栄強化本部長辞任パワハラ認める?

スポーツ

こんにちはTac^^です。

日本レスリング協会は6日、都内で臨時理事会を開催。

五輪4連覇で国民栄誉賞も授与されている伊調馨(33=ALSOK)に対するパワハラ問題で、同協会は栄和人(57)が選手強化本部長の職を辞任すると発表した。

 

スポンサーリンク

パワハラ認める?栄強化本部長辞任

同協会は、伊調と伊調のコーチだった田南部力氏から、栄氏が地位を利用して田南部氏に指導をやめるように命じ、従わなかった同氏を脅したほか、伊調が練習場所としていた施設に出入りできないように圧力をかけるなどのパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に提出されたことを受け、弁護士3人で構成される第三者機関を設置。

同機関は伊調、栄氏らへの聞き取りを終え、協会側は5日に説明を受けたが、当初は栄氏、日本協会はともに告発内容を否定していた。

報告書では、栄氏が日本代表合宿に参加した伊調に対して「よく俺の前でレスリングができるな」と発言するなど、複数件をパワーハラスメントとして認定。また同選手が出場しなかった2010年アジア大会(中国・広州)の選手選考についても問題を指摘しているという。

林芳正文部科学相は6日の閣議後の記者会見で、報告書の内容までは把握していないとした上で「仮にもしパワハラの事実があったということであれば、協会において速やかに適切な対応を取られるものと考えている」と語っていた。

日本レスリング協会は6日、都内で緊急理事会を開催し、レスリング女子で五輪4連覇を達成した伊調馨(33)=ALSOK=が同協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを受けていたという告発状が内閣府に提出された問題で、調査を委託していた第三者委員会からの報告で4点のパワハラ行為が認定されたことを受けて、福田会長ら幹部が謝罪した。

「伊調選手、関係コーチ、その他の関係者の皆さまに、この場を借りて深くお詫び申し上げます」と、頭を下げた。

協会の副会長で、栄氏が所属する至学館大の谷岡学長は、問題発生後の記者会見で「栄監督にパワーはない。なのになぜパワハラなのか」と、パワハラを否定していた。

その点について、本日の谷岡副会長の様子について問われた福田会長は「今日はそういうことはおっしゃっていなかった。『しっかり対処していく』と話していた」と、明かした。

同問題は

レスリングの伊調馨(33=ALSOK)が日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けていたとされる問題が、ようやく動きだした。

日本協会は3月6日、都内で倫理委員会を開き、問題解明に向けた聞き取り調査を第三者機関に委ねることを決めた。

倫理委員会のメンバーは金森仁弁護士ら5人で、同委員会が開かれたのは13年4月の公益法人化以来初だった。

非公開で行われた倫理委員会後に対応した金森弁護士は「第三者機関のメンバーは一両日中に中立な弁護士らを選定したい」と話し「聞き取りは2、3週間で終え、その結果とその他の問題点があれば、まとめて協会に報告したい」と説明した。問題発覚直後に栄本部長の伊調に対するパワハラを否定していた日本協会だが、真相究明へ第三者の力を借りることになる。

金森弁護士は調査対象者について「第三者機関が決める」と話したが、栄本部長や内閣府への告発状に登場するA氏、B氏らから聞き取りが行われるのは確実。

さらに、伊調から話を聞く可能性もある。所属先を通して告発状への関与は否定したが「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、ご説明することも検討したい」としているだけに、その証言内容が今後の焦点になる。

この日、内閣府も告発状を出した関係者から話を聞く意向を明かした。

 

コメント