三原慧悟プロフィール詳細映画監督アイドル

エンタメ•ゴシップ

こんにちはTac^^です。

慶大卒→フジテレビ入社→Youtuberに転身→現在はアイドル、という異色の経歴をもつ三原慧悟監督(28)の商業映画デビュー作「台湾より愛をこめて」が、24日に公開初日を迎える。


スポンサーリンク

三原慧悟プロフィール詳細映画監督アイドル

主演はNHK連続テレビ小説「わろてんか」の好演が光る大野拓朗(29)。

憧れの女の子を追いかけて台湾を旅する、さわやかな青春ロードムービーだ。

メガホンをとった三原監督は、慶大理工学部を卒業後、新卒でフジテレビに入社。

1年目で某ドラマの脚本、監督、編集を一任されるなど、超エリートコースを順調に歩んできた。

しかし入社2年半で“脱サラ”し、Youtuberに転身した。

『學學日文之歌』(只要學會這首歌,就能在日本生存!) 三原慧悟 Mihara Keigo

大学時代は演劇サークルに所属。

スポンサーリンク


自ら発案して映画にも手を伸ばし、15本ほどの学生映画を撮った。

TOHOシネマズ学生映画祭でグランプリを受賞、東京学生映画祭では観客賞を受賞するなど、多方面からの評価を獲得。

卒業後はフジテレビに入社し、大好きな映像制作を仕事にしていた。

はたから見れば、順風満帆な人生。しかし満足していなかった。

学生時代から「人と違う映画を作りたい」と思っていた。

好きな映画を好きなように作れた学生時代、何より面白いと思ったのは、自らの実体験をもとに作った映画。

「めちゃくちゃ面白い実体験、映画みたいなストーリーを、そのまま映画化したらどうか」。

その思いで、会社に「フジテレビ社員がYoutuberになり、台湾で有名人になる、という実体験を映画化したい」と企画書を提出した。

しかし会社はそんなに甘くなかった。

一方で、入社1年目で単発の深夜ドラマを任されるなど、会社からの信頼は厚かった。

脚本、監督、編集を1人で担ったが、学生時代からの蓄積もあり、ドラマを撮ること自体は難しいものではなかった。

それでも納得はいかなかった。

「実力があると思って、自信をもって会社に入って、テレビでやってるようなドラマを撮る自信はあったけど、それ以上のドラマを作れる自信がなかった。深夜ドラマを撮ったとき、特にそれを痛感した。『撮れるけど、他の人と違うことできてねえな』って思ったんです。同じことしてるだけじゃダメだな、自分にしかできないことやらなきゃダメだな、って。決まったとおりに撮るんじゃなくて、新しいことを生み出したいと思ったんです」

一念発起し、企画を1人で進めていくと決めた。

まずはフジテレビに在籍しながら休日を利用してYoutuber活動を始めた。台湾に向けた動画を制作し、Youtubeに公開。

「日本語おぼえうた」などのお役立ち動画や音楽ものから、「台湾から来たふりをしてみたら、日本人は優しくしてくれるのかやってみた」といった実験バラエティーものまで、ジャンルはさまざま。これがヒットした。

1年ほど経った後、思い切ってフジテレビを退社した。

それから2年。

今は、Youtubeチャンネル登録者50万人を抱える人気者になった。台湾では街を歩けば声を掛けられる。日本にいても、旅行で来日している台湾人から声をかけられるという。

夢の実現に向けて、順調にステップを重ねている。

今後の目標は、アイドルとしてキャパ約15000人の台北アリーナを満員にすること。

そして自分の半生を映画にすることだという。

今作「台湾より愛をこめて」では、商業映画監督デビューという形で夢への第1歩を踏み出した。

映画化する時は、企画書をフジテレビの映画部に持っていくつもりだ。

「台湾では、もう知名度はついているので、それまでに日本でも知名度を付けて、日台で同時公開。それが日台の友好につながれば」。

まだまだ夢の途中。

その先に、どんなゴールが待ち受けているのだろうか。

コメント