、被害者もいなければ事件性もない。

むしろ、どちらが悪いかといえば悪酔いした錦戸ですし、話が大きく広まれば、彼が恥をかく。

先頃から、2人は『西郷どん』の撮影現場で、共演シーンを和気あいあいと演じていましたし、とてもイザコザを起こした直後とは思えない。

当日は錦戸にとって、20年近くを共にした渋谷との“離別”が決まった日。

そのせいもあって、つい酒に溺れてしまったということだろうか。

事件性こそなかったにせよ、こうしたファンを不安にさせる報道が出てしまうこと自体、決して起こさないでもらいたいものだ。

コメント