斎藤佑樹途中降板プロ成績ハンカチ王子今年も不調?

スポーツ

こんにちはTac^^です。

日本ハムは1点を追う2回に一挙5得点。3回には中田の2号ソロで追加点を挙げた。

先発斎藤は3回まで1失点も無安打投球。

日本ハムは斎藤が4回途中1失点で降板。

ロッテは5回に井上の右犠飛、6回には清田の左越え1号ソロなどで3点を返した。

日本ハムが逃げ切り5連勝。

単独2位に浮上した。

ロッテは中盤以降の追い上げも届かず、2連敗。

3位に転落した。

日本ハム西村は今季初勝利、ロッテ先発チェンは1敗目。

スポンサーリンク

斎藤佑樹途中降板

日本ハムの斎藤佑樹投手が7日、ロッテとの2回戦(東京ドーム)に先発登板。無安打ながら終始制球が定まらず、4回途中8四死球1失点で降板した。

斎藤は初回、一死から2番藤岡裕に四球を許すと、続く中村には死球。4番井上には再び四球を与え、3者連続四死球で満塁のピンチを背負った。続く鈴木は遊飛に仕留めてたが、二死から6番菅野には、初球のカットボールが引っ掛かり、痛恨の押し出し死球。初回だけで4四死球を記録し、独り相撲で先制を許した。

それでも0-1の2回裏、女房役・清水の1号2ランなどで打線が5点をプレゼント。3回にも援護点をもらい、波に乗りたい斎藤だったが、6-1で迎えた4回、3つの四球で再び二死満塁のピンチを作ると、堪らずベンチから栗山監督が出て、球審に投手交代を告げた。

2番手の井口が1番荻野を中飛に仕留め、斎藤は3回2/3で1失点。それでも最後まで制球が安定せず、6四球と2死球で計8四死球。安打こそ許さなかったが、制球難で勝利投手の権利は得られなかった。

●斎藤の降板後のコメント

「打たれたくない意識が強くなってしまったのかもしれません。少し慎重になり過ぎました。先発投手の責任を果たせず、悔しいです」

斎藤佑樹プロ成績

年度所属球団登板勝利敗北セーブHHP完投完封勝無四球勝率打者投球回安打本塁打四球死球三振暴投ボーク失点自責点防御率
2011北海道日本ハム1966000100.500472
107
1225355626041322.69
2012北海道日本ハム1958000210.385480
104
1268482595060463.98
2013北海道日本ハム101000000.00023
4
50511106613.50
2014北海道日本ハム621000000.667118
26
284161200015144.85
2015北海道日本ハム1213000000.250190
42.1
525141240028275.74
2016北海道日本ハム1101000000.000104
23.2
262112143012124.56
2017北海道日本ハム613000000.250126
28
39352140023216.75
通 算741523000310.3951513
335
39827134141941501851584.24

 

コメント