たけし軍団一部移籍殿についていく

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

所属事務所「オフィス北野」から独立し、自ら設立した新事務所で4月1日から活動するタレント・ビートたけし(71)の新事務所「T.Nゴン」に、たけし軍団のメンバーが加わることが30日、分かった。

軍団メンバーの追随が明らかになるのは初めて。


スポンサーリンク

たけし軍団一部移籍殿についていく

関係者によると、たけしの後を追うのは、

〆さばアタル(49)

アル北郷(46)

芸人としての活動とともに、近年は構成作家として才能を発揮し、2014年から今年1月まで5回にわたって開催された「ビートたけし ほぼ単独ライブ」シリーズでも企画・構成を担当した2人。

たけしにとって欠かせない存在ということもあり、移籍することになった模様だ。

〆さばアタル

1989年に軍団入り。

〆さばヒカルさん(故人)と漫才コンビを組んで活動してきたが、2006年にヒカルさんが亡くなってからは主にピン芸人として活動。

アル北郷

1995年に軍団入り。

長年にわたってたけしの付き人を務めた経歴がある。

スポンサーリンク


独立は軍団を引き連れていくつもりはなかった?

たけしは独立に際し、軍団メンバーに「オフィス北野」に残って再出発することを進言し、旗印として旧事務所名を「オフィスたけし軍団」とすることを提案していた。

さらに、軍団メンバーらの今後の活動資金のために、株を処理したり3億円にも及ぶ退職金を残すなど「殿」としての親心を見せていた。

軍団メンバーでは、たけしの思いを受け取ったガダルカナル・タカ(61)らが残留を明言する一方、態度を保留しているメンバーもいる。

しかし、たけしは「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」との意向で独立しているだけに、他のメンバーも受け入れるかどうかは不明だ。

コメント